書評☆3: ロウソクの科学 | ノーベル賞受賞者が子供時代に愛読したロウソクから始まる中学〜高校レベルの化学講義は化学への興味をくすぐる多数の実験録

概要

  • 書名: ロウソクの科学
  • 副題:
  • 著者: ファラデー
  • 出版日: 2012-06-25
  • 読了日: 2020-01-17 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/17/

評価

2019年のノーベル賞を受賞した吉野 彰氏が,インタビューで子供時代に愛読した本として回答して話題になり興味を持って読んだ。

本書は1861年末のクリスマス休暇に,ロンドンの王立研究所で催された連続6回の講演の記録となっている。身の回りで身近なロウソクが燃えるところから,化学を解説している。

ロウソクの原料から,燃焼,水,水素・酸素,空気,二酸化炭素,窒素,呼吸といったテーマを扱っている。中学から高校で学ぶような内容が数多くの実験と共に紹介されていた。

ファラデーは科学の分野で数多くの法則を見つけて科学史に名を残す偉大な科学者だ。解説を読んでこの講義の流れに納得した。ファラデーはもともと貧しい出身で,学ぶ機会に恵まれずめぐり合わせで科学者となった。そのため,知識よりも観察が先行し,目の前の現象から考えを張り巡らせるしかなかった。だから実験がメインとなっている。

昔の外国人の話を翻訳したものであるため,少々読むのがしんどかった。所々に実験器具の挿絵があるものの,そこまで量はなく,基本的に文章を読んで自分で想像が必要な部分が多く,読者への負担の大きい本だった。

今から読むのであれば,挫折しないように特に学生には本書を図解で解説した他の本 (例: 「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」など) を強く推奨したい。

結論

ロウソクという身近な化学物質の現象からこの世界で普遍的な科学を学ぶ本だった。ノーベル賞受賞者が子供時代に愛読したとあるだけに,中身は化学的興味をくすぐるような実験や話が多かった。

ただし,もともとの本は今読むのは少々しんどいので,図解されている他書や口語訳に翻訳された本をあたることを強く推奨したい。

書評☆3 植物は〈知性〉をもっている | 植物なしでは人は生きていけない

概要

動物愛護の集まりで農学部の先生がこの本のことを言及していたのが印象に残っており,何年か遅れて読んだ。

題名通り,植物は知性のある生き物だということを説明している。人間からしてみれば,植物は動物とは異なり,物として扱いがちだ。この理由は,人間に比べて植物が非常に遅く動いているからだ。人間の見かけ上動いていないように見える。

しかし,実際には1日のサイクルで移動する。日の当たる方向に向きを変えるし,水のある方へ根を張り巡らせる。ゆっくりだが確実に動いている。そして,人間の五感に相当する機能も備えている。光を検知し,振動を検知,接触も検知し,根で土壌中の化学物質や水も検知する。化学受容体で匂いも検知できる。

植物と動物の進化の方向性が大きく違う。植物は定住することを選び,モジュール構造をとっている。これにより,動物に身体の一部を食べられても問題ない。そして,独立栄養生物だ。太陽の光と水,二酸化炭素があれば,光合成という奇跡により自分で栄養を生成できる。

人間は植物なしでは生きることはできない。その当たり前のことを再認識できた。植物のことを知れば知るほど,その驚きの機能に仕組みに興味を持った。

なお,動物愛護で度々問題となる植物は痛みを感じるかという問題については議論がなかった。

参考

p. 11: 人間が植物の生命を正しく認識できない理由

マンクーゾの主張によると、人間が植物の生命を正しく認識できない理由は、彼が十代のころに読んだあるSF小説に書かれていたという。その小説によると、高速 の次元に生きるエイリアンの種族が地球にやってきたが、人間の動きをまったく感知できな かったために、人間は「自力で動こうとしない物質である」という論理的な結論をくだした。そして容赦なく人間から搾取したのである。

これは目から鱗だった。植物は生きているし,動いてもいる。しかし,人間からするととても遅い。動かないものは物と誤認してしまう。相対的な問題だと感じた。

p.52: 植物と動物の進化の違い

定住の生活を選んだ植物は、地面、空気、太陽から、生きるために必要なものすべてを引き 出さなければならなかった。それに対して動物は、栄養をとるためにほかの動植物を食べなけ ればならず、運動に関わるさまざまな能力(走る、飛ぶ、泳ぐなど)を発達させていった。


動くことがなく、つねに捕食者に狙われている植物は、まずは外からの攻撃に対して、いわば「消極的抵抗」手段を発達させた。植物の体はモジュール構造になっていて、どのパーッも重要ではあるものの、どれも絶対に必要不可欠というわけではない。こうした身体構造は、動物と比べてとても優れている。とくに、地球上に存在する膨大な数の草食動物やその旺盛な食欲から逃れられないことを思えば、非常に有効なしくみである。モジュール構造の体のいちばんの利点は何か?それは、たとえ動物に食べられたとしても、植物にとってはそれほど大きな問題ではないということだ!いったいどこにそんな動物がいるだろうか?

植物と動物は進化の方向性が大きく違う。それにより,植物の身体はモジュール構造になっており,ある部分がなくなっても問題ない構造になっている。これは分散型の構成であり,理にかなっている。

p. 105: 植物は低周波の音が好み

じつは、植物の成長に影響を及ぼしているのは音楽のジャンルではなく、音楽を構成する音の周波数なのだ。ある一定の周波数、とくに低周波(一〇〇〜五〇〇ヘルツの音)が、種子の発芽、植物の成長、根の伸長にいい影響を与える。逆に高周波には成長を抑える効果がある。

植物の成長に音楽が効果があるというのを何かできいたことがある。100-500ヘルツの低周波の音が好影響というのは初耳だった。

p. 161: 第5章 はるかに優れた知性

生物学では、ほかのどの生物種よりも広い生活圏を獲得している種を「支配的」とみなす。


じつは、地球上のバイオマス(つまり、生物の総重量)のうち、多細胞生物の九九・七%(実際は九九・五〜九九・九%のあいだで変動し、その平均値が九九・七%ということ)は、人間ではなく植物が占めている。人類とすべての動物を合わせてもわずか○・三%にすぎない。

この事実からすれば、まちがいなく地球は「緑の星」だと定義できる。そこに議論の余地はない。地球は、植物が支配している生態系である。

当然のことながら,地球は植物で覆われている。植物が地球を支配していると見ても問題はない。当たり前のことだが,あまりこういうことを意識知ることはないので再確認できた。

p. 163: 脳がないなら知性はないのか?

「そもそも知性とは何か?」。知性は意味が広すぎて定義がむずかしい概念なので、当然のことながら、さまざまな定義がたくさん存在する(もっとも愉快な定義は「知性の定義は、定義を行なう研究者の数だけ存在する」だろう)。

そこで、まず最初に行なうべきは、私たちの問題にふさわしい定義を選択することだ。植物の知性を考えるために、かなり広い定義を使うことにしよう。それは、「知性は問題を解決する能力である」という定義だ。

知性の定義が書かれている。脳がなければ知性がないわけではない。「問題を解決する能力」と定義すれば,植物にも確かに知性はあるだろう。

p. 104: 植物に関する生命の尊厳

一九九八年にスイス連邦議会によって設立された「ヒト以外の種の遺伝子工学に関する連邦倫理委員会」は、この数十年に集められた科学的データを検討し、二〇〇八年末に「植物に関する生命の尊厳-植物自身の利益のための植物の倫理的考察」と題された報告書を提出した。


議論が分かれる問題もまだまだ数多くあり、わかっていないことも数多く残っている。それでも、スイスの生命倫理委員会は、倫理学者、分子生物学者、ナチュラリスト、生態学者をふくめ、満場一致で合意した。「植物を好き勝手に扱ってはならないし、植物を無差別に殺すことは倫理的に正当化できない」と。

念のためにはっきりさせておくと、植物の権利を認めることは、植物の利用を縮小したり制限したりすることを意味するわけではない。動物の尊厳を認めたからといって、動物を食物連鎖から除外したり、動物実験を禁止したりするわけではないのと同じだ。

植物の尊厳に関する話があった。スイスでは植物にも尊厳があると報告があったようだ。たしかに,生きているのだから存外に扱うのは控えるべきだろう。なかなか難しい問題だ。

結論

植物には知性があるという,あまり普段意識しないことを学べた。

参考にも書いた,速度が遅ければ物質と誤認するというのが,人間が植物を物質とみなすことの発端だというのは,眼から鱗だった。自分と違う存在,生命について考えが広がった。

教養を深めるのにはいい本だった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/01/21/

書評:ショートアニメーション メイキング講座

☆3:ソフトの使い方に終止せずアニメーション技法について広く解説

平面イラストでショートアニメーションを作成する方法を解説している。CLIP STUDIO PAINT PRO/EXでの操作例がある。しかし,一般的なアニメーション作成技法についての解説が半分くらいになっているので,アニメーション作成に他のソフトを使っていても参考になると感じた。

まとめ

アニメーション作成技法について広く詳しく書いてあったので,実際にアニメーションを自分で作る場合の参考になると思った。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/03/30/

書評:デジタルイラストの「塗り」事典

☆3:11人のイラストレーターの塗りのテクニック集

デジタルイラストの色の塗り方について解説している。11人のイラストレーターが持ち寄ってそれぞれの色塗り方法のテクニックを解説している寄せ集めの本になっている。

ある程度,自分で絵を描いて色も塗れることを前提に書かれているように感じた。

初心者がこの本一冊でちゃんとできるようにはならないと思う。
それぞれのページではそれなりに手順が書かれていて一見参考になるけれど,イラストレーターによってやり方も違うので,統一的なやり方を解説してくれたらよかった。

全くのド素人でも手順通りにやればうまくできるような内容だとなおよかった。

まとめ

色の塗り方について解説してあって目についたので借りて読んだ。しかし,自分にはレベルが高すぎた。CLIP STUDIO PAINT PROというある程度意識の高い人が使うソフトを前提にしている時点で,読者層にもそれなりのレベルを想定しているのかもしれない。

パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/03/26/

書評のフォーマット

今後投稿していく書評のフォーマットについて記述する。

はじめに

読んだ書籍について書評を書いていこうと思っている。

今後たくさんの本を読んで,書評を書くことになるので,ある程度のフォーマットにしたがって書いたほうが,書き手にも読み手にもよいだろう。しかし,この場合どういうフォーマットにするか,書き方をどうするかという問題が発生する。そこで,書評のフォーマットについて記す。

テンプレート

まず,結論から書くと以下のテンプレート(フォーマット)で書評を書くことにする。

# 書評:書籍名
## ☆?:書評タイトル (☆?(1-5)に書籍の評価を5段階で記す)
全体的な所感・感想の他に,本自体の組版やレイアウトが読みやすかったかどうかを記述。
その他,この本の特徴などを記述する。
また,特に良かったところ,悪かったところなどもあれば記述する。

## 参考箇所
(参考になる箇所がなければ省略)
> p. 001:参照節
>
引用文

参考箇所へのコメント

> pp. 001-013:参照節
>
引用文

参考箇所へのコメント(複数ページにまたぐ場合など)

## まとめ
全体的な感想や,どういう人におすすめな本かなどを記載。
☆4-5の場合,手元に置いておきたい本だった,良かったので購入したいなどの内容を記述。
☆1-2の場合,いまいちだったなどを記述。

パーマリンク:<https://book.senooken.jp/post/yyyy/mm/dd/>

書評フォーマットの考え方

書評フォーマットを考える上で,大きく以下2点のことを考える必要がある。

  1. マークアップ
  2. 構成

1点目のマークアップは,実際にWeb上などで記述する際に,強調部分などをどういう記法で表現するかを決めることだ。

自分のブログ上で記述する場合は,HTMLで記載できるが,Amazonやブクログのような書評サイトなどにレビューを記載する場合はHTMLを描画できない。そのため,書評の元データとしてはMarkdownやAsciiDocのような簡易記法で記述し,ブログにはHTMLに変換したものを掲載するのがよいだろう。

2点目の構成は,書評のアウトラインをどうするかを決めることだ。どういう節を設けて,それぞれの節に何を書くかを考える。

アウトラインをどうするかは,書評の文量にもよる。ただ,今後継続してやることを考えると,あまり節が多いと,書くのが辛くなる。そこで,以下の3段構成とした。

  1. 所感
  2. 参考箇所
  3. まとめ

1の所感でその本を読んで感じたことを記述する。Amazonなどでは書評のタイトルが必要になるので,ここで節見出しとして記述する。2の参考箇所で,特に参考になった箇所,メモしておきたいと感じたところを引用し,なぜ引用したかをコメントする。ページ番号を記載することで,他の人や後で自分が辿れるようにしておく。3のまとめでその本全体の感想や,どういう人にオススメなのかなどを記述する。

まとめ

書評のフォーマットについて記述した。ある定型文,決まりきった文章を書く場合は,フォーマットを決めてそれにしたがって書いたほうが,書き漏らしもなくなり,読む側もどこに何が書いてあるのかわかりやすい。

今後は,自分で決めたフォーマットに従って継続していく。何か気づいたことがあって,フォーマットを変更する必要があれば,別の記事で新しいフォーマットについて記述する。

書評の評価基準

今後投稿予定の書評について,評価の基準を記す。

書籍を読んだときに何か感想を持つ。その感想はポジティブなものであったりネガティブなものであったり様々だ。

第三者に伝えるときに,その本がよかったかどうかを簡潔に伝えるのに評価があるとわかりやすい。エッセイなど評価の難しい本もあるが,評価基準を設けることである程度の客観性をもたせることができる。

書評の評価基準

書評の評価基準はいくつか方式がある。点数でつけるものやABCなどのランクでつけるものなど。あまり段階が多くてもわかりにくいので,Amazonなど多くのサイトと同じ☆5段階で評価する。

