書評☆3 株価には定価がないので自分で値決めが必要 | 10万円から始める高配当株投資術

概要

配当金による収益に着目した株式投資本となっており,分類としてはファンダメンタル分析の本である。
書籍の内容は大きく2部構成となっている。

  1. 買ってはいけない銘柄・業種
  2. 高配当株の見極め方

配当利回りが3 %以上の株式を高配当株と一般的によんでいる。安定性の高い高配当株に投資をすれば,国債や定期預金などの安全資産とは比べ物にならないほどの収益が入る。
全体の相場が下落傾向であっても,高配当株は配当金が株価定価のブレーキになるので,そこまで株価が下がらない。
高配当株の見極め方としては,以下の3点に着目することを勧めている。

  1. 純利益
  2. 増配
  3. タイミング

1と2は配当金を払うためには業績が好調である必要があるからだ。
3はリーマン・ショックや災害などで,株価急落時や権利落ち後,明らかに過小評価されているタイミングで購入することで,より配当利回りを上げることができる。
配当金を目当てにした株式投資は,投資としては効率はそんなに高くない。以前,「一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 大学教授が考えた 本気で「株」で1億円!」(https://book.senooken.jp/post/2018/01/09/)を読んだ。
ここで書かれていたのだが,収益としては配当金や株主優待で得ようが,売買差益であろうが同じお金。であれば,より効率が高いものを選んだほうがよい。
そういう意味で,配当金を目的にした本書はそもそもいまいちなのではないかと思った。もちろん,リスクヘッジとして資金の一部を高配当株に割り当てるのはありだ。
ただ,やはりどうせ株式購入時に手間をかけて企業を調査するのだから,同じファンダメンタルズ分析でも「本気で「株」で1億円!」の方法に従ったほうが効率はいい気もした。

まとめ

高配当株を狙って株式投資をすることで,低リスク低予算で収益を上げることが可能となる。その方法について解説してあり,参考になった。
ただ,配当金よりも売買差益のほうがリターンも大きい。リスクヘッジとしてやるのはいいのだが,ある程度資金が貯まったら,売買に移行したほうがいいだろう。
パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/06/11/

書評☆2 自伝1/3,投資テク1/3,事例1/3 | 中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分投資

概要

いいとこのぼっちゃんである著者が学生時代に株式投資を始め,それで会社で働かずに至った理由や,投資のテクニック(テクニカル)が書いてある。
内容はおおまかに3部構成になっていた。

  1. 自伝
  2. 投資テクニック
  3. 事例

最初の自伝はただの自慢なので参考にならない。投資テクニックもよくある投資本に書いてある内容とだいたい同じでそんなに目新しいところはなかった。あったのは,「新値更新7日目が売りのタイミングの目安」というところ。
短く読みやすくはあったが,この本を読んで投資の役に立つとはあまり思えなかった。

参考箇所

p. 38: 不思議な値動きの小型株に可能性はあるか?
つまり、100万円で買いを入れると1株当たり200円として5000株買うことになる。出来高が多くても1000株しかないのに、これではまず約定しない。

テクニカルでやる場合,出来高が大事になる。

p. 44: チャートの上昇と下落には再現性がある
最素に見えてきたのは、どの銘柄も下落は早いが上昇のスピードは遅いということだ。
上がるときはだらだらと3ヵ月くらいかけて上昇していくのに、下がるときはストンと1〜2ヵ月で落ちている。

株の上昇,下落の見方の一つとして参考になった。

p. 75: 実践を積みながら、「自分ルール」を確立する
・決算(四半期も含む)は持ち越さない
・ニュースで話題になった企業には投資しない
・小型株には投資しない
・チャートが安定しない銘柄には投資しない

参考になるルールだった。決算期は株価乱高下のタイミングなので,利益を取りやすい点でもあるが,確かに読みにくいのでその分リスクもある。安定している方がいいというのは納得だった。

p. 102: 利確ポイントがあいまいなときは「新値更新7日」で決める
そんな苦い経験をしないためには、利益確定ポイントの目安を持つべきです。それが「新値更新」です。新値とは前より終値が高い、あるいは安い株価を指します。
新値をつけて7日目あたりが上げ止まり,下げ止まりになることが多いのです。

一つの目安として参考になるかもしれない。

まとめ

書籍のタイトルや書影が他の投資本と異質で,目を引いていた。図書館では予約がたくさん入っていて人気があった。しかし,内容はそんなにたいしたことはない。
同じテクニカルの本であれば,過去に読んだ「株は技術だ!」(https://book.senooken.jp/post/2017/12/22/)や「スマホで波乗り株投資法」(https://book.senooken.jp/post/2018/02/13/)のほうが参考になる。
文量は少なく,さらっと読めるので軽く読んでみるのはありかもしれない。
パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/06/08/

書評☆2 広く浅くWebプログラミングの基礎を解説 | ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

概要

書名通り,WebとWebプログラミングの基礎を解説している。大まかに以下の3部構成となっている。

  1. Webの基礎
  2. フォーム関係
  3. PHPの構文とCookie,DBなど

1.のWebの基礎は通信とかポートとか,PKIとかIPAの情報処理技術者試験にも出てくるような内容。
Webプログラミングとしては主にPHPを扱っており,一部JavaScriptも使っていた。
広く浅く書いてあり,内容が薄いと感じた。どれも中途半端な内容。他の本でもっときっちりやったほうがいいようにも感じた。全体を軽くみてみるというのではいいのかもしれない。

まとめ

Webプログラミングの基礎をざっとみるというのではいい。しかし,この本だけでは物足りないので,結局他の本を当たることになるだろう。
パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/06/01/