書評☆3 改訂版 今すぐ導入!PHP×PostgreSQLで作る最強Webシステム | 内容は古いが,実践的なアプリの例やMVC,DB設計など今でも通用する部分はある

概要

  • 書名: 改訂版 今すぐ導入!PHP×PostgreSQLで作る最強Webシステム
  • 副題:
  • 著者: 石井 達夫
  • 出版日: 2009-06-27
  • 読了日: 2019-08-02 Fri
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/10/08/

PHPの勉強のために数年前に購入した本を読み終えた。

評価

PHP 5をベースに,PHPの基本文法の解説,PostgreSQLの解説,実践例として画像管理アプリケーションや雑誌記事アプリケーションを解説している。

PHPの基本機能からDBへの接続など,普遍的な内容を扱っており,DB設計やMVCモデルなども扱っており,悪くなかった。

ただし,出版日が古く,内容も古くなっている。具体的には,DB接続にはPDOを使っていない。

後は,2-3 の雑誌記事アプリケーションの作成で,ログイン機能にPEAR::Authを使っていた。今まで外部ライブラリーを使っていなかったのに,ここだけPEAR::AuthやSmartyを使っていた。Smartyは譲るとしても,PEAR::Authは使わずに,PHPの標準機能だけで実装して欲しかった。

結論

当時としてはおそらくけっこういい本だったと思う。しかし,今となってはPHP 7で普通なPDOをDB接続に使っていなかったり,あまり使われていなさそうなPEAR::Authを使うなど残念なところがある。

MVCやDBとの接続,DB設計,Smatyテンプレートなどの実践的なアプリの例,セション管理などは今でも参考になるところがある。

Web技術はやはり新し目の情報に当たるのがいいのだが,普遍的な内容もあるので,参考にはなった。

書評☆3 スレッドシーケンスからDBのバイナリーの形式まで | MariaDB&MySQL全機能バイブル

概要

MariaDBとMySQLの機能を網羅的に解説している。

2018-06-02時点でMariaDBについて言及されているのはこのこの本と[PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック]の2冊だけであり,貴重な一冊だ。

冒頭で,MySQLとMariaDBの違いや重要な機能を解説し,その後各コマンドやSQLを順番に解説している。網羅的に解説しているので,逆引きで使える。

驚いたのは,内部構造の解説があったところだ。MySQLの主なデータ型であるMyISAM型とInnoDB型やレプリケーションについては,処理のシーケンス図やデータのバイト列との対応など,細かいことまで解説があった。ここまで細かい話が書かれている本はあまりないので目新しかった。

内容はけっこう高度であり,表紙に現場で役立つともあり,既にある程度使える中上級者向けの本だと感じた。

まとめ

MariaDBとMySQLの機能を逆引き的に使うのによい本だと感じた。

初心者は MySQL徹底入門 第3版 を読んで,まずはMySQLになれたほうがよいだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/08/27/

書評☆4 徹底入門の名に恥じないMySQL入門の良書 | MySQL徹底入門 第3版

概要

MySQLをこれから新しく始める人に向けた,MySQL全般の入門書となっている。

MySQLの入門書には,この本の他に「基礎からのMySQL 第3版」を読んだ。

「基礎からの」はMySQLのSQLの部分に特化していたので,MySQLの周辺ツールや設定方法についてはあまり情報がなく,自分には合わなかった。

本書ではその不満点が解消されており,充実した内容だった。

参考箇所

特に以下の章が参考になった。

  • [2 インストール] 章: 各種のOS向けにインストール方法を解説
  • [3 MySQL入門] 章: MySQLの利用方法をチュートリアル形式で解説
  • [4 MySQLサーバーの運用] 章: MySQLの設定ファイル,mysqladminなどの付属コマンドの解説,MySQLの基本操作の解説
  • [6 データベースプログラミング] 章: C/PHP/Ruby/Perl/Java/Access/Excel/Word からのMySQLの利用方法を解説

まとめ

著者が日本MySQLユーザー会であり,日本でMySQLの普及に第一線で関わってきた人たちが執筆している。それもあり,書籍の内容と質が良かった。

出版年が2011年と古くなってきているのがネックだが,今でも通用するMySQLの基礎を学べる。手元に置いておきたいと思える良書だった。

第4版の出版が待ち遠しい。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/08/08/

書評☆3 レプリケーション,空間インデックス,JSONなどMySQL 5.7は大幅機能追加 | 詳解MySQL 5.7

概要

MySQL 5.7の新機能を解説するためだけの本となっている。

普通ソフトウェアの特定バージョンの機能にだけ特化した解説本など存在しない。しかし,MySQLに関しては5.6から5.7のバージョンアップで,大幅な機能改善が行われている。

そのため,新機能や改善内容だけで一冊の本が成立するほどの,ボリュームとなっている。このあたりが,MySQLというソフトウェアの重要性,規模感を伺うことができる。

当然ながら,MySQLの基本については知っており,既にある程度使っている人を対象としている。どんなものかと興味本位で手にとって読んでみたが,MySQLを触りたての自分には はっきりいってまだ早すぎた

MySQL 5.7の新機能の解説では,レプリケーションや空間インデックス,JSONに興味を持った。

特に,空間インデックスは従来はPostgreSQL (PostGIS) くらいしか対応しているDBがなく,この点がPostgreSQLの優位性でもあった。
MySQLでもこれが導入されたので,今後のDBの選択肢が広がった。

まとめ

MySQL 5.7の新機能を解説しており,中上級者向けの本となっている。内容が詳しくてわかりやすく,図表も適宜配置され,著者の文体が自分には読みやすかったので,本として良かった。

MySQLの理解が深まり,MySQL 5.7について知りたくなった場合,再読したい。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/08/06/

書評☆3 基礎からのMySQL 第3版 | MySQLのSQLに特化した解説

概要

MySQLの入門書となっている。書籍の内容は,2/3がMySQLのSQLの解説で,残りはPHPやPHPとの連携の解説をしている。

MySQLはとても広く使われているRDBMSなので,それを基礎から解説しているのはよかった。

ただし,こちらが想定していたものとちょっと違った。

こちらはRDBMSでは設定ファイルだとか,付属するコマンドだとかが結構あって,そこがよくわからなくて困っていた。

この本では, MySQLのSQL はかなり丁寧に詳しく解説しているのだが,MySQLの設定などについてはほとんど説明がない。
SQLを実行するための最小限の設定の説明しかない。

SQLを勉強したいという場合はよいかもしれないが,自分のようにMySQLの設定を知りたいという目的にはあまり参考にならなかった。

また,丁寧に解説しているのはいいのだが,ひたすらSQLの説明だけあって,ちょっと味気ない。目的があって,こういうSQLはこういうときに使うのがいいとか,そういう実際の使われ方や事例も盛り込んでくれないと,イメージが付かないので退屈だ。

まとめ

MySQLのSQLをかなり丁寧に解説している。RDBMS初めてでSQLの勉強をする場合,役に立つと思う。

ただし,MySQLの設定とか実際にどう使っていくのかについては物足りないので,別の本が必要になると感じた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/07/16/