書評☆3: 簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版 | 試験範囲を網羅しており,淡白だが無難な1冊

概要

  • 書名: 簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版
  • 副題:
  • 著者: よせだ あつこ
  • 出版日: 2019-02-20
  • 読了日: 2019-11-01 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/16/

評価

日商簿記3級の対策テキスト&問題集となっている。

犬のパブロフとお兄さんとの4コマ漫画を交えながら簿記に必要な知識を解説している。

日商簿記3級の範囲をひとまず網羅しており,教材としては使えなくはない。問題は章ごとに章末に掲載されている。模擬試験問題などはないので,章の内容度理解に役立てる使い方になるだろう。

実際に,「簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版」と「改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級」を併用して,東京・日本商工会議所の2019-11-17 Sunの第153回試験を受験して合格できた。

ただ,個人的にはややいまいちだった。その理由は以下の3点だ。

  1. 漫画が淡白。
  2. 決算整理の説明が不十分。
  3. 問題不足。

1点目の漫画が淡白なところは好みの問題もあるかもしれない。せっかく漫画を取り入れているのに,内容がただひたすら機械的に説明されている印象があって,読んでいてあまり面白みがなかった。

そして教材としては2点目がいまいちだった。日商簿記の試験では,決算整理時の仕訳がけっこう重要だ。しかし,本書では個別の勘定科目の解説時に決算整理時の仕訳が書かれており,決算整理時の仕訳をまとめて確認できなかった。これが理解する上でけっこうやっかいで,この点は「改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級」でカバーした。

3点目の問題不足だが,付属している問題はあくまで内容理解のものだった。もちろん試験対策にはなるが,量がけっこう多く,実際の過去問題集に即してはいなさそうだった。やはり,別で問題集を入手して勉強したほうが効率的にに感じた。

結論

人気のシリーズのようで,実際悪くはないと感じた。

ただ,漫画のテイストや内容がやや自分には合わなかった。次回2級受験時の教材を選ぶときは他を当たるだろう。ただし,PDFで販売されているのは本書のシリーズくらいしかないので,急いでいるときはまた買うかもしれない。

TACや大原のような専門学校の出版物を当たるのがよいのかもしれない。

書評☆3: 改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級 | 試験範囲は網羅できているが解説とマンガの物語が消化不良

概要

  • 書名: 改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級
  • 副題:
  • 著者: 前田 信弘 and 絶牙
  • 出版日: 2016-04-10
  • 読了日: 2019-11-01 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/15/

評価

日商簿記検定試験3級の解説本となっている。

本書の特徴は,マンガ仕立てで試験範囲を解説しており,比較的気軽に学べるところだろう。

実際に,本書と簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版を併用して,東京・日本商工会議所の2019-11-17 Sunの第153回試験を受験して合格できた。

内容は試験範囲全体を扱えてはいる。決算整理のところなどはよかったのだが,試験でウェイトの高い試算表の解説がやや物足りなく感じた。

その他,マンガの物語が,中途半端なところで終わってしまった感があり,なんだかもやもやした。

Google Playの電子書籍で割引券を使って安く購入できたので,2017年か2018年のお正月に購入した。Google Playの電子書籍は表示がもたつきいまいちだった。

本書だけでは試験対策としては不十分であり,問題演習や,他書が欲しく感じた。

結論

日商簿記3級のマンガ仕立ての教材となっていた。マンガで解説されており,比較的気軽に学ぶことはできた。

しかし,Google Playの電子書籍の扱いや,内容自体がややいまいちな感じがあり,試験対策としては不十分に感じた。

かといって,簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版もややいまいちだったので,何か他によい教材に巡りあえればよかったなと試験が終わってから感じた。

なお,2019-02-28に改訂2版が出版されている。

こちらで改善されていることを願う。

書評☆4 徹底攻略PHP7技術者認定[初級]試験問題集 | PHP7技術者認定初級試験の公式かつ唯一の問題集

概要

  • 書名: 徹底攻略PHP7技術者認定[初級]試験問題集
  • 副題:
  • 著者: 内山 祥恵 and 棚橋 英之
  • 出版日: 2019-07-21
  • 読了日: 2019-08-16 Fri
  • 評価: ☆4
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/10/25/

評価

受験報告をブログで公開している。

PHPの試験が移行期間であることを全く知らず,直前のPHP5の試験問題集を購入し,2019年4月末の受験直前までこちらで勉強していた。どうせ受験するならば,PHP7の試験を受験したいと思っていたが,PHPは無経験の言語であり,若干自信がなかったので問題集の発売を待っていた。

発売後1週間ほど経って本書を入手し,そこから勉強を再開した。問題集を1週し,7-8割マークできていたので,間違えたところだけ2週目で見直して,2019-08-17 Satに受験し合格できた。

問題集は全14章となっているが,この内10章がPHP5の試験問題集とほぼ同一の内容となっていた。肝心の最後の3-4章ほどで,PHP7試験の新規試験範囲であるComposer,cURL,Swift Mailer,コマンドラインPHP,テスト・デバッグ,フレームワークといった情報を取り扱っていた。