書評の評価基準を以下の表にまとめた。

書評の評価基準
評価 率直な評価 購入意欲からの評価
☆5 とてもよかった 絶対に購入したい
☆4 よかった 高くても購入したい
☆3 わるくはなかった 安ければ購入したい
☆2 わるかった 安くても購入しない
☆1 とてもわるかった 絶対に購入しない

評価は☆の数が大きいほど良い評価だ。☆の数と定性的な評価の目安([率直な評価]と[購入意欲からの評価])の対応を示している。

基本的に,なぜその評価になったかがわかるような理由を書評の中で記載する。ある点は良かったけれど,別の点では自分にとって悪かったということが往々にしてありえる。自分が気になる本に対して評価がある場合,評価だけでなくその書評をご覧になって参考にしてほしい。

以下では☆の数に対応する評価の目安について説明する。

率直な評価

これは本を読んで率直にどう感じたかの判断基準だ。

小説やエッセイ,漫画であれば,感動したり共感したり夢中になるかなど,心がどれだけ動かされたかが判断基準となる。

また,実用書であれば自分が知らない知識について,どれだけ詳しくわかりやすく書かれているか,どれだけ有用かが評価基準となる。

退屈だったり,既に知っていることばかりな内容,その他本のレイアウトが見にくく扱いにくい場合に低い評価になりがちだ。

購入意欲からの評価

これはその本をどれだけ所有したいと思うかの判断基準だ。

インターネットが普及して,簡単なことであればインターネットで検索すれば簡単に情報を入手できる世の中になりました。同じ情報が得られるのであれば,本ではなくインターネットから探したほうが効率が良いです。その本がどれだけインターネットよりも優れているかを,所有したいかどうかで判断している。

例えば,インターネットよりも詳しく正確な情報が書かれているかどうかや,インターネットではまばらでまとまりがない情報を体系だててまとめられているかなど。

☆の数に対する補足

☆1と☆5は自分の中では特別な評価だ。滅多なことではつけない。今まで読んだ本の中で特に良かった,あるいは悪かったときにつける。なぜ評価が☆1または☆5であるかがわかる理由を必ず書評に記載する。

☆4は良い評価。他人にオススメできる評価だ。読んで良かったと思える場合に該当する。☆5でないからといって,決して悪い評価というわけではない。

☆3は良くも悪くもない評価。良い点と悪い点があったあり,そこまで強く印象に残らない場合などに該当する。

☆2は悪い評価。有益な情報が少ない場合,つまらない場合,読んで時間やお金を無駄にしたと感じた場合に該当する。

まとめ

今後投稿予定の書評の評価基準について記した。

実際のところはその本を読んで良かったかどうかに書評は集約される。また,そのときどきの興味関心や状況にも大きく左右される。

自分の読書記録としても,他の人の参考になるようにも,よい書評を書けるように心がけていく。

(読んだ)書籍の管理サイト『ブクログ』

 まもなく卒業するということで、大学のパソコンのアカウントが消され、保存していたデータも消えるのでデータを保存しにこの間学校へ行った。いろいろと見ていたら、大学の図書館では紀要という名目で一般教養科などの先生方の論文や調査の発表が掲載されていた。また、図書館のページをよく見ていたらなにやら昨年の秋から『ブクログ』というサイトに学校として登録して、蔵書のレビューなどを読めるようにしていた。

 前から学校で図書を借りる時他人のレビューが読めたら参考になって面白いと思っていた。実際にそういう風な試みがあったようで驚いた。気になっていたので家に帰ってから調べた。

 ネットで書籍を管理するサイトらしい。読書管理サービスというらしい。web本棚サービスとも呼ばれているようだ。同様なサイトに『読書メーター』や『メディアマーカー』といったサービスがある。

主要なものとして『ブクログ』と『読書メーター』がある。
次のサイトでこの二つの比較がされていて参考になる。
http://d.hatena.ne.jp/Gespenst177/20100604/1275634924

ネットでいろいろとみている限り、個人的には『ブクログ』の方がわかりやすくて使いやすそうな印象だった。
そこで自分もこのサービスを利用してみることにした。一番の理由は出身大学の図書館が利用していたところだ。
自分の関連しているところと関わりがある方がなんとなく信頼できる。

昔読んだ本のレビューや、自分がどれくら本を読んだかなどがわかってよい。とくに、小学生の頃とかに読んだ本を思い返して他人のレビューを読むのが面白い。アマゾンに乗っていれば検索OKみたいで学校のテキストとして使った『やさしい放射線とアイソトープ』という本もヒットした。当然あまりレビューはなかったけれど(苦笑)。

なかなか面白いので今後もしばらく使ってみようと思う。