書評☆3 AI/IoT特許入門 | 「特許はスピードが命である。まずは、IoT、AIを用いた基本コンセプトを出願することが大事である。」

概要

AI/IoT発明による先進企業の特許事例を元に,権利化のコツを解説している。

特許についてあまり考えたことがなかったので,他社の事例や考え方など参考になった。

紹介事例の特許を理解するために,最低限のAIの知識についての解説もあり,よかった。

実際のところは,社内の専門家と相談しながらになると思うが,先進的な製品開発を行っているのであれば,知っておいても良いと感じた。

参考

p. 53: 第3章 各国のAI特許動向

第4次産業革命を受け特許庁も適切にIoT及びAI発明を保護すべく2017年3月iloT関連技術の審査基準」を公表した。


とりわけ注目すべきは、 下記の請求項(以下、 クレームともいう)の形態であってもプログラムクレームとして保護することを明らかにしたことである。


平成14年の特許法の改正により、 プログラムが「物」の発明として取り扱われるようになり(特許法第2条第3項第一号) 、 さらに改訂 審査基準により「構造を有するデータ」、 「データ構造」及び「学習済みモデル」がプログラムに準じて保護されるようになった。

これにより、 AIにより学習が完了した学習済みモデルが保護されるようになるが、 学習済みモデル自体 は単なる情報の提示にすぎないとして保護されない点 に注意すべきである。 学習済みモデルがプログラムの処理と共にクレームに記載されることで初めて審査基準に合致した「学習済みモデル」となるのである。 この点 は「構造を有するデータ」及び 「データ構造」に関しても同じである。

特許法の改正により,構造を有するデータ,データ構造,学習済みモデルが対象に加わったというのは初めて知った。また,保護対象の条件についても注意があり参考になった。

p. 74: 機械学習の特許事例

ここで言えることは、 単にある装置に機械学習を適用した、 というだけでは進歩性を主張しがたく特言午化できないが、 各分野(本特許では溶接分野) 特有のパラメータを入れて、 当該分野ならではの特徴を組み込めば進歩性を見出すことができ特許化の可能性がぐっと高まるということである。

AIを活用した特許では,特定の装置固有の条件を組み込むと,特許化の可能性が挙がるということが参考になった。

p. 75: パン屋に導入されたAIレジ

このAIレジは、 上図に示すようにレジ台におかれたトレイ上のパンの種類をデイープラーニングで特定しようというアイデアである。 認識率の低いパンは黄色で表示され、 他のパンの候補が表示される等、 パンならではの工夫がなされている。非常に面白いアイデアである。 このようなAI利用発明を他社に先駆けて取得することが重要である。


ベーカリースキャンHPより2018年4月12日 http://bakeryscan.com/introduction/index.html

AI活用の面白い事例で参考になった。

p. 143: 1. GE社のloT・AIビジネスモデル

第4次産業革命として、 GE社はIoT化を促進し、 エンジンにセンサを取り付け、 飛行機メーカを飛び越えて、 エンドユーザである航空会社(ユナイテッド航空、 デルタ航空、 全日空等)にコンサルテイングサービスを始めたのである。

例えば飛行機 の着陸時のエンジンの状態をセンサにより詳細に分析し、どのタイミングで着陸態勢に入札様々な環境下どのような高度で出力を弱めれば、燃料を最適化できるかを、航空会社にアドバイスするのである。

GE社のIoT・AIビジネスモデル例が書いてあり参考になった。

###. p. 162: 4. 出願すべきloTと出願優先度の低いloT
(1) 積極的に出願すべきIoT

様々な顧客にIoTx AIサービスを提供する場合は、 技術内容が第三者にとっても明らかになることから、 積極的に出願すべきである。

このような顧客向けのソリュ ーションサービス特許は、 全体的な方法、 サービス提供側の装置、 顧客端末のアプリケーション、 GUIを含め徹底的に権利化する。 また当然ではあるが、 IoT機器開通信に関わる標準特許は積極的に出願しなければならない。

(2) 出願優先度の低いIoT

一方、 自社工場内の生産管理のためのIoTシステムの場合、 または、 複数拠点 にある自社工場の生産管理のためのIoTシステムについては、 出願優先度は低い。 自社内での実施行為であるため特許権侵害の特定が困難であり、 第三者から特許権侵害と主張されるリスクは低い。 逆に自社内の生産 ・ 管理ノウハウを公開してしまい、 第三者に模倣される危険性もある。 しかも模倣されたとしても、 その事実を立証することは困難である。

特許に出願すべきIoTと優先度の低いIoTの具体例があり,参考になった。

p. 165: 5. loTXAI特許取得のポイント

(1) ビジネスモデルとIoTサービス

IoTソリューション特許は、 ビジネスモデル特許に類似しているところがある。 よくビジネスモデルは特許をとれるのですかという質問を受ける。 ビジネス方法そのものは権利取得できないが、 自然法則を利用、 つまりハードウェアが絡んでいれば特許法第2条第 1項に規定する法上の発明に該当する。


