書評☆3: 速習 Laravel 6 | Laravel 6の全体を概説した中級者向けの本

概要

  • 書名: 速習 Laravel 6
  • 副題:
  • 著者: 山田 祥寛
  • 出版日: 2019-09-04
  • 読了日: 2020-02-19 Wed
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/02/23/

評価

PHP Laravelについて勉強しているときに読んだ1冊だ。

PHP Laravel 6は2019年にリリースされたばかりで,このバージョンで解説された本はまだ少ない。そういう意味ではまだ希少な1冊だった。

サンプルプログラムを例に,Part 3までで全体の基本的なところを説明し,残りの章でビュー,ルーティング,コントローラー,状態管理,データベース連携の細かい話を説明していた。

フレームワーク未経験で,Part 3までは理解できたのだが,そこから先がいまいちだった。Part4からは細かい話になっており,イメージがつきにくかった。

Part 3の続きで,サンプルアプリを作る中で,どういうことをするのに必要だからこの機能を使うという形で説明してもらったほうが分かりやすかった。

Part 4からは機能の使い方の説明が多く,それをどう実際に使うのかのイメージがつきにくく,自分には難易度が高かった。

結論

PHP Laravel 6の全体を解説していた。ただし,フレームワークでの開発経験がないと,理解するのが難しい部分があった。

Part 3の基本部分まではついていけたが,それ以降の細かい部分は難易度が高く,中級者向けの本で,自分にはあわなかった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL