書評☆3: Web API実践リファレンスブック | 46のWeb APIを紹介しているだけの本

概要

  • 書名: Web API実践リファレンスブック
  • 副題:
  • 著者: 加藤 貴之 and 佐久間 勇樹 and 関戸 亮介 and いわさき ゆうだい
  • 出版: 2007-05-31
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/29/

評価

Web APIの勉強中に読んだ1冊だ。

46ものWeb APIを検索系,変換系,認証系,表現系の4の分類に分けて,それぞれのWeb APIの使い方を解説している。

これらの46のWeb APIについて,著者独自の5段階評価を付けており,有用なWeb APIの検討に役に立つ。

ただ,書籍の内容がひたすらWeb APIの解説をしているだけで,既存のマッシュアップ事例を紹介する程度で,発展的な内容はなかった。

Web APIをどう使えば面白いことができるかという点が一番重要なだけに,ある程度自分でアイデアを出せる人,既にマッシュアップを作ったことがあり,新しいAPIを探している人向けの本に感じた。

結論

46もの多数のWeb APIについて,基本的なことだけを解説している本だった。

もう少し発展的な内容があればよかったのだが,正直Web APIを解説しているだけだと物足りなかった。

マッシュアップのアイデアも含めた内容になると,やはり本書でも引用されていた「PHP×Webサービス APIコネクションズ」がよさそうだ。

書評☆3: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド | Web 2.0を説明した読み物

概要

  • 書名: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド
  • 副題:
  • 著者: SE編集部
  • 出版: 2007-06-19
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/26/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

「Web 2.0」のフレーズに焦点をあてて,Web 2.0とは何か,Web 2.0的なものは何か,Web 2.0によるプログラミングはどんな感じかなどを解説していた。

Web APIを使った例やWeb APIをどう使えば面白いことができるかなどのアイデアを探っていたのだが,あまりそういう要素はなく,あくまでWeb 2.0を解説した読み物という感じだった。

内容は悪くなかったが,こちらが期待していたものと異なり,少々表面的な読み物のように感じた。

例えば,Chapter 10のWeb 2.0 Businessなんかもどうやって収益を上げるのかという興味の高い話だったが,内容が薄くてあまり参考にならなかった。

結論

Web 2.0のキーワードに焦点をあてた読み物という感じだった。

内容がもう少し深ければ,いい本になっていただけに,やや表面的な読み物で終わって残念だった。

全体を軽く知るのには悪くはなかった。

書評☆2: ずばりわかる! Webプログラミング2.0 | PerlがメインのWeb APIの解説は中途半端

概要

  • 書名: ずばりわかる! Webプログラミング2.0
  • 副題:
  • 著者: 日経ソフトウエア
  • 出版: 2007-05-20
  • 読了: 2020-03-10 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/24/

評価

Web APIの学習中に読んだ1冊だ。

日経ソフトウェア2006年7月号から2007年4月号に連載された記事を抜粋して編集されている。

Web APIを活用したマッシュアップサイトの開発について説明されている。PerlやRuby on Railsを使ったサンプルの解説となっている。

ただし,内容がけっこう凝っており,初心者が読むにはハードルが少々高い。かといって,Perlによるサンプルがけっこうな量を占めており,今からPerlかと少々モチベーションがさがった。

MVCについても言及されているが,具体的なところの説明がなく,これだけでは何の理解にもならない。

全体的に中途半端だった。

結論

Web APIの学習教材としてあたったのだが,内容が凝っている割に,サンプルがPerlだったり説明が足りなかったりして,少々いまいちだった

雑誌の連載をまとめた本はいまいちなことが多いので,気をつけたいと思った。

書評☆4: アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門 | 基本文法は学習したPHP初級者向けの簡単マッシュアップ

概要

  • 書名: アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門
  • 副題:
  • 著者: 脇村 隆
  • 出版日: 2011-05-28
  • 読了日: 2020-03-03 Tue
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/17/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

WebサービスAPI勉強会」での活用内容を元に,Web APIを活用したアフィリエイトサイトの作り方を解説している。

Web APIとしては以下APIなどが取り扱われていた。

  • 楽天トラベル
  • Google Maps
  • リンクシェア
  • Yahoo! 関連検索ワードAPI

本書の特徴は内容が易しいところだろう。小難しいことは書かれておらず,平易な文体でできる限り簡単に解説している。ただし,PHPの基本文法の理解を前提としている。ここは賛否が分かれると思うが,個人的にはWeb APIの本質に集中できてよかった。

