書評☆3: Webアプリケーション構築入門(第2版) | 青山学院大学の教科書をもとにしたWebアプリケーションの基礎本

概要

  • 書名: Webアプリケーション構築入門(第2版)
  • 副題: 実践! Webページ制作からマッシュアップまで
  • 著者: 矢吹 太朗
  • 出版日: 2011-04-20
  • 読了日: 2020-03-03 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/10/

評価

Web APIについて勉強しているときに読んだ本の1冊だ。

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科3年次演習科目「情報テクノロジー実験Ⅰ」の教科書を元に作られたWebアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成を目標とされている。

内容は,HTML, JavaScript, MySQL, Java, PHPを使ったWebアプリケーション開発となっている。

Twitter APIやGoogle Maps APIなどを使った例もあり,200ページの薄い内容に詰め込まれている。ところどころ発展的な内容はその分説明が省略されている。

中途半端にJavaを使わずにPHPで通せばよかったのではないかと思った。2011年出版で使われているソフトのバージョンは古くなってしまったが,内容自体は今でも有効に感じた。

Webアプリケーション開発の最初の1冊として使うのにはありに感じた。

結論

Webアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成が目標なだけあり,Webアプリケーション開発に必要な全体的な内容が書かれている。

200ページの厚さによくこれだけコンパクトに詰め込んだなとやや感心した。同じ内容でバージョンを新しくしたものがあれば,今でもWebアプリケーション開発の入門としていい本になるだろうと思った。

Web APIについて調べていて読んだが,Web APIの解説はそこまで無いため,あくまでWebアプリケーション開発の入門書として参考にするのがいい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL