書評☆3 フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。 | 申告と節税の概要を面白おかしくなんとなく把握

概要

  • 書名: フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
  • 副題:
  • 著者: きたみ りゅうじ
  • 出版日: 2005-12-10
  • 読了日: 2019-10-17 Thu
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/05/

評価

フリーランスとしてやっていくことになったため,帳簿や節税について興味を持っていた。この本はこの手の話題で検索すると頻繁に見かける本で,人気があるようなので読んでみた。

内容はフリーのライター&イラストレーターの著者と税理士の対話形式で申告と節税について解説したものとなっている。

フリーのイラストレーターが書いているだけあって,フリーランサーの視点に立って,面白おかしく書かれていた。細かい情報はそこまでだと感じたが,全体的なことが書かれていて,最初の1冊としては悪くないと思った。

引用

p. 61 国保組合

国保組合とは、職能団体などが互助会的側面を持って運営している国民健康保険の組合です。こうした組合は全国に139あり、その多くが定額の保険料をうたっています。

社会保険の話になると,せいぜい健康保険と国民健康保険の2種類くらいしか解説しない本が多い。しかし,この本では国保組合について解説しており,初めてその存在を知った。しかも,国民健康保険よりもお得な場合が多い。加入条件があるため,結局は加入できないのだが,こういう情報を知ることができてよかった。

結論

2005年の初版から2016年の第30刷が発行され,ネット上でよく見かけるだけあって,悪くない本だった。

良くも悪くも面白おかしく申告と節税についてまとめられており,最初の1冊としては悪くなかった。

ただ,個人的にはもう少ししっかりまとめられた本がほしいなと感じた。

書評☆2 経費で落ちるレシート・落ちないレシート | 仕事に関係あるレシートは経費になるという当たり前の話だけ

概要

  • 書名: 経費で落ちるレシート・落ちないレシート
  • 副題:
  • 著者: 梅田 泰宏
  • 出版日: 2014-01-01
  • 読了日: 2019-10-18 Fri
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/04/

評価

書名どおり,公認会計士・税理士である著者による経費で落ちるレシート落ちないレシートを解説している。

書籍の構成が,フリーランサーと著者に見立てた税理士のQ&Aの対話形式で,解説されている。

ただし,結局のところ仕事に関係あるレシートは経費になるという当たり前のことが書かれているだけで,なにか目新しいことや発見がなかった。

同じことを何回も言い回しを変えて解説したり,少々ルーズなフリーランサーに対して上から目線で解説している感じがして,読んでいてもあまりいい気分がしなかった。

同じ対話形式であるならば,同じタイミングで読んだ「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」のほうが,情報量が多く,ユーモアがあってましだった。

結論

当たり前のことしか書かれておらず,期待はずれだった。もう少し読み手に役に立つような内容があればよかった。

税理士の視点でしか書かれておらず,実際の個人事業主の視点には経って書かれていないので,残念だった。

書評☆3 お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! | 漫画がメインな節税解説

概要

  • 書名: お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!
  • 副題:
  • 著者: 大河内 薫 and 若林 杏樹
  • 出版日: 2018-11-20
  • 読了日: 2019-11-19 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/01/

評価

フリーランスや節税などの本を探していると,Amazon.co.jpでの評価が高くて目についたので読んでみた。

内容は,漫画家と税理士によるフリーランスの節税解説本となっている。書籍のほぼ全編に渡って漫画が掲載されており,漫画の中や合間に税理士による解説が入る形式だった。

ただ,内容としては既に他の本で見知っていることが大半で,特に得られるものはなかった。個人的には,漫画内の税理士がなんだか俺すげー感を出していて,印象は悪かった。また,漫画仕立てで解説するという形式が自分には合わないのか,読みにくかった。

同じ税理士とフリーランサーとのタッグで書かれた本としては,本書でも参考文献に掲載されている「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」のほうが詳しくて,ユーモアがあって面白かった。

引用

p. 177 セルフメディケーション税制とは

医療費控除はしっていたが,セルフメディケーション税制の存在は知らなかった。ただ,こちらも1.2万円以上医薬品購入時に受けられる税制であり,健康な人には無関係なものなので,ただの教養だった。

