告知: 書評・食評・MTGの過去記事の移転完了

メインサイトのsenooken.jpで2019年11月末まで投稿していた投稿の内,別サイトに分離した書評・食評・MTG関連の投稿の移転が2020-02-09 Sunの夜間に完了したのでお知らせする。

共通内容のため,書評・食評・MTGのそれぞれのannounceカテゴリーにも同じ日付 (/post/2020/02/09/) でマルチポストしている。

メインサイトの肥大化に伴い,2019年の年末にかけて以下の告知通り,書評・食評・MTGの記事を別サイトに分離した。

分離したといっても,新規投稿を別サイトで投稿するようにしただけで,過去の投稿はメインサイトに残ったままだった。

食評は30記事程度だが,書評とMTGに関しては200以上の過去記事が存在しており,これらの過去記事の移転が課題だった。

新規投稿記事内で過去の記事を参照することがそれなりにあり,その度にメインサイトの過去記事を参照するのが折角分離したのに汚くて嫌だった。そこで,今回重い腰を上げてようやく実施した。

移転作業は以下の3手順で実施した。

  1. メインサイトから該当カテゴリーの記事のエクスポート
  2. サブサイトでのインポート
  3. メインサイトの該当記事のサブサイトへのリダクレクト設定

1-2はWordPressプラグインの「DeMomentSomTres Export」を駆使して行った (参考: WordPressで特定の記事と画像を簡単に別ブログへ移転する方法)。

ただし,3.のリダイレクト設定に関しては,リダイレクト対象が多く,プラグインを使っても結局手作業となるため,自分で一括入力するためにApache HTTP Serverの.htaccess設定ファイルを直接編集して実施した。

WordPressのマルチサイトで運営しているのもあり,ここのリダイレクト設定にはまり,思いの外時間がかかってしまい,結局2020-02-09 Sunをほぼ丸一日使うことになった。

このあたりの技術的な詳細に関しては,余力があれば別記事としてメインサイトに投稿したい。

概ね,2019年11月末までの記事がリダイレクト対象となっている。

今回の移転により,例えば自分のブログ記事としても最初のMTG記事の [https://book.senooken.jp/post/2010/06/12/] へアクセスすると,[https://mtg.senooken.jp/post/2010/06/12/] にきちんとリダイレクトされる。

なお,移転が完了したといっても,移転先でのカテゴリーが移転前のものを継承している都合,そこに一貫性がない。とはいうものの,記事さえ移転できれば些細な問題でもあるので,気が向いたときに直したい。

リダイレクト設定したので実際に表示されることはないものの,念のためメインサイトにも記事や画像を今月いっぱいくらいまでは残しておくことにする。

くだらない内容であっても,ブログは自分の大事な資産だ。他人のWebサービスではなく,自分が管理できるWebサービスで今後も蓄積していきたい。

告知: 書評のbook.senooken.jpへの分離

本サイトのメイン記事の一つである読了本の書評を,今後は新規作成したサイトである「巨本の山の上に立つ – 日々の読了本の書評 (https://book.senooken.jp)」で投稿することにした。

今まで,書評は [https://book.senooken.jp/post/category/report/book/] のカテゴリーで投稿しており,サイト開設当時から200以上の記事を既に投稿していた。

2019-11-25 Monからの書評がひとまず対象となり,本サイトのsenooken.jpで投稿した書評もいずれはこちらのサイトに移設したいと考えている。

書評の分離の理由としては以下の3点がある。

書評の別サイトへの分離理由
  1. 書評の投稿数が多くなり,今後も増加予定。
  2. 1投稿1日付のパーマリンクの都合,書評が多すぎるため他の投稿の調整が必要。
  3. 書評に書評以外の投稿が埋没。

書評の投稿が過剰になり,他の投稿やサイト全体のバランスを損なうと判断した。

新サイトの「巨本の山の上に立つ – 日々の読了本の書評」は最初の投稿の前日である2019-11-24 Sunに思い立って作成した。WordPressのマルチサイト機能で作成した。アクセスしやすいようにヘッダーにもこちらの書評サイトへのリンク (Book) を掲載した。

作成したばかりでサイトレイアウトの調整などはまだまだこれからだ。投稿内容自体は今までと同じ形式で投稿していく。

今後はsenooken.jpでは書評以外にも技術的な内容,備忘録や日々感じたこと,速報性の高いことを投稿していきたい。

書評のフォーマット

今後投稿していく書評のフォーマットについて記述する。

はじめに

読んだ書籍について書評を書いていこうと思っている。

今後たくさんの本を読んで,書評を書くことになるので,ある程度のフォーマットにしたがって書いたほうが,書き手にも読み手にもよいだろう。しかし,この場合どういうフォーマットにするか,書き方をどうするかという問題が発生する。そこで,書評のフォーマットについて記す。

テンプレート

まず,結論から書くと以下のテンプレート(フォーマット)で書評を書くことにする。

# 書評:書籍名
## ☆?:書評タイトル (☆?(1-5)に書籍の評価を5段階で記す)
全体的な所感・感想の他に,本自体の組版やレイアウトが読みやすかったかどうかを記述。
その他,この本の特徴などを記述する。
また,特に良かったところ,悪かったところなどもあれば記述する。

## 参考箇所
(参考になる箇所がなければ省略)
> p. 001:参照節
>
引用文

参考箇所へのコメント

> pp. 001-013:参照節
>
引用文

参考箇所へのコメント(複数ページにまたぐ場合など)

