書評☆3 ネットワークはなぜつながるのか 第2版 | WebブラウザーへのURLの入力からWebサーバーの応答まで

概要

  • 書名: ネットワークはなぜつながるのか 第2版
  • 著者: 戸根 勤
  • 出版日: 2007-04-16
  • 読了日: 2019-08-01 Thu
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/10/04/

いろんなところで紹介されており,興味を持って読んだ。

評価

本書は日経NETWORK 2002年4月号〜9月号の「インターネットはなぜつながるのか」第1回〜第6回の連載を全面的に見直し,加筆・修正したものとなっている。

ネットワークがなぜ繋がるのかを,WebブラウザーのURLを入力するところから,Webサーバーが応答を返すところまで,DNS,TCP/IP,光ファイバーなどソフト的なところからハード的なところまで流れを網羅している。

このようなネットワークの接続成立の流れは,ハードウェアを含めた場合知らなかった。そういう意味で全体を俯瞰できてよかった。

けっこう細かいことが書いてある割に,RFCなどの規格などはそこまで引用されていない。

内容の1/3が終わる当たりのソケット通信のあたりでもうお腹いっぱいになってしまい,残りは流し読みしてしまった。予備知識無しで読むのはけっこうしんどいと感じた。

副題に「知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識」とあるが,基礎知識にしては細かい話が多いので,全くの初心者が読むにはしんどいと感じた。

結論

いろんなところでネットワーク関係の本として紹介されており,実際ネットワーク接続の流れの全体を細かいところまで書いてあり,参考にはなった。

ただ,文量も多く細かい話がけっこうあるので予備知識無しで読むのはけっこうしんどかった。そういう意味で,もう少しわかり易い本があるとよかった。

書評☆3 フォームとの連携に詳しいPHPの入門書 | 詳細! PHP 7+MySQL 入門ノート

概要

PHP 7の入門書となっている。PHPの基本文法から,HTMLのフォームとの連携方法,さらにはMySQLとの連携方法まで,PHPについて全体的に解説されている。

MySQLの部分に興味を持って読んだのだが,MySQLは最後のChapter 12-13 (50ページ)にかかれていた。内容も普通でおまけ程度だった。

この本で特に良かったのが,フォームとの連携が詳しいところだ。Chapter 8-10までの150ページに渡り解説されている。いろいろなフォームの使い方や,セッションとクッキーの使い方まで解説されている。

自分の知る限りでは,PHPの入門書の中ではフォーム関係の解説が一番詳しいと感じた。

書名にPHP 7と書いてあるが,PHP 7とPHP 5の違いについてはあまり書かれていないので,普通のPHPの入門書と思ったほうがいい。PHP 7について期待すると,裏切られると思う。

参考箇所

p. 44: デバッグのために変数の値を表示する

PHPでのデバッグ方法には,print_r()とvar_dump()の2通りがある。ここまでは,普通なんだけど,この本ではこれらの違いをきちんと解説していた。

var_dump()は論理値とNULLを表示し,値の型も表示できる。デバッグ目的だと,var_dump()のほうがいいとのこと。

p. 224: クラス定義ファイルを作る

また、PHPコードだけのクラスファイルではファイルの最後が終了タグ?>で終わるので、終了タグを書かないようにします。

WordPressのプラグインなどで終了タグが省略されているものがあり,何かの間違いかと思っていた。公式サイト にもあるとおり,全体がPHPコードの場合は,省略したほうがいいらしい。知らなかった。

まとめ

PHPの入門書として,一通り必要なことが書いてある。特に,フォーム関係に詳しかった。

PHPをこれから始めるための一冊としては悪くないと思った。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/08/20/

書評☆3 PHPとMySQLのツボとコツがゼッタイにわかる本 | PHPからMySQLを使う方法の解説

概要

初心者向けにPHPからMySQLにアクセスする方法を解説している。

内容は大きく3部構成になっている

  1. PHPの解説
  2. SQLの解説
  3. PHPからMySQLの操作

初心者を意識していて,言い回しもゆるくて優しい感じになっている。その一方,細かいところの解説はあまりない。

書籍冒頭で,本書で作成するWebデータベースアプリケーションの解説がある。Webアプリの基本操作である,最低限のCRUDを実装した売上管理システムを書籍全体で作る構成になっている。