結論

漫画が多くて,漫画のおまけに節税部分を読むような印象な本だった。

内容自体は初見であればそこまで悪くはないと思った。しかし,内容の詳しさと面白さ的には「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」の下位互換的に感じてしまった。

書評☆3 最新版 確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる | だいたい6割は経費として認められる

概要

  • 書名: 最新版 確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる
  • 副題:
  • 著者: 大村 大次郎
  • 出版日: 2010-12-18
  • 読了日: 2019-09-16 Mon
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/11/08/

評価

職場の同僚に,個人事業主として独立する際にお勧めされて読んだ本だ。

元国税調査官である著者により,確定申告での節税テクニックを解説されていた。

節税のポイントはいかに支出を経費に計上するかであり,国税調査官の視点から経費として認められる水準が書かれていた。

2010年とやや古く,今でも通用するのか不明だが,参考になる部分があった。

ただ,節税のために余計な支出をしていては意味がない。例えば,自動車の購入などだ。

節税テクニックの中に,そういう内容もあったので,注意が必要だと感じた。

引用

p. 20: 税務署から文句が出ないで経費で落とせる家賃は6割

ぶっちゃけて言ってしまえば、だいたい家賃の6割程度だったら、普通は税務署から文句は出ないということです。


p. 28: 持ち家の場合、固定資産税や管理費は経費に計上できる

持ち家を事業用資産として帳簿に記載し、減価償却費を計上するという方法もあります。しかし、家は耐用年数が長いので、1年ごとの減価償却費はそれほど大きくありません。また持ち家の場合でも、事業用部分と居住部分を按分しなければならないので、経費で落とせる分はさらに減ってしまいます。


これらの計算は、経理初心者にはちょっと難しいかと思われますので、税務署に必要資料だけ持って行って、計算してもらった方がいいかもしれません。またすでに家を持っている人でも、固定資産税やマソショソの管理費などの費用は、経費として計上することができます。この場合も、事業部分と住居部分を按分計算しなくてはなりませんが。

住居費の節税方法が参考になった。

  • p. 30 : 電気代の6割は経費で落ちる
  • p. 36: 個人事業者は交際費をいくら使っても経費にできる
  • p. 44: 仕事に関係ある海外旅行なら旅費は経費にできる
  • p. 48: なるべく面倒がないように福利厚生費を使おうというのなら、企業ですでに認められている福利厚生費だけを使うというのがいいと思います。

電気代,交通費,福利厚生費の節税テクニックが参考になった。

  • p. 52: 資産を増やしながら大幅節税。 税金を払うなら国民年金基金に入れ
  • p. 58: 経営セーフティー共済は年末加入、前納で96万円の所得削減
  • p. 64: 84万円の所得を一気に削減。小規模企業共済に入ろう!
  • p. 110: 過去の分、前納した分も控除にできる 社会保険料控除の裏ワザ

社会保険関係の節税テクニックが参考になった。

p. 184: 私なら、数十万円ならパソコン、数百万円なら中古外車を買う
もし私が想定していたよりも、数十万円所得が多かった場合。

即、パソコソを買い替えます。そしてプリソターなどのパソコソの周辺機器をもうちょっと充実させます。


で、次にもし私が想定していたよりも100万円程度所得が多かった場合。

経営セーフティー共済に入ります。100万円くらいの所得を削るとき、もっともてっとり早く、リスクも少ないのはこの経営セーフティー共済だと思われるからです。

国民年金基金や小規模企業共済に入るという手もあると思われますが、年金をもらうにはまだ間があるので、それよりも近い将来の危険に備えたいと思うのです。経営セーフティー共済は、3年ちょっと(40ヵ月)加入していれぽ、解約金を全額受け取ることができるので、今、余ったお金を3年後のためにとっておくというわけです。


最後に、私が想定していたよりも、数百万円所得が多かった場合。

経営セーフティー共済にプラスして、国民年金基金や小規模企業共済にも満額入り、可能な限りの前払いをします。

筆者の意見がきけてよかった。

結論

節税の基本テクニックが参考になった。

節税のために無駄な支出をすると意味がないので,ここでの情報を元に,対応を考えたい。