書評☆3: いちばんやさしいビジネスモデルの教本 | ビジネスモデルキャンパスを使った解説は一見わかりやすいが,果たして役立つのか?

概要

  • 書名: いちばんやさしいビジネスモデルの教本
  • 副題: 人気講師が教える利益を生み出す仕組みの作り方
  • 著者: 山口 高弘
  • ISBN: 9784295005704
  • 出版: 2019-07-21
  • 読了: 2020-08-02 Sun
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/08/11/

評価

ビジネスモデルの組み立て方について興味を持ち読んだ。

本書では,ビジネスモデルキャンパスというビジネスモデルを考える上での枠組みをベースに,世の中のビジネスモデルを眺めて,ビジネスモデルの考え方を解説している。

図解が多く,一見するとわかりやすい。ただ,実際に自分でビジネスモデルを考えるというところにはやや結びつかないと思った。ある程度コアの考えがある人が,それを成功させるために落とし込むというイメージが強く,何もない人がいちからビジネスモデルを作るというような内容ではなかった。

そのため,読み物の範囲を出るものではなかった。

結論

豊富な図解で一見わかりやすいが,わかりやすいだけで実際に何かの役に立つのかといわれると返答に困る本の典型例だった。

読み物として,教養として読むのは悪くないと思うが,この本で何かビジネスモデルを具体的に構築するというのは難しいと思った。そういう意味で,いまいちな本だった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL