書評☆3: 俺流amazonの作り方 | 古すぎて書籍の大半の有用性は疑問だが,ASINとISBNの関係は今でも有用

概要

  • 書名: 俺流amazonの作り方
  • 副題: Amazon Webサービス最新活用テクニック
  • 著者: 水野 貴明
  • ISBN: 9784756146755
  • 出版: 2006-03-21
  • 読了: 2020-06-16 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/25/

評価

以前読んだ「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門」で参考文献として引用されており興味を持って読んだ。

書名通り,Amazon Webサービス (PA-API) を活用したWebサイトを構築するために必要な,APIの活用方法を全編を通して解説している。

出版年が2006年と古く,Amazon ECS (Amazon E-Commerce Service) という商品情報にアクセスするWebサービスを使っている。ECSは今ではEC2 Container Serviceの略称で通っており,今でも当時のECSが使えるかどうかわからない。そして,具体的なデータアクセスにはPerlのサンプルコードでXML経由で解説しており,時代を感じさせる。

当時は有益だったかもしれないが,今となってはAmazon側の仕様が大きく変わっている可能性があるので,有用性はいまいちだった。

引用

p.80-86: 特定の商品を調べるには

本書で唯一参考になったと思うのが,こちらの内容だ。こちらでは,Amazonが内部の商品情報の管理に使っているASINと,ISBN,JANコードについて解説しており,仕組みがよくわかった。

p. 250: ECSで何を作ったらいいのか

こちらは本書の締めくくりとして,ECSの活用方法について解説していた。コツとしては以下の3点を挙げていた。

  1. ECSの情報と他の情報を組み合わせる
  2. 特定の利用者にターゲットを絞る
  3. 情報を加工して表示する

特に2番目の特定の利用者にターゲットを絞るというのがわかりやすくて簡単かもしれないと思った。

結論

Amazon Webサービスを活用して自前のWebサービスを開発する際に必要なAPIの活用方法を解説した本だった。

残念ながら,情報が古すぎて活用しにくいことと,そもそもAmazon PA-API自体が今となっては利用条件がやや厳しく使いにくくなってしまったことが,本書の有用性を下げている。

その中では,ASINとISBNに関する情報が参考になった。過去の歴史資料扱いになるだろう。惜しい本だった。

書評☆2: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ | 今は廃れたgaedirectの歴史資料

概要

  • 書名: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ
  • 副題:
  • 著者: 清野 克行
  • 出版: 2012-02-05
  • 読了: 2020-06-03 Wed
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/09/

評価

Web APIの調査中に読んだ一冊だ。

2011-03-11に発生した東日本大震災において,官公庁のWebサイトへのアクセス急増によるサービスの不安定化を受け,クラウドWebサービスを用いたマッシュアップを解説している。

具体的にはgaedirectというGoogleのJava製のシステムを裏で用いて,この上で動作するJavaScriptコードでの解説がメインだった。

gaedirectを使うことでGAE (Google Apps Engine) の機能を全てJavaScriptで使うことができ,言語をJavaScriptに統一できて効率的らしい。

興味を持って軽くgaedirectについて調べてみたが,2013年ころで情報が途切れている。Webにつきものだが,あまり流行らず廃れてしまったのではないかと思った。

書籍自体はgaedirectのAPIを使ったJavaScript (jQuery) のコードがたくさん書かれており,gaedirectの参考書籍としては悪くないと思った。

結論

クラウドWebサービス入門としてgaedirectによるマッシュアップの作成を解説した本だった。

スケールや言語面でクラウドサービスの採用は利点があるが,今回のように流行り廃りがあるという欠点がある。残念ながらgaedirectはそこまで普及しなかったようで,歴史的資料のように感じた。

特定サービスに特化した本の寿命は短いので,そういう意味で内容は悪くないものの題材選びで失敗したいまいちな本だった。

書評☆4: マッシュアップかんたんAtoZ | JavaScript+Google Mapsによる実用的で簡単なマッシュアップ解説

概要

  • 書名: マッシュアップかんたんAtoZ
  • 副題: マッシュアップで作るWeb秘密基地
  • 著者: 本田 正純
  • 出版: 2007-10-01
  • 読了: 2020-04-16 Thu
  • 評価: ☆4
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/04/30/

評価

Web APIの勉強中に読んだ一冊だ。

書名通り,Web APIを活用したマッシュアップサイトの開発方法を解説している。

JavaScript+Google Mapsをベースに,一部PHPを使いながら,書籍全体を通して,釣り人向けのマッシュアップサイトの作成を通して,マッシュアップに必要な技法を学べる本になっている。

間には,ベースのマッシュアップの改造に役立ちそうな外部APIの活用方法も解説している。

JavaScriptのクロスドメイン制限の回避方法など,必要な情報だけを手短にまとめてあってよかった。

JavaScript+Google Mapsに焦点をあてたことで,280ページ程度と手頃な文量で実用的なものになっている。

Google Mapsを使ったマッシュアップ作成時のお手本になると感じた。

結論

かんたんAtoZの書名にある通り,ほぼ一からマッシュアップの開発方法を解説しており,Google Mapsを活用したマッシュアップの入門として良い本だと感じた。

Google Mapsで何か開発したい場合の良い教材になると思った。ただし,Google Maps以外のAmazon PA-APIやPHPでいろいろやりたいという場合には内容があっていないので,他書をあたったほうがよいかもしれない。

書評☆2: MASHUP++ | キワモノマッシュアップはIoTの夢を見るか?

概要

  • 書名: MASHUP++
  • 副題:
  • 著者: さうなまん and 鹿倉, 公維 and 三宅< 涼 and 澤久, 裕昭 and セトウ, ナオ and 原, 央樹 and タナカ, ミノル and 宮下, 剛輔
  • 出版: 2007-04-03
  • 読了: 2020-04-14 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/04/28/

評価

Web APIについて調査中に読んだ1冊だ。

8人の著者による8のマッシュアップを紹介している。8のマッシュアップの紹介後,巻末にGainerという今でいうIoTのためのライブラリーやPlaggerというPerlのモジュール,最後にWeb APIのリファレンスが掲載されている。

マッシュアップの解説本は既に何冊か読んでいる。本書は少々キワモノ揃いだった。

何がキワモノかというと,Flashを使ったものがそれなりにあり,Gainerによる実デバイスとの連携,Movable Typeのアフィリエイトサイト,ゲームなどがあったところだ。

そして,これは少々残念なのだが,Amazon APIもそれなりに使っているのが残念だた。Amazon PA-APIは利用条件が少々難しいAPIからだ。

カラーで見やすく,やや奇想天外のマッシュアップはそんなに悪くはなかったのだが,利便性や実用性が低く,しかもサンプルの配布元が閉鎖しており,肝心要の具体的なソースコードにアクセスできなくなっている。

Gainerを使った今でいうIoTの作品などもあり,先進的な部分もあっただけに,いろいろ惜しかった。

引用

p. 24: Bloggle

ここではさまざまなブログ検索のRSSを一括で表示するBloogleというサービスのマッシュアップを紹介していた。

  • Sample URL //vgzh.dtdns.net/bloogle/
  • Download URL //vgzh.dtdns.net/bloogle/bloogle.zip

URLは残念ながらリンク切れとなっている。

アイデアが面白いと思った。今回はRSSの一括検索だったが,たとえば特定の商品についての複数サイトの一括検索などは便利なサービスになりえるだろう。APIを用意していない普通のECサイトに対してこれができると,難易度は高いかもしれないが,利便性も高いかもしれない。

結論

Web APIを使ったマッシュアップの中で,特にキワモノと思うような作品が紹介されていた。

マッシュアップについて調べていると,書名にマッシュアップとあり,目を引くようなシンプルなデザインの表紙で気になっていた。

中身もデザインに少々凝ったものになっていて,肝心のマッシュアップもキワモノ揃いだった。

サンプルコードをダウンロードできず,難易度の高いもの,利用しにくいAPIのAmazon PA-APIを多用していたり,実用性がイマイチなものもあり全体としてはいまいちだった。

デザインや説明など書籍としては悪くないのだが,中身がいまいちで,マッシュアップの勉強としては,あまり参考にならないので,他をあたったほうが良いと思った。

書評☆3: ポケット詳解 WebAPI辞典 | Web APIの使用方法だけをひたすら列挙した本

概要

  • 書名: ポケット詳解 WebAPI辞典
  • 副題:
  • 著者: 3Dogs
  • 出版: 2012-04-06
  • 読了: 2020-04-10 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/04/21/

評価

Web APIの調査中に読んだ一冊だ。

書名通り,Web APIの辞典となっている。取り扱っているWeb APIは表紙に7大 Web API対応と書かれている以下の7のAPIだ。

  1. Google API (検索,地図,フィード,チャート)
  2. Amazon API
  3. Twitter API
  4. mixi API
  5. Facebook API
  6. YouTube API
  7. Flickr API