問題集がPHP5と内容・構成がだいたい同じだったので,わざわざ書い直したのがもったいなく感じた。しかし,合格基準が7割であり,新しい試験範囲が丁度2-3割だったため,確実に合格したければ,やはりこの問題集を購入したほうがいいと感じた。

結論

2019-05-07から開始されたPHP7技術者認定初級試験の公式かつ唯一の問題集だった。

試験内容がPHP5と7割程度は同じであるため,PHP5の試験問題集も役に立つ部分は多い。

ただし,新しく盛り込まれた部分が2-3割あるため,確実に合格したければ,本書を購入して勉強したほうがいいだろう。

書評☆4 徹底攻略 PHP5技術者認定[初級]試験 問題集 | 唯一のPHP5技術者認定初級試験の公式問題集で8-9割正答できれば合格は目前

概要

  • 書名: 徹底攻略 PHP5技術者認定[初級]試験 問題集
  • 副題: [PJ0-100]対応
  • 著者: 内山 祥恵 and 棚橋 英之 and 株式会社マルチメディアスクール・ウェーヴ
  • 出版日: 2012-09-21
  • 読了日: 2019-04-22 Mon
  • 評価: ☆4
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/10/24/

評価

Webの開発技術を学ぶために,Webの黎明期から現在まで実務の第一線で活躍しているPHPを学ぼうと思い,PHP5技術者認定初級試験の試験対策として購入した。

受験報告をブログで公開している。

購入時期は,2018年半ばで,実際に勉強を初めたのは2018年11月頃から断続的になっている。間に別の用事が挟まったため,試験勉強を中断し,2019年4月末の受験を目標に,4月から勉強を再開した。が,ちょうど試験がPHP7に移行するということで,PHP5の試験勉強は中断し,PHP7の問題集を購入して2019-08-17 Satに受験することにした。

結局,該当試験を受験しなかったのだが,後継のPHP7技術者認定初級試験のベースはPHP5と同じであり,言語の基本的な部分や問題集の7-8割は内容が同じだった。

PHP5技術者認定初級試験の公式問題集としては唯一の書籍となっているため,確実に合格をしたければ購入したほうがよいだろう。

試験は7割の正答が合格基準であるため,PHP7の受験の感覚としては,この問題集の全問題で8-9割の正答率を正答できれば,十分合格可能だと感じた。問題集とほぼ同一の問題も多数出題されており,しっかりと問題演習をこなしておけば万全だろう。

教材としては,そこまでページ数が多くなく,1個1個の解説も断片的であるため,PHP未経験者がこの問題集だけで合格するのはやや難しいと感じた。PHPは公式マニュアルが充実しているため,問題集で不明な部分を公式マニュアルで補っていく勉強方法でも問題ないと感じた。

結論

PHP5技術者認定初級試験の唯一の問題集となっている。この問題集をしっかりこなして8-9割正答できれば,合格は目前だ。

教材としては,解説の詳しさ・ボリュームがやや物足りなかったので,☆4の評価となっている。

書評☆4 徹底攻略UMLモデリング技能認定試験問題集 L1(T1/T2) 対応 | 巻末の総仕上げ問題で80 %正答できれば合格も可能なUMTP L1の問題集

概要

UMLモデリング技能認定試験 (UMTP) L1の問題集となっている。

2019-06-30 Sun時点で,L1試験の問題集はこの本と「[改訂版] UMLモデリング技能認定試験<入門レベル(L1)>問題集 -UML2.0対応」の2冊が出版されている。

一般的な問題集といった感じで,試験問題全体をカバーできている。全問題の80 %と,巻末の総仕上げ問題で80 %を正答できれば,試験にも合格できるだろうと思われる。

実際に,受験報告「UMLモデリング技能認定検定L1受験報告 | 設計に必要なUMLモデリングの基礎は技術者として必要」に記載したように,この問題集を使って1か月ほど勉強して合格基準80 %のところ,86 %の正答で合格できた。

この問題集の解説はそこまで詳しくないので,UML入門者の場合,問題集の他に教科書も必須だ。自分の場合は,教科書に「はじめて学ぶUML 第2版」を使った。

L1の試験は実質的に,L1-T2のみであるため,最短合格を目指すならば,T2部分のみ勉強すればよいだろう。ただし,自分の場合はこのことをよく知らなかったことと,単にUMLの勉強がしたかったので,T1部分も勉強した。

結論

UMLモデリング技能認定試験 (UMTP) L1の問題集だった。解説が少ないので,UML入門者の場合,学習用に教科書の併用が必須に思う。

本書の問題の80 %を正答できるようになれば,合格は目前だろう。

問題集の性質上,もう一冊の「[改訂版] UMLモデリング技能認定試験<入門レベル(L1)>問題集 -UML2.0対応」とも対して効果は違いがないと思うので,入手しやすい方を使って試験勉強するのが良いだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/08/21/

書評☆3 OSS教科書 OSS-DB Silver | 試験対策の教科書として使えなくはないが,内容の網羅性・詳細性が不十分

概要

OSS-DB Silverの教科書となっている。OSS-DB Silverを主催しているLPI-Japanからの認定教材の一つとなっている。認定教材の名前の通り,試験の出題範囲に沿った解説がなされている。

節の末尾には理解度チェックのための問題が付属し,巻末にも模擬試験が付属している。

書籍の冒頭で,試験後にリファレンスとしても活用されることを念頭に置いていると記載があったので,期待していた。

しかし,試験後のリファレンスとして使うには,やや内容の網羅性が不足していた。OSS-DB Silverの受験勉強としては,本書の他に「徹底攻略 OSS-DB Silver問題集」を使った。こちらの問題集で問われた内容が,本書で解説されていなかったからだ。具体的には,関数の部分とラージオブジェクトについての記述がなかった。その他にも,細かいことがあまり書かれていない印象を持った。

そのほか,受験報告は「OSS-DB Exam Silver受験報告」にも記載している。

今回の受験では,教材を吟味しなかったのでしかたなく本書と問題集を使った。もしまた受験するならば,参考書としては他の教材をあたるだろう。

結論

OSS-DB Silverの受験対策の教材として,使えなくはないのだが,内容の網羅性・詳細さが物足りなかった。

OSS-DB Silverの教材を十分に吟味しなかったので,他にどの本がよいかはわからないが,個人的にはできれば他の本をあたったほうがいいように感じた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/11/17/

書評☆4 徹底攻略 OSS-DB Silver問題集 | ページ数は約250ページと薄いが,この問題集で80 %正答できれば合格は目前

概要

PostgreSQLの知識を主に問われるOSS-DB Exam Silverの問題集となっている。

OSS-DB Silverの問題集は,現状この本しかないので,受験する場合,ほぼ必須だと思われる。

ページ数は約250ページであり,問題の解説の詳しさはやや物足りない。そのため,この本以外にPostgreSQLの教科書や参考書がないときついだろう。逆に,問題の解説がもっと充実していれば,他の教科書や参考書がなくても,本書1冊だけで試験対策は十分だった可能性が高い。

OSS-DB Silverの教科書としては,「OSS教科書 OSS-DB Silver」がある。しかし,例えば関数やラージオブジェクトなど,この問題集で問われる内容で,こちらの教科書で解説されていない項目があったりする。長期的にリファレンスとしても活用する場合,PostgreSQLの他の書籍を教科書として参考にしたほうがいいだろう。

この問題集で80 %の正答率をマークできれば,試験の合格は目前と思っていい。試験ではこの問題集で問われるようなレベル感の問題が多数出題されていたからだ。

OSS-DB Exam Silver受験報告」に受験報告を記載した通り,本書と「OSS教科書 OSS-DB Silver」を教材として使用し,約1.5か月で合格できた。

結論

OSS-DB Silverの受験対策問題集としては,現状本書は唯一無二の存在だ。

問題集のボリュームとしては約250ページと厚さは多くはない。しかし,問題の内容は実試験と同じレベル感であり,この問題集で80 %の正答率を取得できれば,OSS-DB Silver合格は目前だ。

OSS-DB Silverの受験対策としてとても役に立った。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/11/16/

書評☆5 Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応 | 解説が充実しており,LPIC-2はこの1冊だけで合格可能

概要

Linuxの技術者の技術者認定資格試験であるLPIC-2の問題集となっている。

LPIC-2は201と202の2科目あり,この問題集はその両方に対応している。2018-08時点での最新バージョンであるVersion 4.5にも対応している。

LPIC 201と202の受験報告は以下にも記している。

LPIC-2の試験では,サーバーに関する内容が多く問われ,日常でLinuxを使っているだけだとまず使わない機能の知識が要求される。実務経験がない場合,合格の難易度は簡単ではないと感じる。

この問題集の特徴は,解説が充実しているところだ。ページ数が550ページほどあり,問題とその解説が同じページで記載されている。解説がけっこう充実していたので,教科書を買わなくてもこの本だけで試験対策ができた。ちなみに,同種のOSS-DB Silverの試験問題集は250ページだ。試験内容,難易度も違うがLPIC-2のこちらの問題集の解説のほうが詳しかった。

なお,Version 4.5に対応している問題集は実質的にこの本しかないので,LPIC-2を受験するなら本書を買うしかないと思う。

問題集の全問題を2-3週して,模擬試験で8-9割以上正解できるならば,実際の試験にも合格できると思われる。

自分の場合は,実務での経験はない状態で,2018-05半ばから試験勉強を開始し,約1.5か月ずつ201と202の範囲の問題集を2週して,模擬試験で8割ほど正答できた段階で受験した。最終的に2018-07-06と2018-08-09にLPIC-201と202を受験して合格できた。うまくやれば,合計2か月でも201と202の両方に合格できると思う。

もっとも,202は試験の難易度がやや高く,模擬試験で8割以上でもけっこうぎりぎり (合格スコア500に対して550点) だった。不安であれば,Ping-tや他の問題集にあたるのもよいかもしれない。

結論

この1冊の問題集をしっかりやりこめば,LPIC-2に十分合格できる。教科書なしでも試験の合格に必要な知識を学べたという点で,この本はとても良かった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/06/