書評☆3: ソーシャルアプリ入門 | ソシャゲー開発の概要

概要

  • 書名: ソーシャルアプリ入門
  • 副題: SNSプラットフォームビジネスの企画・開発・運営ガイド
  • 著者: 株式会社クスール and 株式会社dango and 株式会社クレイ and 株式会社マイクロアド and 富川 真也 and 新井 隆祥
  • 出版日: 2010-05-28
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/02/27/

評価

メロメロパークというソーシャルゲームのFacebookアプリ版の開発チームに書かれたソーシャルアプリの概要を説明したものとなっている。

メロメロパーク自体は2005年5月23日に始まり,2012年9月末でサービスが終了した。

企画,制作,運営というフェーズごとに独立した視点で書かれている。

内容としては,制作部分の比重がやや多くなっている。スケールする構成や多言語対応,SNSプラットフォームごとの開発者登録などが書かれていた。

技術的なところはやや量が多かったものの,書名の入門通り,全体としては広く浅くソーシャルアプリ開発の概要を説明したものだった。

引用

p. 46: アプリなのかゲームなのか?

しかし今はトップ10の中の半数以上がゲームアプリという事態になっています。

ツール系アプリケーションは目的が明確なため、最初に多くのユーザーを獲得したアプリにユーザーが集まりやすく、定着したユーザーは他のツールに移らなくなる傾向があります。


その点ゲームはゲーム自体が必要な「要件 (クリアや攻略に必要な要件)」をのものを好きなように作り変えることができるため、他のゲームと同じかそれ以上のクオリティを出さなくても、それまでと全く別の「要件」を設定することで新しいアプリとしてユーザーが導入することが可能になります。

ソシャゲーが流行った理由がわかった。たしかにツール系アプリは目的もはっきりしており,ユーザーの移動がなくなる。

p. 47: ソーシャル性

SNSの仕組みには「ソーシャルグラフ」と呼ばれる自分を中心とした人間関係のデータベースが存在しています。


ソーシャルグラフでは1st=自分のフレンド、2nd=自分のフレンドのフレンド、3rd=他人とランク付けし1st〜3rdまでのユーザーが何をすべきなのか、という点が企画の重要な要素になります。

例えば、他人とゲームを遊ぶより自分のフレンドと一緒に遊んだほうが楽しいこともありますし、意図的に2ndのユーザーだけを掲示してフレンドへの導線を作って上げるアプリ、または限定的な趣味のユーザーのみを集めるアプリであれば3rdだけでも構いません。

ソーシャルゲーム,ソーシャルアプリの肝となる部分が解説されていた。

結論

ソーシャルアプリ入門として,企画,制作,運営の3フェイズが浅く広く説明されていた。

個人的には,企画の部分が一番重要だと思っており,そこを期待したのだが,そこまで深堀はされておらず,少々残念だった。

入門として外観を把握に役立った。

書評☆3: OpenSocial入門 | SNSブーム直前に出版された歴史資料

概要

  • 書名: OpenSocial入門
  • 副題: ソーシャルアプリケーションの実践開発
  • 著者: 田中 洋一郎
  • 出版日: 2009-01-25
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/09/

評価

Web APIの勉強資料を探していて読んだ1冊だ。

2007年11月にソーシャルアプリケーションプラットフォームの標準仕様として,Googleにより策定されたOpenSocialの入門書となっている。

OpenSocialとはから,開発例まで解説されており,入門として悪くない本だった。

2008年頃は日本でSNSブームの直前あたりで,当時は疎かったため,このような標準仕様の存在を知らず,GNU socialやMastodonなどの後の分散SNSの源流に関わるようなテーマで興味深かった。

ただ,第3章で「OpenSocialアプリケーションの開発には,OpenSocialに対応したSNSが必要になります。」との記載を見かけた時点で読む気が失せてしまった。せっかく自分で作ったり運営するのに,誰かに依存するというのが残念だった。

その他にも,だいたい2009年ごろで情報が途切れており,その後あまり普及しなかったことがいまいちだ。

結論

分散SNSの源流にも関わるようなSNSブーム直前に策定されたOpenSocialの入門書だった。

残念ながら,OpenSocial自体がその後普及しなかったため,書籍の内容自体は悪くないものの,相対的に本書の価値も下がってしまった。

SNSの隆盛の文献として参照することになるだろう。

書評☆2 週刊アスキー No.1125 | Mastodonブームの火付け役の遠藤 諭による2ページの特集が貴重

概要

Mastodoの特集を目当てに購入した。

前号のNo. 1124に引き続き,今号でもMastodonの特集があった。しかも,前号より内容が多かった。

2019-04-28に開催されたマストドン会議での発表内容を元にした2ページの巻頭特集の他に,日本でのマストドンブームの火付け役である遠藤 諭による2ページの特集があった。

参考

p. 05: 国内第一人者が語るMastodonのこれから

巻頭のマストドン会議の特集では,mstdn.jp管理人だったぬるかるの写真も掲載されていた。その他,江添亮による発表では,マストドンの技術面はB級で,プログラマーとしてはマストドンは評価できないが,オープンソースであることは評価できるとあった。

マストドン会議は存在を知らなかったので参考になった。やはり,マストドンは技術的にはたいしたことはなさそうだ。

p. 71: 神は雲の中にあられる

遠藤 諭によるマストドンブームの火付けとなった2017-04-10の記事執筆関する経緯が記されていた。元々,その前週の4/6, 4/7に海外ニュースで取り上げられており,Twitterが好きだった著者の耳に入り,実際に登録してみて,日本のニュースサイトで誰も取り上げていないことを受けて記事を作成されたそうだ。

その他は,2007年に盛り上がったセカンドライフやら,Facebook Spacesとの対比を言及していた。

ただ,ページ数がたったの2ページしかなく,文量が少なすぎて物足りなかった。

結論

Mastodonの特集があり,ブームの火付け役である遠藤 諭による特集があるので期待していた。

しかし,全体的な文量が合計でも4ページしかなく,いくら何でも量が少なすぎた。文量としては,ITmediaの連載が圧倒的に多く,アスキーと比べ物にならない。

ただし,それでも遠藤 諭の記事があるのは貴重だったので,資料としてはありだった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/13/


週刊アスキー No.1125 (2017年5月9日発行) [雑誌]

書評☆2 週刊アスキー No.1124 | はじめての週刊アスキーで情報量の多さに驚くも,巻頭のMastodon特集は表面的な情報だけで物足りない

概要

Mastodonの記事目当てで購入した。

巻頭特集として,柳谷 智宣によるp. 6-9の4ページにかけてMastodonの紹介記事が掲載されている。

内容は,一般的なMastodonの使い方が書かれているだけだった。メールアドレスとパスワードを使い回しへの注意と,MastodonアプリとしてTurskyとAmaroqが紹介されていた。

アスキーには,Mastodonブームの火付け役でもある遠藤がいるため,期待していたのだが,こちらではなく,No. 1125で彼の記事が書かれていた。

週刊アスキーの雑誌を読むのは本書が初めてだ。情報量の多さに驚いた。ガジェットやサービスに関する記事が充実しており,読み応えはあった。

参考

p. 128: 利用料無料のTシャツ制作サービスリニューアルで1枚から販売可に

Tシャツ制作サービスであるスパイスライフの「STEERS」のリニューアルの紹介があった。Tシャツ販売は若干興味があったので,参考になった。

結論

Mastodonの情報を求めて読んだものの,一般的な情報だけで文量も少なくて物足りなかった。

週刊アスキーを読むのは初めてだが,ガジェットやサービスに関する情報が多く,読み応えはあった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/12/


週刊アスキー No.1124 (2017年4月25日発行) [雑誌]

書評☆4 MastodonからYouTuberまで。松尾公也さんと語る「情報発信」のカタチ | 「マストドンつまみ食い日記」の中の人によるMastodonの企業利用の課題やMastodonの価値など

概要

日本で最もMastodonについて書いているITmediaの編集者・記者であり,Mastodonに関する連載の「マストドンつまみ食い日記」の担当者の一人でもある松尾公也とのMastodonに関する対談を綴ったメールマガジンの内容をまとめた電子書籍となっている。

具体的には,2017-09-01発行のVol. 140から2017-10-13発行のVol. 145までで6回に分けて掲載された内容を抜粋したものとなっている。

試しに,検索でヒットするVol. 143を購入して中身を確認したが,本当に中身が抜粋されていた。Mastodon関係の話題を読むだけならば,こちらが1冊にまとまっていて効率がいい。

ITmediaがMastodonの連載をするようになった経緯が書かれていたり,過去に似たような経緯でブームになりかけたセカンドライフなども引き合いに出して,書籍の2/3ほどMastodonについて議論されている。

残りの1/3はYoutuberでmstdn.guruを運営するdrikinに関する話題だった。

ITmediaの連載の裏話など,Mastodonブーム開始当初から継続的にMastodonに関わって来た記者ならではの視点や考えが書かれておりよかった。

参考

■ネットサービスと「流行り廃り」

松尾: ひとつ問題だと思っているのが、今セキュリティ的にひとつ甘い部分があって。今、メールアドレスをログイン時に使わなくてはいけなくて、それを収集してしまうことがあるんですね。それがサーバ上に置かれている、ということをコンプライアンス上、問題視する企業というのが多くて。

企業がMastodonを使う上で今まで気づかなかった問題点が指摘されており参考になった。

■Mastodonに乗った企業の今後

松尾: SNSを実験的に、自分のコミュニティでどれだけできるか、ということを試すぶんにはすごくいいと思うんですよね。ただそこで、どういうふうな商売になるかということを、自分たちがどれだけネタをSNSの中に提供し続けることができるか、ということにも繋がるわけで。それができないところは大体終わっていくんじゃないかと


松尾: もとのコンテンツがあったとしても、積極的に人を引っ張ることが会社の中でできていないと、やはり難しい部分がある。


西田: 各個人が例えばブログだとか、個人ホームページを持った時に、BBS機能を付けたがったじゃないですか。でも冷静に考えると、あれって面倒くさかったですよね。本質的には、マストドンがやろうとしていることはあれだと思ってるんですよ。


西田: だとするならば、いわゆる「お金になるから企業をひっ捕まえて」というよりは、個人がコミュニティを作りたいんだったらこれで簡単に作れるし、機能的にも楽だから、こっちに来るんじゃないの、という流れが本質的なのかなと。

Mastodonの企業利用についての言及されていた。ここでの言及内容はけっこうあたっており,積極的にユーザーを引き込めるコンテンツがあり,努力もしているPixivや,閉鎖してしまったドワンゴがある程度成功していた。

しかし,その他の企業サーバーはいまいちなままで徐々に閉鎖していっている。

一方,仲間内でわいわいやるような使い方がけっこう残っているように感じている。ここで言及されている内容はけっこう当たっているように感じる。

■複数のSNSを「使い分ける」価値とはなにか

西田: というのは、SNSがもう既に強固なものがあるんだったら、それと同じことをするんだったら要らないんじゃないの、って言われるわけですよ。じゃ、既存のSNSとは違うことは何か、というと、多分今おっしゃられたような、LIVEで、何が起きたかというのが全部残っている,しかもそれを簡単に見られるし、人にもう一回入ってもらうこともできるし、運営もできる部分なのかという気はしますね。


松尾: Twitterを見たとしても、Twitterはいろんなペルソナを持っている、それの集合体なので、例えば自分のことだけを話しているわけでもない。その人のツイートをずっとフォローしてても、ノイズが多すぎて、追うこともできない。

でも、特定のインスタンスであれば、その中にあるものだけを追っていけば済んじゃう、と。

西田: そうすると、それぞれのインスタンスの特質を理解する、理解を誘導するための仕組みだとかっていうのが足りないのが今の状況なのかなと。

松尾: そうですね。総合的なインデックスページがない、ということですね。そこは、マストドンの運営も今少しは考えていて。

joinmastodon.orgというページがあって、そこでいくつかの質問に答えていくと、適切なインスタンスを教えてくれるんです。まだ日本語にも対応してないし、不完全なものですけど。


西田: 個人的には、一般的なSNSと混ぜて使うアプリケーションがもっと出てきたほうがいいのかなと思ってるんですね。


松尾: や、一応あるんです。「Ore2」というやつなんですけれども。

ここで言及されている内容は,mstdn.jpにおけるMastodonの文化祭だとか,オフパコ事件だとかを連想した。こうしたLIVE感がサーバーの中で感じられるのが,SNSを使い分ける価値にも繋がるという感じだろうか。

あと,Ore2というアプリは初めて知った。

結論

「マストドンつまみ食い日記」の中の人の一人としてブーム当初から関わってきた著者によるMastodonに対する考えが書かれていた。

セカンドライフなど過去のブームも引き合いに出しながら,ポイントが手短に書かれており,参考になった。文量もほどほどで一気にさっと読めた。

ここで書かれていた企業利用の課題やポイント,今後の動向は当たっているところもあり,本質を突いている部分もあるように感じた。

この連載だけまとめて本にしていただいたのはとてもよかった。個人的には,文量が物足りないので,もっと長く読みたかった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/11/


MastodonからYouTuberまで。松尾公也さんと語る「情報発信」のカタチ: 小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」対談シリーズ

書評☆3 Mastodonとは: 脅威の分散型SNS | Mastodonブーム直後に発売された日本で最初のMastodonの本

概要

日本でMastodonブームが始まった2017-04-16頃の直後である2017-04-17に出版された日本で最初のMastodonに関する本だ。

Mastodonに関して,2017-04-16時点の利用状況や,関連用語を簡単に説明し,使い方を解説している。

Mastodon初期の問題だったアカウント削除機能の欠如が注意書きとして何回か本文内で指摘されているのが印象的だった

その他,巻末に参考としてMastodonに関するたくさんのリンクが貼られている。

内容自体は表面的で薄っぺらかった。ブーム直後に出たことに価値があるだろう。

また,巻末の参考リンクも雑多に列挙されているが,参考になるかもしれない。

結論

日本で最初のMastodonの本だった。ブーム直後に出版されたのは電子書籍ならではだった。

しかし,やはり内容は薄く,今読んでもあまり参考になるところはなかった。

あえていうなら,雑多に貼られた巻末の参考リンクで,何個か興味深いものがあったくらいだ。

Mastodonに関する資料としては価値はあるが,今となってはその他は巻末の参考リンク以外あまり参考にならないだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/10/


Mastodonとは: 脅威の分散型SNS

書評☆1 マストドン・500文字劇場 | Mastodon上での投稿を100個束ねたショートショート集

概要

著者のMastodonのアカウントから,Mastodonブームが始まった2017-04-18直後から2017-06-01まで投稿してきたショートショート100話がまとめられた本となっている。

Mastodonはデフォルトで500文字の文字数制限があり,1話あたり500文字程度の短い話の寄せ集めとなっている。

BCCKSというサービスを使って,出版されたようで,内表紙にその情報が書かれている。肝心のURLはを開いても,非公開ページとなっており,Webから見ることはできなかった。

マストドンの文献を集めており,マストドンのキーワードでヒットしたため,読んだ。Mastodonのアカウント上での,投稿内容の寄せ集めである都合,Mastodonの話題もわずかに書かれている。しかし,書籍の大部分は著者のショートショートであり,Mastodonの話題はほぼないと思っていい。

Mastodonに関して何か有益な情報が得られるかと期待して最後まで読んだが,結局何も有益な情報は得られなかった。500文字程度では,ちゃんとした面白い内容の話を書くのは難しい。

150円のお金を払って,100話もつまらない小話に付き合わされて,損した気分になってしまった。

奥付けの出版日が2017-04-18となっているが,収録されている100話目の日付は2017-06-01となっている。Kindleの出版体系が不明だが,日付の対応が取れていなくて不思議に思った。

結論

Mastodon上で投稿した内容をまとめて本として出版するという面白い試みだった。

ただし,こちらはMastodonに関して何かしら情報を得るために読んだのだが,その目的では全く役に立たなかった。

あくまで,著者による1話500文字程度の創作小話の寄せ集めに過ぎない。著者のファンであれば読む価値はあると思うが,そうでなければ時間の無駄に終わると思う。

そもそも,500文字程度で人に面白いと思わせるのは無謀だろう。娯楽として消費したいなら,星新一のショートショートであったり,俳句や短歌,4コマ漫画のような既に確立されて評価の固まっている媒体を使うことを強く薦める。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/09/


マストドン・500文字劇場: スーパーショートショート集 (RasenWorks)

書評☆2 Mastodonスタートアップガイド | Mastodonの使い方だけを解説した一般向け書籍

概要

分散SNSのMastodonの使い方を解説した書籍となっている。スタートアップガイドとあるが,これはMastodonサーバーの設置方法ではなく,あくまでユーザー目線での使い方だけを解説していることに注意する。

そのため,内容的には通常使っていれば分かるようなことがメインとなっている。

画像をふんだんに掲載し,Twitterとの対比させながら説明しており,Mastodonを知らない一般向けの内容となっている。

類書の「Mastodon 入門ガイド」の前半部分を切り抜いたような内容・文量になっている。

Mastodonを一切知らない一般の人に説明するのにはいいかもしれないが,さすがに物足りなかった。

結論

2017-08-01というマストドンブームがやや落ち着いたタイミングで出版された。

Mastotonの使い方だけを簡単に解説したものとなっており,一般向けの内容となっている。

Mastodonを一切知らない人にはいいかもしれない。しかし,そうでなければ普通に使ったり,ネットで調べたら分かるようなことが書いてあるだけなので,物足りないだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/06/


Mastodonスタートアップガイド この一冊ですぐトゥート! マストドンで広がる自分の世界!

書評☆3 自宅・ノートPCインスタンス構築ガイド〜マストドンを持って街へ出よう!〜 | Dockerを使わない自力サーバー構築の唯一の解説書

概要

書名の通り,自宅・ノートPCにMastodonをインストールするための構築ガイドとなっている。

Mastodonのサーバー構築方法には何通りかある。よく聞くのがDockerを使ったものだったり,さくらのスタートアップスクリプトを使うものだったりする。

本書では,そうしたツールを使わずに,VMware上に,サーバー類を一個ずつパッケージマネージャーを使ってインストールして,構築している。

Let's Encryptの自動更新やら,データのバックアップ,メールサーバーの構築など,必要なことは一通りやっているように見える。

120ページほどの書籍で,ひたすらマストドンのインストールを解説している。

この通りにやれば,なんとかできそうだなという感じはした。ここまできっちりインストール手順が書かれている書籍は本書だけだ。

自宅サーバーでのMastodonの構築方法として参考になるだろう。

結論

Dockerを使わないMastodonサーバーの構築方法を解説していた。

Mastodonサーバーの構築には,大量のソフトを組み合わせが必要であり,IT初心者ではまず設置は難しいだろう。

本書では,外部ソフトを使わずに,比較的素直なサーバー構築方法が書かれている。Dockerなどの外部ツールを使わない場合,現時点では唯一の解説書となる。

Mastodonサーバーを自分で構築する際の一つの貴重な参考資料となるだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/05/

書評☆4 マストドンつまみ食い日記 | Mastodonブーム開始8週間の凝縮

概要

日本で,下手したら世界で一番Mastodonや分散SNSに関する情報を取り扱っているITmedia NEWSの「マストドンつまみ食い日記 – ITmedia NEWS」の連載の内,Mastodonブームが始まった2017-04-13の第1週目から2019-06-03の第8週目までを書籍として掲載されている。

連載の内容をほぼそのまま引用しており,記事URLまで掲載されている。内容を知るだけであれば,前述の連載ページをたどればいいだろう。

しかし,書籍としてまとまっているのが,参照しやすくてよかった。一躍時の人となったぬるかるのインタビューや,直後のニコニコ超会議における江添,山田,栗田へのインタビュー,アプリやサーバーの紹介など,豊富な話題が掲載されている。

当時のブームに乗り遅れた自分にとっては,あのとき何があったかを知る貴重な資料だった。

参考

p. 20: 世界最大の「mstdn.jp」を立ち上げた大学院生"ぬるかるさん"は一体何者か その素顔とドワンゴ入社が決まるまでの10日間に迫る

時の人となったぬるかるの顔写真入りのインタビューが掲載されている。一人っ子で,両親から可愛いがられて育ったのだということがわかった。

メグデスのミッキーというユーザーがこの本を言及して,ぬるかるのことをマザコンだの甘ちゃんだの何だのいっていた理由わかった。

個人的には,この本で一番の目玉だと思った。

p. 43: ウーゴとマストドンと電脳出島「Masto.host」

ときどき見かけるMasto.hostというMastodonのホストサービスの紹介があった。Masto.hostの登場経緯などを知れた。

p. 45: 「今のTwitterは息苦しい」 ドワンゴがマストドンに込める期待

ニコニコ超会議2017でfriends.nicoの開発たちへのインタビューが掲載されていた。江添やまさらっきのアカウントで知られる山田将輝などの顔写真入りの紹介があった。Mastodonブーム直後に,江添が分散SNSに関するプロトコルの技術的で高度な会合を期待していた理由がわかった。自分が開発・運営担当だったからだと,この記事を読んでわかった。

p. 59: 横断検索できるマストドンiPhoneクライアント「Tootdon」登場

マストドンのクライアントとしてよく見かけるTootdonの紹介があった。残念ながら,2019-07時点ではサービス終了が発表されている。

マストドンのWebクライアント「Naumanni」は17日昼公開

UEI清水亮というMastodonブーム初期にちらほら名前を見かけるAI企業の社長によるマストドンのWebクライアントアプリの紹介があった。

開発がリリース後終了しており,ほとんど話題に上がらず,存在を知らなかった。

p. 79: アニメ自動録画とマストドンを組み合わせる「foltia ANIME LOCKER 5.0 [with Mastodon]」がすごい

foltiaという味目自動録画システムにMastodonが同梱されたソフトがあるらしい。Mastodonの商用製品への利用の初の事例と思われるので,興味深かった。

何らかのシステムの通知用にこういった分散SNSを使うというのは面白かった。

結論

Mastodonブーム開始の8週間の内容が凝縮された本だった。内容自体はWebから無料で閲覧可能なものの,時系列で何があったのかが終えるようになっており,当時を振り返る資料として,どちらかという読み物としてよかった。

紹介されているアプリやサーバーの大半は閉鎖になっており,時代の流れを感じてしまう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/04/