書評☆3: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版 | Google Maps APIを超ボリュームで詳説

概要

  • 書名: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版
  • 副題:
  • 著者: 勝又 雅史
  • 出版日: 2012-12-04
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/16/

評価

Web APIの教材を漁っていて読んだ1冊だ。

書名どおり,Google Masp APIを解説している。全編がJavaScriptによるものとなっており,機能の説明とサンプルコードが掲載されており,詳しい。また,全体的に量が多く,ページ数も500ページ超えと分厚さに圧倒される。

ただ,あくまでAPIの使い方に終始しており,どう使えば便利かなど実際のアプリケーションのところは自分で考えないといけない。

Google Mapsを使って地理情報を使った何かをしたい場合に役立つと思った。文量が多く,細かいところまでは現時点では興味なかったので軽く読み流して終わった。

結論

Google Maps APIについて詳しく書かれている本だった。

Google Mapsを使って何かやりたい場合にまた読みたいと思った。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL