書評☆4: 30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで | 成功するアフィリエイトサイトの5W2H

書評☆4: 30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで | 成功するアフィリエイトサイトの5W2H

概要

  • 書名: 30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで
  • 副題:
  • 著者: 福田 拓哉
  • ISBN: 9784344916616
  • 出版: 2018-07-31
  • 読了: 2020-07-08 Tue
  • 評価: ☆4
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/07/14/

評価

起業やお金を稼ぐ方法について調べていて読んだ一冊だ。

書名通り,著者が実際に高い価値のアフィリエイトサイトを始めて,6.2億円で売却した話について書かれている。

本書は大きく2部構成となっており,前半は書名に書かれているアフィリエイトサイトの構築の流れから売却までについて書かれている。後半は書名とはやや内容が異なる,売却した著者の働き方などの考え方について,であった人との話などが書かれている。

普段であれば,200ページの半分が書名と関係ない内容で低めの評価をつけるのだが,この肝心の書名の内容が書かれた前半部分,特にアフィリエイトサイトに高い価値をもたせるまでの部分がよかったので☆4とした。

具体的なアフィリエイトサイト構築に当たる,ポイントとなる手順・思考が書かれており,参考になった。

引用

p. 41: ユーザー目線で考えられるようになるための習慣づけ

本書の随所で登場するユーザー目線を考えるための5W2Hといのが参考になった。

例えば,お金を借りるユーザーの5W2Hは以下のものが想定される。

  • When: 今すぐ
  • Where: 近くで
  • Who: 私が
  • What: お金を
  • Why: 今から行く飲み会のお金がないから
  • How:誰にも知られずに
  • How much: 2万円

また,ここから派生して,ユーザー自体のニーズをリードするという考え方も参考になった。最近だと,ショッピングサイトのレコメンドシステムなどが思いつく。

p. 60: サイトの付加価値を高める15のノウハウ

p. 60から前半の終わりまで,本書のメインテーマであるサイト作りのコツが書かれていた。

まず最初に,ポジショニングとブランディングの重要性が書かれていた。具体的には,あるカテゴリーで一番を目指すというものだ。

そして,キャッチフレーズやネーミングといったずっとついて回るところをしっかり考えることの重要性が書かれていた。

その他,ユーザーの痒いところに手が届くようなサービスとして,ハウツー記事を取り上げていた。手取り足取りやり方を教えるというところにユーザーを惹きつける力あるようだ。

p. 88: <その6> サイト作りには「ランディングページ」が必須

アフィリエイトサイトの製作時に,コンバージョンさせるためのランディングページの重要性が書かれていた。

LPの制作ノウハウは既に研究され尽くした「科学的」なもので,一生使えるノウハウだとか。

例えば,以下の構成がテンプレートだとか

  1. ユーザーの悩みの確認
  2. 悩みを解決できる理由
  3. 商品の説明 (5W2H)
  4. (5の) メリット
  5. 他社との違い
  6. 権威づけ
  7. お客さまの声
  8. 限定
  9. 無料プレゼント

p. 125: 人脈は関係ないのか?

よくビジネスの成功要素の一つとして人脈を挙げられるが,少なくともアフィリエイトサイトに関しては人脈がなくても,業務委託契約程度の関係でなんとかなるということで,ある意味心強かった。

結論

アフィリエイトサイト運営における重要な視点が書かれていた。

基本的にお客さま目線を第一に考えて,ブランディングに重点をおいたサイト運営を行うという内容だった。

できるだけ大きなニッチな市場を見定めて,そこでの一番を目指すという個人でうまくビジネスをやっていく上での王道ともいえるやり方だった。

具体的な考え方,プロセス,手順などが書かれており,参考になった。

ネットで著者について調べると,虚偽や詐欺というキーワードもちらつくものの,書籍前半の内容は有益だった。

手元に残してサイト作りの参考にしたいと思った。

書評☆3: 時給800円のフリーターが3年で年収1億円に変わる起業術 | 起業方法や財務について書いてあるだけの本

概要

  • 書名: 時給800円のフリーターが3年で年収1億円に変わる起業術
  • 副題:
  • 著者: 松田 元
  • ISBN: 9784845424108
  • 出版: 2017-11-01
  • 読了: 2020-07-06 Mon
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/07/09/

評価

起業やお金儲けについて調べていて読んだ一冊だ。

「時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術」の続編となっている。今回は起業を扱った本となっている。

冒頭で書かれている通り,これをすれば絶対に儲かるという方法はなく,それを踏まえた内容になっている。

具体的には,起業に必要な手順と財務について書かれてあった。肝心のビジネスプランなどについてはほぼ書かれていない。

財務に関しての内容がメインの本だった。

正直,題名と内容が合っていない。具体的にビジネスプランのある人が,具体的に起業する上での手順や財務をどう考えていけばいいのかの参考になる本だと思った。

単に起業に興味がある程度の人が読んでもあまり参考にならない。一番肝心のビジネスプランについて書かれている本をあたったほうが良いと思う。

結論

題名が刺激的で期待したのだが,完全に題名負けしている本だった。

財務周りについてあれこれ書かれており,ビジネスプランについてはほぼない。ビジネスプランは別で学ぶ必要がある。

加えて,この本のとおりにやっても,まあ著者はうまくいったというだけだろう。そういう意味で,この本が役に立つ人というのは限られており,起業本としてはいまいちだった。

書評☆5: 神速スモール起業 | 「90分で読了→24時間以内に起業→30日後に成功」の手短でわかりやすく実現可能なスモール起業術

概要

  • 書名: 神速スモール起業
  • 副題:
  • 著者: 小山 竜央
  • ISBN: 9784479796077
  • 出版: 2017-08-31
  • 読了: 2020-07-02 Thu
  • 評価: ☆5
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/07/07/

評価

スモール起業術について書かれた本となっている。

この本の最大の特徴は,冒頭のキャッチコピーにもある通り,「90分で読了→24時間以内に起業→30日後に成功」を念頭に置かれているところだ。

まず,はじめに序章でスモール起業において役に立つWebサービスを挙げている。知らないサービスばかりだったので,ここだけでも有用だった。

自分の趣味や得意分野を軸に,その中に存在する「不」 (不満,不効率,不利益など) に焦点をあて,さらにターゲットを絞り込んだ商品を考え,それを冒頭で挙げたココナラのようなスキルマーケットで販売を目指すというものだ。

分野でいえば情報商材に考え方は近い。

書籍全体が読みやすく,スピード感も適切で,実際にできそうだなと思える内容だった。

その他,書籍の中で時間をブロッキングするとか,絞り込むというところで,最近読んだ『「ひとり会社」の起こし方・育て方』や「ブチ抜く力」に重なる部分があった。

参考になる部分が多く,付箋だらけになってしまった。

結論

自分一人で起業するという点では,具体的でわかりやすく,スピード感もあり,有益な情報も多数ありとてもよかった。

実際にこの本を読んで,ココナラに出品できた。自分をそうさせるだけの力のある本だった。

欠点があるとしたら,あくまでスモール起業であり,その先の広がりはまた別というところだろう。

著者が気になって調べると,怪しい部分はあったが,本書自体はとてもよかった。

手元に残して今後の参考にしたいと思える本だった。

書評☆3: 「ひとり会社」の起こし方・育て方 | 「捨てる」ことに「始まり」がある

概要

  • 書名: 「ひとり会社」の起こし方・育て方
  • 副題: 1400人を成功に導いた起業塾のカリスマが教える!
  • 著者: 波多野 卓司
  • ISBN: 9784827210743
  • 出版: 2017-08-25
  • 読了: 2020-06-28 Sun
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/07/02/

評価

書名通りひとり会社の起業方法について書かれていた。

書名を見る限り,「ひとり会社」というところにフォーカスがあたっているように感じていたが,中身はひとり会社に限定されない汎用的な中小規模の起業方法になっていたように感じる。

自分の中に眠っている,やりたいこと好きなことを大事にし,それをうまく起業につなげる方法を解説していた。

具体的なことはそこまで書いていなかったのだが,重要な点はいろいろ散りばめられていた。

特に感じたのは,与沢翼の「ブチ抜く力」と同じく,一つのことをやり抜くという要素が強かったところだ。

やはり,しっかり考えて継続してやり抜くことが大事なんだと感じた。

引用

p. 62: 01 「捨てる」ことに「始まり」がある

捨てた結果として、「何がやってきて、何が降りかかろう」とも、子細に見つめれば、厳密には「等しい価値」の何かが、そこで交換されています。まったく、ごまかしがききません (経済的な交換に限って言っているのではありません)。では、捨てれば、それでかならず、あなたは「何かを得られる」のか? はい、そのようです。

保存則について書かれており,興味深かった。

p. 69: 03 あなたは誰と生きていきたいか?

あなたの「こんな商品・サービスを提供したい」という思いと、その誰かの「こんな商品・サービスがほしい」という思いがズレていなければ、交換は成立します。訊けばズレません。訊かなければズレていきます。

顧客のニーズの調査の重要性が書かれていた。そのとおりなのだが,具体的にどう調査するのかというのはけっこう難しい。

p. 84: 06 100回描けば、姿は見えてくる

ビジネスプランを100回作り直せば,事業化できるという経験則について語られていた。少しずつ改善を加えて粘り強く取り組めば,なんとなるという話だった。

結論

起業する上での心構えやポイントが書かれていた。

200ページ程度の薄い本ではあるので,具体的なところまでは書かれていないのはしかたがない。

一人でやってもなかなか難しいので,やはりこういう起業志望家のグループに参加していろいろ取り組むのが大事なのかなと感じた。

書評☆2: 働きたくないけどお金は欲しい | 情弱向け投資啓発本

概要

  • 書名: 働きたくないけどお金は欲しい
  • 副題:
  • 著者: 遠藤 洋
  • ISBN: 9784837804833
  • 出版: 2018-06-08
  • 読了: 2020-06-27 Fri
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/30/

評価

お金を稼ぐ方法について調べていて読んだ一冊だ。

書名の「働きたくないけどお金は欲しい」が気になって読んだ。

働かずにお金を稼ぐ方法が解説されているのかと思ったのだが,一般的な投資の勧めが書かれているだけの本だった。

具体的なことがほとんど書かれておらず,金融リテラシーの低い人向けの本だった。

末尾に,わずかに株式投資に関する話があるが,あまり情報がなく参考にならなかった。

せいぜい読み物の域を出ず,読まなくても特に問題なかった。むしろ,読む時間がもったいなかったかもしれない。

結論

投資の一般的な勧めが書かれているだけの本だった。

書名に人の欲を代言するフレーズが入っているが,肝心の具体的な中身が書かれておらず,題名負けしている本だった。

金融リテラシーの低い情報弱者向けの本だと思った。

書評☆3: 俺流amazonの作り方 | 古すぎて書籍の大半の有用性は疑問だが,ASINとISBNの関係は今でも有用

概要

  • 書名: 俺流amazonの作り方
  • 副題: Amazon Webサービス最新活用テクニック
  • 著者: 水野 貴明
  • ISBN: 9784756146755
  • 出版: 2006-03-21
  • 読了: 2020-06-16 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/25/

評価

以前読んだ「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門」で参考文献として引用されており興味を持って読んだ。

書名通り,Amazon Webサービス (PA-API) を活用したWebサイトを構築するために必要な,APIの活用方法を全編を通して解説している。

出版年が2006年と古く,Amazon ECS (Amazon E-Commerce Service) という商品情報にアクセスするWebサービスを使っている。ECSは今ではEC2 Container Serviceの略称で通っており,今でも当時のECSが使えるかどうかわからない。そして,具体的なデータアクセスにはPerlのサンプルコードでXML経由で解説しており,時代を感じさせる。

当時は有益だったかもしれないが,今となってはAmazon側の仕様が大きく変わっている可能性があるので,有用性はいまいちだった。

引用

p.80-86: 特定の商品を調べるには

本書で唯一参考になったと思うのが,こちらの内容だ。こちらでは,Amazonが内部の商品情報の管理に使っているASINと,ISBN,JANコードについて解説しており,仕組みがよくわかった。

p. 250: ECSで何を作ったらいいのか

こちらは本書の締めくくりとして,ECSの活用方法について解説していた。コツとしては以下の3点を挙げていた。

  1. ECSの情報と他の情報を組み合わせる
  2. 特定の利用者にターゲットを絞る
  3. 情報を加工して表示する

特に2番目の特定の利用者にターゲットを絞るというのがわかりやすくて簡単かもしれないと思った。

結論

Amazon Webサービスを活用して自前のWebサービスを開発する際に必要なAPIの活用方法を解説した本だった。

残念ながら,情報が古すぎて活用しにくいことと,そもそもAmazon PA-API自体が今となっては利用条件がやや厳しく使いにくくなってしまったことが,本書の有用性を下げている。

その中では,ASINとISBNに関する情報が参考になった。過去の歴史資料扱いになるだろう。惜しい本だった。

書評☆3: 作って覚えるPHP+MySQLアプリケーション | Smarty+PEAR::Authを駆使したフレームワークに依存しない昔ながらのPHP開発

概要

  • 書名: 作って覚えるPHP+MySQLアプリケーション
  • 副題: ブログ、ショッピングサイトからマッシュアップまで
  • 著者: 藤本 壱
  • ISBN: 9784883376063
  • 出版: 2008-07-03
  • 読了: 2020-06-21 Sat
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/23/

評価

PHPを使ったWeb APIを用いたマッシュアップ開発について調べていて読んだ一冊だ。

PHPの初級本を読み終わった初級者が中級者になるための学習者に感じた。内容は大きく3部になっていた。

  1. PHPでのDBアクセス
  2. Smartyの使い方
  3. 実技 (ミニブログ,ショッピングサイト,グルメブログのマッシュアップ)

実サービスの開発で必要なPHPでのDBアクセス,Smartyを用いたロジックと見た目の分離,PEAR::Authを使った認証機能,インストーラースクリプトなど,一通り必要なことが書いてあった。

出版日が2008年と古く,PDOを使ったDB接続でないのが残念だが,フレームワークを使わないPHPの開発方法として,ページ数も250ページ程度と薄く,コンパクトにまとまっていた。

フレームワークを使うと,フレームワークのバージョンアップに付いていくのが難しいという問題があるので,いっそのことフレームワークを使わないのもありに感じている。

ただ,全てを自前で実装するのは時間がかかるので,SmartyやPEARのライブラリーを駆使した開発方法は参考になった。

結論

フレームワークを使わないPHPによるWebサービスの開発方法が書かれている。初級者から中級者になるのにちょうどよい本に感じた。

出版年が古いものの,DBアクセス以外は今でも流用できそうなので,フレームワークに依存しない昔ながらのPHP開発手法の勉強に良いと思った。

書評☆2: 社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい | 「一人会社はおすすめです」のメッセージだけで,肝心の一人会社の事業内容が薄い

概要

  • 書名: 社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい
  • 副題:
  • 著者: 山本 憲明
  • ISBN: 9784756919359
  • 出版: 2017-11-19
  • 読了: 2020-06-09 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/11/

評価

個人事業について考えており,興味を持って読んだ一冊だ。

書名通り,一人会社を勧めていた。たしかに,一人会社はある意味効率はいい。柔軟性はあるし,自由度も大きい。

しかし,一人会社でうまくやっていくには,市場や事業内容が重要となる。つまり,一人でできるビジネスを考える必要がある。本書では,具体例として飲食店,コンサルタント,一人出版社を挙げていた。

ただ,どの事例も内容が薄く,そこまで参考にならなかった。読者にとってはここが一番重要で知りたいところだと思うのだが,一番肝心なところが一番書かれていなかった。ここはとても残念だった。

社長の労働時間をゼロに近づけて,効率を挙げればいいとか,いうだけなら何とでもなることが書かれており,一人会社は効率がいいのでおすすめですとか,それくらいの薄い内容しか書かれていないように感じた。

唯一,税理士である著者の得意分野である資金計画だけ無駄に詳しかったが,事業内容が先で,資金計画は後から何とでもなる。

引用

p. 48: 3 「1人経営」は生産性の向上がしやすい

伊賀泰代さんが書いた『生産性』(ダイヤモンド社) という本が売れました。伊賀さんと同一人物だと言われている、ちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』(ダイヤモンド社) も売れました。

ちきりんというネット上の有名人の正体についての噂が書かれており,初耳だった。

結論

「一人経営はおすすめです」というメッセージだけの本だった。肝心の事業内容について,あまり書かれておらず,口だけの本という感じで,全体的に表面的で薄い内容だった。

読みやすくはあったので,すぐに読み終わったのだが,こんな内容の薄い本をいくら読んでもなんにもならないだろう。

ビジネス書は中身のない本が多いので,読んで意味のある本を見つけたい。

書評☆2: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ | 今は廃れたgaedirectの歴史資料

概要

  • 書名: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ
  • 副題:
  • 著者: 清野 克行
  • 出版: 2012-02-05
  • 読了: 2020-06-03 Wed
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/09/

評価

Web APIの調査中に読んだ一冊だ。

2011-03-11に発生した東日本大震災において,官公庁のWebサイトへのアクセス急増によるサービスの不安定化を受け,クラウドWebサービスを用いたマッシュアップを解説している。

具体的にはgaedirectというGoogleのJava製のシステムを裏で用いて,この上で動作するJavaScriptコードでの解説がメインだった。

gaedirectを使うことでGAE (Google Apps Engine) の機能を全てJavaScriptで使うことができ,言語をJavaScriptに統一できて効率的らしい。

興味を持って軽くgaedirectについて調べてみたが,2013年ころで情報が途切れている。Webにつきものだが,あまり流行らず廃れてしまったのではないかと思った。

書籍自体はgaedirectのAPIを使ったJavaScript (jQuery) のコードがたくさん書かれており,gaedirectの参考書籍としては悪くないと思った。

結論

クラウドWebサービス入門としてgaedirectによるマッシュアップの作成を解説した本だった。

スケールや言語面でクラウドサービスの採用は利点があるが,今回のように流行り廃りがあるという欠点がある。残念ながらgaedirectはそこまで普及しなかったようで,歴史的資料のように感じた。

特定サービスに特化した本の寿命は短いので,そういう意味で内容は悪くないものの題材選びで失敗したいまいちな本だった。

書評☆2: なぜITは社会を変えないのか | 学者向けIT社会論

概要

  • 書名: なぜITは社会を変えないのか
  • 副題:
  • 著者: ジョン・シーリー・ブラウン and ポーツ・ドゥグッド
  • 出版: 2002-03-25
  • 読了: 2020-05-11 Mon
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/05/14/

評価

GUIやマウスなど現在のデジタル機器に欠かせない技術を発明したことで有名なゼロックスのパロアルト研究所 (PARC) の研究者2名によるデジタル情報と個人との本質的な関係について論じた本となっている。

総務省の官僚によるセミナーで本書について言及されており,興味を持って読んだ。

著者の2名が最近の12年間以上に渡って,公の場や私的な場で長時間に渡る対話を整理したものとなっている。

学者同士の対話をまとめただけあって,参考文献はきっちり掲載されている。しかし,本文がいちいち小難しくて,何がいいたいのかかなりわかりにくかった。訳者のあとがきでも翻訳が困難だったとあり,本書の難解さがうかがいしれる。

加えて,日常生活で何か取り入れられそうなものもなく,正直なところ読んでも読まなくても何ら影響がなく,時間の無駄に感じた。

読みはじめてかなり読みにくいなと思ったので,軽く読み流して終わった。

結論

総務省の官僚が引用していたこともあり,期待していたのだが,内容が学術的で難解だったため,一般の人が読むのはしんどいと思った。

情報分野に関する研究者やコンサルタントなど,一部の知識層だけが読めばよく,普通の人は読まなくてもいいと思った。