APIごとに各機能の使用方法を簡単なサンプルと共にひたすら列挙している。

Google APIだけJavaScriptで,他は全てPHPでのサンプルだったと思う。

本当にひたすらAPIの使用方法だけを列挙されており,無味乾燥で面白みはなかった。最初の数十ページだけながめて後はパラパラと流し読んで終わった。

ある程度自分でAPIを使ってやりたいことがわかっていて,APIの使い方だけ知りたい人向けの本だと思った。

もう少し発展的な内容などがあればよかった。

結論

書名通り,Web APIの使用方法の辞典だった。

Web APIごとの使用方法の網羅性はそれなりに高いと思ったが,ただひたすらにAPIの使用方法を列挙しているだけで面白みに欠ける本だった。

書評☆3: Web API実践リファレンスブック | 46のWeb APIを紹介しているだけの本

概要

  • 書名: Web API実践リファレンスブック
  • 副題:
  • 著者: 加藤 貴之 and 佐久間 勇樹 and 関戸 亮介 and いわさき ゆうだい
  • 出版: 2007-05-31
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/29/

評価

Web APIの勉強中に読んだ1冊だ。

46ものWeb APIを検索系,変換系,認証系,表現系の4の分類に分けて,それぞれのWeb APIの使い方を解説している。

これらの46のWeb APIについて,著者独自の5段階評価を付けており,有用なWeb APIの検討に役に立つ。

ただ,書籍の内容がひたすらWeb APIの解説をしているだけで,既存のマッシュアップ事例を紹介する程度で,発展的な内容はなかった。

Web APIをどう使えば面白いことができるかという点が一番重要なだけに,ある程度自分でアイデアを出せる人,既にマッシュアップを作ったことがあり,新しいAPIを探している人向けの本に感じた。

結論

46もの多数のWeb APIについて,基本的なことだけを解説している本だった。

もう少し発展的な内容があればよかったのだが,正直Web APIを解説しているだけだと物足りなかった。

マッシュアップのアイデアも含めた内容になると,やはり本書でも引用されていた「PHP×Webサービス APIコネクションズ」がよさそうだ。

書評☆3: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド | Web 2.0を説明した読み物

概要

  • 書名: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド
  • 副題:
  • 著者: SE編集部
  • 出版: 2007-06-19
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/26/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

「Web 2.0」のフレーズに焦点をあてて,Web 2.0とは何か,Web 2.0的なものは何か,Web 2.0によるプログラミングはどんな感じかなどを解説していた。

Web APIを使った例やWeb APIをどう使えば面白いことができるかなどのアイデアを探っていたのだが,あまりそういう要素はなく,あくまでWeb 2.0を解説した読み物という感じだった。

内容は悪くなかったが,こちらが期待していたものと異なり,少々表面的な読み物のように感じた。

例えば,Chapter 10のWeb 2.0 Businessなんかもどうやって収益を上げるのかという興味の高い話だったが,内容が薄くてあまり参考にならなかった。

結論

Web 2.0のキーワードに焦点をあてた読み物という感じだった。

内容がもう少し深ければ,いい本になっていただけに,やや表面的な読み物で終わって残念だった。

全体を軽く知るのには悪くはなかった。

書評☆2: ずばりわかる! Webプログラミング2.0 | PerlがメインのWeb APIの解説は中途半端

概要

  • 書名: ずばりわかる! Webプログラミング2.0
  • 副題:
  • 著者: 日経ソフトウエア
  • 出版: 2007-05-20
  • 読了: 2020-03-10 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/24/

評価

Web APIの学習中に読んだ1冊だ。

日経ソフトウェア2006年7月号から2007年4月号に連載された記事を抜粋して編集されている。

Web APIを活用したマッシュアップサイトの開発について説明されている。PerlやRuby on Railsを使ったサンプルの解説となっている。

ただし,内容がけっこう凝っており,初心者が読むにはハードルが少々高い。かといって,Perlによるサンプルがけっこうな量を占めており,今からPerlかと少々モチベーションがさがった。

MVCについても言及されているが,具体的なところの説明がなく,これだけでは何の理解にもならない。

全体的に中途半端だった。

結論

Web APIの学習教材としてあたったのだが,内容が凝っている割に,サンプルがPerlだったり説明が足りなかったりして,少々いまいちだった

雑誌の連載をまとめた本はいまいちなことが多いので,気をつけたいと思った。

書評☆4: アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門 | 基本文法は学習したPHP初級者向けの簡単マッシュアップ

概要

  • 書名: アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門
  • 副題:
  • 著者: 脇村 隆
  • 出版日: 2011-05-28
  • 読了日: 2020-03-03 Tue
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/17/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

WebサービスAPI勉強会」での活用内容を元に,Web APIを活用したアフィリエイトサイトの作り方を解説している。

Web APIとしては以下APIなどが取り扱われていた。

  • 楽天トラベル
  • Google Maps
  • リンクシェア
  • Yahoo! 関連検索ワードAPI

本書の特徴は内容が易しいところだろう。小難しいことは書かれておらず,平易な文体でできる限り簡単に解説している。ただし,PHPの基本文法の理解を前提としている。ここは賛否が分かれると思うが,個人的にはWeb APIの本質に集中できてよかった。

250ページ程度の内容でポイントを絞って,説明されていてよかった。

書籍ではPHPとJavaScriptを扱っており,前半でWeb APIに関連するPHPの基本を解説し,後半でWeb APIの使い方,マッシュアップサイトの構築演習を解説していた。

構築演習もトラベル系サイトとリンクシェアショッピングと,ポイントを絞って,できるだけシンプルな形のものだったので,これなら頑張れば自分でもできそうだと思った。

引用

p. 007: 参考書籍

PHP+MySQL系

  • つくって覚えるPHP入門
  • ノン・プログラマのためのPHP入門10日間コース
  • 速効!図解プログラミングPHP+MySQL
  • PHP 逆引きレシピ

PHP+API系

  • PHP×WebサービスAPIコネクションズ
  • 俺流amazonの作り方
  • Web2.0 プログラマー図API & マッシュアップメソッド
  • マッシュアップかんたんAtoZ

サイト

筆者が参考にした書籍やサイトが紹介されていた。この中では,PHP×WebサービスAPIコネクションズは過去に読んでおり,自分も参考になると感じた。

他のAPI関係の本も読んでみたいと思った。

p. 010: サンプルファイル

サンプルファイルは [//web-service-api.jp/?page_id=428] からダウンロードできる。

p. 222: 勉強会事例紹介

勉強会で実際に作られた33のマッシュアップサイトが紹介されていた。マッシュアップではアイデアが重要なので,どちらかというこちらが参考になった。

結論

PHPの基本文法は理解できた初級者向けにWeb APIのマッシュアップサイトの作成方法を解説していた。

書籍全体のレイアウトも読みやすく,内容も多すぎず複雑でなく,悪くなかった。代わりに扱っているWeb APIが少なく,解説がやや物足りなく感じた。

ただ,詳しい内容は本書の目的と外れるので,詳しい内容が必要な人は,発展的内容として参考書籍に挙げられていた本をあたるのが良いと思った。

書評☆4: Google Android WebAPIプログラミング入門 | 2020年でも類書不在のWeb APIを活用した実用的なAndroidアプリ開発指南

概要

  • 書名: Google Android WebAPIプログラミング入門
  • 副題:
  • 著者: 横山 隆司
  • 出版日: 2011-04-01
  • 読了日: 2020-03-05 Thu
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/15/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

Androidアプリ上でWeb APIを使う方法を解説している。本書内では以下のWeb APIを使っていた。

  • Google Chart API
  • Social Feedback (GREE)
  • じゃらんWebサービス
  • HeartRails Express
  • YouTube Data API
  • Twitter4j
  • Facebook SDK
  • Admob SDK

Androidの入門書を読み終えて,次のステップとして何かアプリを作る人を対象に書かれている。そのため,基本的な内容は省略されており,内容もややレベルが高い。

ただし,その分実際のアプリ開発の部分に内容が集中されていてよかった。実コードの掲載が多く,内容を理解するにはある程度の知識が必要だ。

Web APIを使うAndroidアプリは実用的なものになるので,着眼点としてよかった。

出版が2011年と古くなっているのだが,基本的な作りは変わらないと思うのと,意外なことにWeb APIをあつかったAndroidの本は他にあまり出版されていない。

そういう意味でこの本は貴重だと感じた。

結論

Web APIの教材としてAndrodでのWeb APIの活用例が書かれていた。

内容が中級者向けとなっており,やや難易度が高い。ただし,その分実用的なアプリ開発例が紹介されており,Androidの次の学習として,なぞるだけでもよい勉強になると思った。

意外なことに,2020年の今でもAndroidでWeb APIを取り扱ったよさそうな本が他に見つからなかったので,2011年と出版が古いものの今でも十分価値があるように感じた。

手元においてWeb APIを活用したAndroidアプリ開発の参考にしたいと思った。