250ページ程度の内容でポイントを絞って,説明されていてよかった。

書籍ではPHPとJavaScriptを扱っており,前半でWeb APIに関連するPHPの基本を解説し,後半でWeb APIの使い方,マッシュアップサイトの構築演習を解説していた。

構築演習もトラベル系サイトとリンクシェアショッピングと,ポイントを絞って,できるだけシンプルな形のものだったので,これなら頑張れば自分でもできそうだと思った。

引用

p. 007: 参考書籍

PHP+MySQL系

  • つくって覚えるPHP入門
  • ノン・プログラマのためのPHP入門10日間コース
  • 速効!図解プログラミングPHP+MySQL
  • PHP 逆引きレシピ

PHP+API系

  • PHP×WebサービスAPIコネクションズ
  • 俺流amazonの作り方
  • Web2.0 プログラマー図API & マッシュアップメソッド
  • マッシュアップかんたんAtoZ

サイト

筆者が参考にした書籍やサイトが紹介されていた。この中では,PHP×WebサービスAPIコネクションズは過去に読んでおり,自分も参考になると感じた。

他のAPI関係の本も読んでみたいと思った。

p. 010: サンプルファイル

サンプルファイルは [//web-service-api.jp/?page_id=428] からダウンロードできる。

p. 222: 勉強会事例紹介

勉強会で実際に作られた33のマッシュアップサイトが紹介されていた。マッシュアップではアイデアが重要なので,どちらかというこちらが参考になった。

結論

PHPの基本文法は理解できた初級者向けにWeb APIのマッシュアップサイトの作成方法を解説していた。

書籍全体のレイアウトも読みやすく,内容も多すぎず複雑でなく,悪くなかった。代わりに扱っているWeb APIが少なく,解説がやや物足りなく感じた。

ただ,詳しい内容は本書の目的と外れるので,詳しい内容が必要な人は,発展的内容として参考書籍に挙げられていた本をあたるのが良いと思った。

書評☆4: Google Android WebAPIプログラミング入門 | 2020年でも類書不在のWeb APIを活用した実用的なAndroidアプリ開発指南

概要

  • 書名: Google Android WebAPIプログラミング入門
  • 副題:
  • 著者: 横山 隆司
  • 出版日: 2011-04-01
  • 読了日: 2020-03-05 Thu
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/15/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

Androidアプリ上でWeb APIを使う方法を解説している。本書内では以下のWeb APIを使っていた。

  • Google Chart API
  • Social Feedback (GREE)
  • じゃらんWebサービス
  • HeartRails Express
  • YouTube Data API
  • Twitter4j
  • Facebook SDK
  • Admob SDK

Androidの入門書を読み終えて,次のステップとして何かアプリを作る人を対象に書かれている。そのため,基本的な内容は省略されており,内容もややレベルが高い。

ただし,その分実際のアプリ開発の部分に内容が集中されていてよかった。実コードの掲載が多く,内容を理解するにはある程度の知識が必要だ。

Web APIを使うAndroidアプリは実用的なものになるので,着眼点としてよかった。

出版が2011年と古くなっているのだが,基本的な作りは変わらないと思うのと,意外なことにWeb APIをあつかったAndroidの本は他にあまり出版されていない。

そういう意味でこの本は貴重だと感じた。

結論

Web APIの教材としてAndrodでのWeb APIの活用例が書かれていた。

内容が中級者向けとなっており,やや難易度が高い。ただし,その分実用的なアプリ開発例が紹介されており,Androidの次の学習として,なぞるだけでもよい勉強になると思った。

意外なことに,2020年の今でもAndroidでWeb APIを取り扱ったよさそうな本が他に見つからなかったので,2011年と出版が古いものの今でも十分価値があるように感じた。

手元においてWeb APIを活用したAndroidアプリ開発の参考にしたいと思った。

書評☆3: 公開API活用ガイド | 多数のWeb APIを手短に解説

概要

  • 書名: 公開API活用ガイド
  • 副題:
  • 著者: ZAPA
  • 出版日: 2010-08-05
  • 読了日: 2020-02-28 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/12/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

書名通り,公開されているWeb APIの活用方法 (マッシュアップ) が書かれている。

具体的に取り扱っているのは以下のWeb APIだ。

  • Google AJAX Feed
  • HeartRails Capture
  • Simple API (ウェブサイトサムネイル作成API, 最寄駅Webサービス,Wikipedia API)
  • Flickr
  • 楽天
  • Amazon PA-API
  • Yahoo! デベロッパーネットワーク (テキスト解析ルビ振りAPI, かな漢字変換API, コンテンツマッチアイテムWeb API)
  • Yahoo! Open Local Platform (スタティックマップAPI, ジオコーダーAPI, JavaScriptマップAPI)
  • Google Maps API (Version 3)
  • Twitter API
  • 日テレアプリのWeb API
  • JSChart WebサービスAPI
  • 間違い.net API
  • livedoorグルメAPI