自分の目的とこれが合致するのであれば,適しているだろう。

参考箇所

p. 061: 入力フォームに対応しよう

action属性の値が空欄の場合,現在のファイルを指定したことになる。

action属性の空のときの挙動を知らなかったので参考になった。

p. 73: 配列変数の中身を確認しよう

変数の中身を見る方法には, var_dump 関数を使う方法と print_r 関数を使う方法がある。

デバッグ時に有効だと感じた。

まとめ

PHPからMySQLを操作してWebアプリの基本であるCRUDを学べる内容となっている。

Webアプリの基本を勉強するのにはいいかもしれない。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/07/12/

書評☆2 広く浅くWebプログラミングの基礎を解説 | ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

概要

書名通り,WebとWebプログラミングの基礎を解説している。大まかに以下の3部構成となっている。

  1. Webの基礎
  2. フォーム関係
  3. PHPの構文とCookie,DBなど

1.のWebの基礎は通信とかポートとか,PKIとかIPAの情報処理技術者試験にも出てくるような内容。
Webプログラミングとしては主にPHPを扱っており,一部JavaScriptも使っていた。
広く浅く書いてあり,内容が薄いと感じた。どれも中途半端な内容。他の本でもっときっちりやったほうがいいようにも感じた。全体を軽くみてみるというのではいいのかもしれない。

まとめ

Webプログラミングの基礎をざっとみるというのではいい。しかし,この本だけでは物足りないので,結局他の本を当たることになるだろう。
パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/06/01/

書評☆3 Webサーバを作りながら学ぶ 基礎からのWebアプリケーション開発入門 | 簡易WebサーバーをJavaで作りながら学ぶ

概要

  • 書名: Webサーバを作りながら学ぶ 基礎からのWebアプリケーション開発入門
  • 副題:
  • 著者: 前橋 和弥
  • 出版日: 2016-06-07
  • 読了日: 2018-04-04
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/05/25/

評価

Webアプリケーション開発は複雑になってきている。しかし,基本的なところは15年くらい前から変わっていない。ここに着目して,Web開発の基礎を学ぶために簡易WebサーバーをJavaで開発しながら,どういう処理を行うのか解説している。

全体の構成は以下の3部構成だった。

  • 1/3がWebサーバーの作成
  • 1/3が認証まわり(サーブレット,Cookie,セッション)
  • 1/3がWebアプリ開発に必要なその他の知識の解説

順を追って解説してあって,まあまあわかりやすかった。要所要所できちんと定義元のRFCを引用していたのがよかった。

引用

p. 62: 補足 URLの末尾のスラッシュはいるの?いらないの?

  • ホストのトップのページであれば、あってもなくても同じ
  • ディレクトリの場合は、スラッシュを付けないと、リダイレクトが発生してリクエストが2回発生する(よって付けるのが望ましい)

なお、ホストのトップのページの場合、URLを最初に規定したRFCであるRFC 1738に「If neither nor is present, the "/" may also be omitted.」、つまり、「パスも検索部分(URLのうち[
?」以後の部分のこと)もないのであれば、「/」も省略される」と陽に書いてあります。

古典的な問題に対して,実際にブラウザーの開発ツールの[Network]タブからアクセスして発生する要求と応答のやりとりも確認し,さらにRFCもきちんと明記しており参考になった。

p. 64: 2.5 URLエンコードに対応する

ところで、IEとFirefoxがディレクトリやファイル名部分をUTF-8でエンコードするというのは良いとして、それはどこかで規格として文書化されているのかが気になりますが、W3CのHTML 4.01 specificationの附属書Bに記載がありました。

We recommend that user agents adopt the following convention for handling non-ASCII characters in such cases:

  1. Represent each character in UTF-8 (see [RFC2279]) as one or more bytes.
  2. Escape these bytes with the URI escaping mechanism (i.e., by converting each byte to %HH, where HH is the hexadecimal notation of the byte value).

ブラウザーのURLエンコードでUTF-8で解釈される理由がわかって参考になった。

p. 138: 補足 Cookieの容量制限

そこで、標準化された中では一番古いRFCであるRFC 2109の6.3を見ると、次の記述があります。

  • at least 300 cookies
  • at least 4096 bytes per cookie (as measured by the size of the characters that comprise the cookie non-terminal in the syntax description of the Set-Cookie header)
  • at least cookies per unique host or domain name

Cookieの制限をしれて参考になった。

p. 142: 4.3 Cookieの使用

Cookieに関する最新のRFCであるRFC 6265を参照すると、次の属性が記載されています。

CookieのRFCがわかってよかった。

結論

Javaで簡易Webサーバーを作ることでWebの仕組みを学べるようになっている。RFCも要所要所で参照していてよかった。

個人的には,JavaではなくC/C++で解説してあればもっとよかった。JavaでWeb開発をするなら参考になると感じた。

書評☆3 イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本 | Web技術全般が見開きで簡潔にまとまっている

概要

Web技術を解説している。見開きの左側で文章で解説し,右側で図解で開設する構成を取っており,わかりやすかった。ほぼ全てのページがこの構成となっており,どこを開いてもそこだけで基本的に内容が完結するようになっていて,リファレンスとしても使いやすいと感じた。

ただし,簡潔さを重視しているため,細かい内容はわからない。参照元のRFCや標準規格を明記しておいてくれたら,詳細を知りたいときに辿れるので,こういう情報を脚注や巻末資料に掲載してくれていたらかなりよかった。

まとめ

書名通り,Web技術の基本をわかりやすくまとめていた。Webの開発をするときや,Webに関する知識を得る上で最初にこの本を参照するとよいと思った。また,用語集やリファレンスとして,Webの開発を頻繁にするなら手元に一冊あっても良いと思った。

技術的な内容や細かい内容は載っていないので,必要になったときに別途書籍や標準規格を参照する必要がある。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/05/21/

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本

小林 恭平/坂本 陽 SBクリエイティブ 2017年03月17日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

書評☆4 高品質なLightningテーマでサイト作りのセオリーをなぞることで初心者でも手っ取り早く一定品質のサイト作成が可能 | いちばんやさしいWordPressの教本第3版

概要

WordPressを用いたWebサイトの作り方を解説している。
この本の特徴は,WordPressテーマにLightningを使い,これをベースにサイト作りに必要な要素を一つ一つ解説しているところだ。

このLightningというテーマの品質が高いというのが大きい。このテーマは,一般的で見やすくある程度の品質のサイトを作るテンプレートになっており,必要な項目を入力していくだけで,それなりのサイトを構築できる。

この本の解説もWebサイト作りを念頭に置いており,サイト作りで来訪者の目を引く重要な以下の要素を解説していた。

  1. サイトレイアウト
  2. メニューやサイトマップの配置のしかた
  3. ヘッダー画像

まとめ

WordPressのPHPやテンプレート階層など,内部の仕組みはほぼ一切解説はしていないので,自分で作りこみたい人には物足りないかもしれない。

しかし,既に用意してあるLightningテーマとそのプラグイン[VK All in One Expansion Unit]を使うことで,手っ取り早く一定品質のサイトを構築できる。

例えば,サークルとか,個人商店とかでWebサイトを作る必要に迫られた場合,この本一冊あればたしかにそれなりの品質のものを短時間で作れそうだ。

WordPress入門書売上No.1なのも納得できる。とりあえずWebサイトを作りたい初心者,作る必要に迫られた担当者に胸を張っておすすめできる。

個人的に,WordPressテーマはたくさんあって探すのが面倒だったが,このLightningは見た目がよくて使いやすそうなので,自分でも使ってみたいと思った。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/05/18/

書評:基礎からのWordPress

☆3:WordPressを使ったサイト構築の基礎

WordPressを使って自分好みのサイトを構築する上で必要な基礎的な情報について書かれている。
「基礎からのWordPress 改訂版」という改訂版がでているが,図書館ですぐに借りれたのでこちらの古い版をひとまず読んだ。こちらの版はWordPress 3.5対応であり,最新の4系とはまた違いがあるのかもしれない。

この本のコアとなるのはPart02-04までの部分であり,ここでテンプレート階層やWordPressループ,個別ページのカスタマイズなどWordPressのPHPの仕組みを解説してある。

特に,Part04のぱんくずリストの作成は,Part02-04までの集大成とも呼ぶべき内容であり,これを理解して書けるようになれば,WordPressでのサイト構築はなんとかなるのではないかと感じた。

基本的に,WordPressはPHPでできているので,プラグインを使わない場合は,テンプレート階層,WordPressループなどを理解して,WordPressが持っている関数を駆使して,カスタマイズすることになる。

初心者には若干ハードルが高いとも感じた。

参考箇所

p. 078: 「続きを読む」リンクの挿入

「続きを読む」リンクを挿入するには、エディタ上部にある「more」ボタンを押します。すると “書評:基礎からのWordPress” の続きを読む

書評:最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

☆3:検索エンジンにも人にも優しい文章執筆指南

SEO対策としてどのようにWeb上に文章を書いていけばよいのか解説してある。タグの使い方や関連した内容の配置,類語をどう選択していくかなど実践的な内容が散りばめられている。

例えば,従来では単純に検索キーワードだけがヒットすると考えられていたが,最近では検索結果の回答となるようなサイトが優先的に表示されることがある。

普段ブログを書いていて意識していない視点がみつかったのでよかった。

参考箇所

p. 058: 検索キーワードに対する答えを用意

Webサイトの各ページで狙うキーワードは、先ほど説明した「キーワードの妥当性」が前提となります。そのうえで、検索数が多いキーワードに対する答えとなるようなWebページを構築するべきです。また、検索糸に沿ってテーマ(ページタイトル)を決定することで、検索者の目的を満たすことができます。

ユーザー自身の過去の検索履歴などをもとに、関連ワードを表示させる仕組みをGoogleサジェストと言いますが、フリーツールの「関連キーワード取得ツール」を用いれば、簡単に関連ワードを抽出することができます。

●関連キーワード取得ツール

http://www.related-keywords.com

今まで特に意識していなかったが,確かにあるテーマについて何かを書くときはそれと一緒に検索されるキーワードも意識しておくとよいと感じた。

p. 084: ●関連性のある言葉を調べるためのフリーツール

①上位サイトの使用キーワード抽出ツール(共起語)「LSI調査]

URL: http://a-rooms.com/lsi/

②weblio類語辞典

URL: http://thesaurus.weblio.jp/

③連想類語辞典

URL: http://renso-ruigo.com/

関連性のある言葉の探し方の参考になった。

p. 096: ●複数の言い回しのある言葉の選定方法

同じような意味を持つ言葉でも微妙に意味合いが異なることや、検索需要(検索ボリューム)に差がでる言葉もあります。このような場合,検索需要(検索ボリューム)が多い方を優先して用いるべきです。なぜなら,多くの人々が検索している言葉を主のワードとして用いることで,反響を上げる可能性が高くなるからです。

この検索数を調べるために,フリーツール「Google AdWords]のキーワードプランナー(URL: https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner)を用いていきます。

類語の使い方と選定方法の参考になった。

p. 115: ●ユーザーの視点

Webページのレイアウトを考案する際に参考いただきたいのが,人間の目の特徴として,無意識に目で情報を追いかけてしまうという,ZとFの法則というものです。だから,その法則に照らし合わせてページレイアウトを構築することをオススメします。

つまり,他の内部ページヘ飛ばすためのサイドメニューは,「左側」置くことがおすすめだということになります。

サイドバーを左に置くか右に置くかどちらがよいかよくわからなかったが,左に置くのが良さそうだということが説得力のある理由もあってわかってよかった。

p. 260: ●文章構成が行うためのフリーツール「Enno」

誤字・脱字を敷設が目の文章構成を行うための,「Ennno」というフリーツールがあります。

URL: https://enno.jp/

文章構成のためのフリーツールは知らなかったので参考になった。

まとめ

人にも検索エンジンにも優しいWeb上での文章の書き方について解説していた。特に,執筆に役立つツールが多数紹介させており参考になった。今後の参考にしていきたい。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/04/09/

書評:「公式ディレクトリ掲載テーマ」で学ぶ WordPressサイト制作入門

☆3:着眼点はいいが自分には合わなかった

WordPressによるサイト制作の入門として,著者謹製の公式ディレクトリ掲載テーマsonoichiを参考に解説している。

序盤にWordPressのおおまなか構成について解説した後,個別のパーツとその実現方法を,実際のソースコードを掲載しながら解説していた。

WordPressもどんどんバージョンが上がるので,バージョンが上がっても通用するという視点で,公式ディレクトリ掲載テーマに着目したのはよかった。

内容としても,そんなに悪くはないとは思ったのだが,いかんせんソースコードの記述とその解説がメインとなるので,なんとなくあわなかった。後半はこれはこれというように,これからやることとそのソースコードをどんどん併記する感じで,作業的な感じだった。

既存のテーマをベースに新しいのを作るのではなく,既存のテーマをベースにそれに自分独自のスタイルや関数などでカスタマイズしていく,継承してオーバーライドするような解説がもっとあればよかった。

説明しにくいのだが,ソースコードの細かい話が書いてある割に,一般的に有用と思われる処理の実装というような実感が持てなかった。

個人的には「基礎からのWordPress」のほうが,リファレンスやTipsとしても参考になるところが多かったので,こちらがよかった。

まとめ

WordPressの普遍的な知識を身につけるという点で,WordPress公式ディレクトリ掲載テーマを使ったWordPressのサイト制作方法について解説していた。

説明しにくいのだが,内容は悪くないが,自分にはなにか合わなかった。WordPressはたくさん本が出ているので,いろいろ読んでみて自分にあった本を見つけられたらいいと感じた。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/03/23/