## まとめ
全体的な感想や,どういう人におすすめな本かなどを記載。
☆4-5の場合,手元に置いておきたい本だった,良かったので購入したいなどの内容を記述。
☆1-2の場合,いまいちだったなどを記述。

パーマリンク:<https://book.senooken.jp/post/yyyy/mm/dd/>

書評フォーマットの考え方

書評フォーマットを考える上で,大きく以下2点のことを考える必要がある。

  1. マークアップ
  2. 構成

1点目のマークアップは,実際にWeb上などで記述する際に,強調部分などをどういう記法で表現するかを決めることだ。

自分のブログ上で記述する場合は,HTMLで記載できるが,Amazonやブクログのような書評サイトなどにレビューを記載する場合はHTMLを描画できない。そのため,書評の元データとしてはMarkdownやAsciiDocのような簡易記法で記述し,ブログにはHTMLに変換したものを掲載するのがよいだろう。

2点目の構成は,書評のアウトラインをどうするかを決めることだ。どういう節を設けて,それぞれの節に何を書くかを考える。

アウトラインをどうするかは,書評の文量にもよる。ただ,今後継続してやることを考えると,あまり節が多いと,書くのが辛くなる。そこで,以下の3段構成とした。

  1. 所感
  2. 参考箇所
  3. まとめ

1の所感でその本を読んで感じたことを記述する。Amazonなどでは書評のタイトルが必要になるので,ここで節見出しとして記述する。2の参考箇所で,特に参考になった箇所,メモしておきたいと感じたところを引用し,なぜ引用したかをコメントする。ページ番号を記載することで,他の人や後で自分が辿れるようにしておく。3のまとめでその本全体の感想や,どういう人にオススメなのかなどを記述する。

まとめ

書評のフォーマットについて記述した。ある定型文,決まりきった文章を書く場合は,フォーマットを決めてそれにしたがって書いたほうが,書き漏らしもなくなり,読む側もどこに何が書いてあるのかわかりやすい。

今後は,自分で決めたフォーマットに従って継続していく。何か気づいたことがあって,フォーマットを変更する必要があれば,別の記事で新しいフォーマットについて記述する。

書評の評価基準

今後投稿予定の書評について,評価の基準を記す。

書籍を読んだときに何か感想を持つ。その感想はポジティブなものであったりネガティブなものであったり様々だ。

第三者に伝えるときに,その本がよかったかどうかを簡潔に伝えるのに評価があるとわかりやすい。エッセイなど評価の難しい本もあるが,評価基準を設けることである程度の客観性をもたせることができる。

書評の評価基準

書評の評価基準はいくつか方式がある。点数でつけるものやABCなどのランクでつけるものなど。あまり段階が多くてもわかりにくいので,Amazonなど多くのサイトと同じ☆5段階で評価する。

書評の評価基準を以下の表にまとめた。

書評の評価基準
評価 率直な評価 購入意欲からの評価
☆5 とてもよかった 絶対に購入したい
☆4 よかった 高くても購入したい
☆3 わるくはなかった 安ければ購入したい
☆2 わるかった 安くても購入しない
☆1 とてもわるかった 絶対に購入しない

評価は☆の数が大きいほど良い評価だ。☆の数と定性的な評価の目安([率直な評価]と[購入意欲からの評価])の対応を示している。

基本的に,なぜその評価になったかがわかるような理由を書評の中で記載する。ある点は良かったけれど,別の点では自分にとって悪かったということが往々にしてありえる。自分が気になる本に対して評価がある場合,評価だけでなくその書評をご覧になって参考にしてほしい。

以下では☆の数に対応する評価の目安について説明する。

率直な評価

これは本を読んで率直にどう感じたかの判断基準だ。

小説やエッセイ,漫画であれば,感動したり共感したり夢中になるかなど,心がどれだけ動かされたかが判断基準となる。

また,実用書であれば自分が知らない知識について,どれだけ詳しくわかりやすく書かれているか,どれだけ有用かが評価基準となる。

退屈だったり,既に知っていることばかりな内容,その他本のレイアウトが見にくく扱いにくい場合に低い評価になりがちだ。

購入意欲からの評価

これはその本をどれだけ所有したいと思うかの判断基準だ。

インターネットが普及して,簡単なことであればインターネットで検索すれば簡単に情報を入手できる世の中になりました。同じ情報が得られるのであれば,本ではなくインターネットから探したほうが効率が良いです。その本がどれだけインターネットよりも優れているかを,所有したいかどうかで判断している。

例えば,インターネットよりも詳しく正確な情報が書かれているかどうかや,インターネットではまばらでまとまりがない情報を体系だててまとめられているかなど。

☆の数に対する補足

☆1と☆5は自分の中では特別な評価だ。滅多なことではつけない。今まで読んだ本の中で特に良かった,あるいは悪かったときにつける。なぜ評価が☆1または☆5であるかがわかる理由を必ず書評に記載する。

☆4は良い評価。他人にオススメできる評価だ。読んで良かったと思える場合に該当する。☆5でないからといって,決して悪い評価というわけではない。

☆3は良くも悪くもない評価。良い点と悪い点があったあり,そこまで強く印象に残らない場合などに該当する。

☆2は悪い評価。有益な情報が少ない場合,つまらない場合,読んで時間やお金を無駄にしたと感じた場合に該当する。

まとめ

今後投稿予定の書評の評価基準について記した。

実際のところはその本を読んで良かったかどうかに書評は集約される。また,そのときどきの興味関心や状況にも大きく左右される。

自分の読書記録としても,他の人の参考になるようにも,よい書評を書けるように心がけていく。