基本的にPHPで一部JavaScriptでサンプルコードが掲載されている。APIの解説とサンプルコードの説明がひたすらAPIごとに掲載されている。

著者のサイトで公開API提供サイトのリンク集が公開されているので,こちらも参考になる。

以前書評を付けた「書評☆4: PHP×WebサービスAPIコネクションズ | 26もの大量のWeb APIの紹介と考察はアイデアとして今でも有効
」と比べると,扱っているAPIに違いはあれど,量と応用部分の有無から,基本的に下位互換のように感じてしまった。

こちらのほうがシンプルという利点はあるのだが。

結論

公開APIの活用方法を解説していた。いろんなWeb APIをまとめており,参考になった。

ただし,「PHP×WebサービスAPIコネクションズ」のほうが情報が詳しい。

著者のサイトを眺めて,興味を持てば本書も読む感じで良いと思った。

書評☆3: Webアプリケーション構築入門(第2版) | 青山学院大学の教科書をもとにしたWebアプリケーションの基礎本

概要

  • 書名: Webアプリケーション構築入門(第2版)
  • 副題: 実践! Webページ制作からマッシュアップまで
  • 著者: 矢吹 太朗
  • 出版日: 2011-04-20
  • 読了日: 2020-03-03 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/10/

評価

Web APIについて勉強しているときに読んだ本の1冊だ。

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科3年次演習科目「情報テクノロジー実験Ⅰ」の教科書を元に作られたWebアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成を目標とされている。

内容は,HTML, JavaScript, MySQL, Java, PHPを使ったWebアプリケーション開発となっている。

Twitter APIやGoogle Maps APIなどを使った例もあり,200ページの薄い内容に詰め込まれている。ところどころ発展的な内容はその分説明が省略されている。

中途半端にJavaを使わずにPHPで通せばよかったのではないかと思った。2011年出版で使われているソフトのバージョンは古くなってしまったが,内容自体は今でも有効に感じた。

Webアプリケーション開発の最初の1冊として使うのにはありに感じた。

結論

Webアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成が目標なだけあり,Webアプリケーション開発に必要な全体的な内容が書かれている。

200ページの厚さによくこれだけコンパクトに詰め込んだなとやや感心した。同じ内容でバージョンを新しくしたものがあれば,今でもWebアプリケーション開発の入門としていい本になるだろうと思った。

Web APIについて調べていて読んだが,Web APIの解説はそこまで無いため,あくまでWebアプリケーション開発の入門書として参考にするのがいい。

書評☆3: ”ソーシャル”なサイト構築のためのWeb API コーディング | SNSに重点をおいたWeb APIのマッシュアップ解説

概要

  • 書名: ”ソーシャル”なサイト構築のためのWeb API コーディング
  • 副題: Twitter・Facebook・YouTube・Ustream
  • 著者: MdN編集部
  • 出版日: 2011-05-01
  • 読了日: 2020-02-20 Thu
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/05/

評価

Web APIについて調査中に読んだ1冊だ。

書名通り,ソーシャルなサイト構築をメインテーマにしており,TwitterやFacebook,TunblrなどSNS系のWebサービスをメインにAPIの解説と,実践例が書かれていた。

具体的には以下の7のWeb APIを主に取り扱っていた。

  1. Twitter API
  2. Facebook API
  3. YouTube API
  4. Ustream API
  5. Google Maps API
  6. Amazon Product Advertising API
  7. Flicker API

書籍の構成としては,前半で上記7のAPIの基本説明と簡易リファレンスガイドを掲載し,後半で前半で取り扱ったAPI+αでTumblrやPicasa,mixi, Twitpicなどを交えたマッシュアップの開発例を解説していた。

実践例は,以下の9項目だった。

  1. Facebookを利用したサイト内ブックマーク
  2. Twitter APIを利用したキャンペーン管理アプリ
  3. Google Mapsの大量マーカーをまとめる
  4. 特定の位置周辺のつぶやきを取得して表示する
  5. Tumblr, Facebook, Picasaを利用したソーシャルなトップページ
  6. Google Maps上にUstream映像を表示
  7. 「mixiでログイン」ボタンを設置してOpenIDで認証を行う
  8. 複数の場所にある情報を検索する
  9. Twitpicに投稿された画像を表示する

サンプルデータは [http://www.MdN.co.jp/di/book/6139/] で公開されている。

2011年出版であり,前半のAPI紹介はAPIのバージョンアップなどで通用しない可能性が高い。ただ,後半の実践例の部分はアイデアとその実装パターンが参考になった。

結論

SNSにやや重点をおいたWeb APIの解説書だった。

2011年出版とやや古く,前半のAPI解説は今ではあまり通用しない可能性が高い。

実際にマッシュアップを作る場合は,アイデアが重要になる。そういう意味で,後半の開発例はアイデアの貴重な資料だった。

書評☆4: PHP×WebサービスAPIコネクションズ | 26もの大量のWeb APIの紹介と考察はアイデアとして今でも有効

概要

  • 書名: PHP×WebサービスAPIコネクションズ
  • 副題:
  • 著者: 秋元 裕樹
  • 出版日: 2006-11-30
  • 読了日: 2020-02-19 Wed
  • 評価: ☆4
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/03/01/

評価

Web APIについての調査中に読んだ1冊だ。

26ものWeb APIの紹介とPHP 5による使用例,そのWeb APIを使ったサイトや応用例の考察,さらにこれらのWeb APIを組み合わせたマッシュアップの実例を解説している。

全編PHP 5+PEARライブラリーという構成で実例は書かれている。

2006年出版でPHP5でのWeb APIの実例と,ここまでであれば過去に読んだ「Web API マッシュアップブック」と類似している。

ただし,情報の量と質が段違いだと感じた。例えば,Web API マッシュアップブックは7のWeb APIしか紹介していなかったが,本書は収録されているWeb APIは26と数が単純に多い。そして,その一つ一つにそのWeb APIを使ったサービスと応用例の考察がある。情報の量と質が違った。

26ものWeb APIに対して,使い方と実例コードを掲載しながら,利用サービス,応用例を考えるというのだけでも相当な労力がかかるだろう。おそらく,著者のブログ「秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ | akky’s work blog」でも公開されている内容や作業メモ,後述するProgrammable Webを参考にしたとは思う。それでもこの量を1冊の本にまとめたのはすごいと感じた。

個人的には,実際のWeb APIの利用サービスと応用例というアイデアの部分だけでも読む価値があると思った。Webサービスの価値は,最終的には技術というよりはアイデア勝負になるところが多いからだ。

そういう意味で,技術的なところは時間と共に古くなるが,アイデアの部分は古くならず,本書は未だに価値があると感じた。

引用

p. 13: COLUMN | WebサービスAPIの総合サイトProgrammable Web

Programmable WebというWebサービスAPIやその応用を収集・公開しているサイトを紹介していた。

このようなサイトを知らなかったので,参考になった。たぶん,本書の応用例のWebサービスや本書内で紹介しているWeb APIもここから持ってきているのではないかと思った。

結論

26ものWeb APIの紹介とその考察がまとめられた本だった。

実際にWeb APIを使ったマッシュアップの開発というのは,2020年の今でも未だに有効な方法だ。ただし,何をどう組み合わせるかというサービスの肝の考案が未だにネックになる。

2006年に出版されており,当時のWeb APIとPHP 5での解説のため,技術的にはあまり通用しない部分があるだろう。ただし,本書内で展開されたWeb APIの利用例と応用例の考察は,時間が経過しても色あせず,未だにアイデアの参考になると感じた。

古い本だが手元に保持しておきたいと思えるいい本だった。

書評☆3: 初めてのGraphQL | 貴族のための効率的な最新Web API

概要

  • 書名: 初めてのGraphQL
  • 副題: Webサービスを作って学ぶ新世代API
  • 著者: Eve Porcello and Alex Banks
  • 出版日: 2019-11-11
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/25/

評価

Web APIについて調べている際に読んだ1冊だ。

REST APIよりも効率的な新しいWeb API方式のGraphQLについて書かれている。

最初にREST APIの欠点とGraphQLの利点について説明した後,基本的な概念をグラフ理論を元に説明し,実際にGraphQLのサーバーとクライアントをJavaScriptで開発するところまで説明している。

GraphQLがどういうものかというところを手短に具体的に書いてあり,悪くはなかった。

ただ,GraphQLはまだそこまで普及しておらず,現時点で使う人は貴族だろう。

効率的で利点があるのはわかったが,周りが使うかというのはまた別の話だ。

そういう意味で,自身の社会的身分に余裕がある貴族向けの内容だった。

結論

GraphQLというものがどういうものかを知るには悪くない本だった。

実際にGraphQLを使って何かする際にまた読みたいと思った。

現時点ではまだあまり必要に思わなかったので,軽く読み流して終わった。