(2) 新規性と進歩性

特許になるか否かは原則として2つの特許要件を満たす必要がある。 一つは新規性、2つ目は進歩性である。


つまり、特許が成立するか否かは出願日より先に同様の公開技術が存在するか否かしか判断 されないのである。 技術内容がハイテクである必要はない。

p. 223: 2. 実装段階での周辺特許を押さえる

特許はスピードが命である。まずは、IoT、AIを用いた基本コンセプトを出願することが大事である。 このセンサを用いれば情報収集でき、 おそらくデイープラーニングを用いれば分類できる、 この程度で十分なのである。 ある程度実施可能な構成が確立しているのであれば、 速やかに特許出願することが重要である。

そしてその後、 実装が進めば、 簡単に機械学習が成功しないことがわかり、 色々な工夫が必要となる。 この工夫を後日周辺特許として押さえれば良いのである。 基本となるAIアイデアを出願し、 後日実装レベルのAI技術を出願する。 こうすれば基本特許に加えて周辺特許をカバーすることができ、 競合他社の参入を防ぐことができる。

結論

AI/IoT発明の特許化のコツが解説されていた。あまりこういう本を見ることがないので,参考になるところが多かった。

また,IoTやAIを組み合わせた事例もあり,参考になった。もっとも,特許化を考える必要のある人は,数が限られるので,一社員が知ったところで意味があるのかという気持ちはある。

社内に,知財チームがあったり,ベンチャーで新しい製品・サービスを開発しているところだと有用性が大きいだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/28/

書評☆3 イラスト図解 スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり | スマート工場の仕組みが図解でわかりやすい

概要

生産性の高い工場であるスマート工場について,背景,課題,仕組みなどを図解でわかりやすく解説している。

前著「イラスト図解 工場のしくみ」の続編みたいな位置付けで,IT, IoT, AI, RPAがどういう関わってくるのかが書かれている。

見開きで,左に文章,右に図解となっていてみやすかった。

ただし,わかりやすいだけで,次の行動に結びつけにくいのが残念だった。例えば,仮に製造業の一社員としてこの本を読んでどういう行動を取ることができるか?を考えたときに,特に思いつかなかった。読み物,教養,基礎知識としてはよかった。

また,細かいところだが,巻末に索引がなかったのがとても残念だった。

参考

p. 126 5-4 製造業システム標準化の動き②米国のIICと日本のIVI

各国で製造上システム標準化の動きがあり,それらの比較があって参考になった。

  • 米国: IIC (Industrial Internet Consourtium)
  • 日本: IVI (Industrial Value-chain Initiative)
  • ドイツ: Industory 4.0

結論

スマート工場のしくみについて解説していた。図解が多くてわかりやすかった。しかし,読み物的な面が強く,次のアクションに結びつけにくいなと感じた。

また,工場なので,製造業以外の人が,新しく仕事を開拓しようとするときには,参考にしにくいかなと感じた。

製造業に勤めている人や,製造業相手に仕事をしている人が読むと参考になるかもしれない。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/27/

書評☆2 11業種でのIoT活用パターンと主要企業一覧 | 大胆予測! IoTが生み出すモノづくり市場2025

概要

近年IoTがトレンドとなってきている。これを受け,各業種でIoTをどのように活用しているのかを解説し,主な企業を一覧にしている。
具体的には,自動車,農業,建設,インフラ,不動産,家電,流通…サービス,ヘルスケア,エネルギー,プラント・設備管理,製造業の11業種での活用方法が書かれている。

また,今後どういったところでの活用が増えていくと予想されるかも書いてある。

読みやすいレイアウトで,図表も多くてわかりやすかった。ただし,全体的に中身が薄い感じだった。

具体的に,次どうすればよいのかまでのイメージはできなかった。

まとめ

各業種でIoTがどのように活用されているのかが,簡単ではあるが網羅的に書かれているのが良かった。IoTときいて自分の業界ではどのような活用のされ方をしているのか知らない,ITに比較的疎い人は読むとイメージしやすい。

ただし,この本では具体的に次どうしたらいいかまではわからない。あくまで,業界全体ではどのようなIoTの活用があるか,今後どうなっていくのかのトレンドを参考にするのがいいだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/26/

書評☆3 電子工作は失敗から学べ! | トライアンドエラーによる電子工作のセンスの解説

概要

電子工作のセンスを身につけることを目的に,実際に実験や製品制作を行いながら,そのノウハウを解説している。

本書の特徴としては,実験とその失敗例とその対策を解説しているところだろうか。

内容自体が,既にある程度電子工作の経験がある人向けになっており,専門用語や基礎知識はばんばんでてくる。

初心者が読むようなものではなく,期待していたものとは違った。

結論

電子工作の基礎知識があり,ある程度の経験がある人向けになっている。自分には早すぎた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/25/

書評☆3 入門の次のステップ | ブレイクスルーJavaScript

概要

JavaScriptの入門を終え,次の段階に進みたい人に向けて,乗り越えていく必要のある5の課題の解説をしている。

  1. オブジェクト指向
  2. UI・インタラクティブ表現
  3. グラフィックス表現
  4. Ajax・API連携・データ検索
  5. シングルページアプリケーション

実践的な内容が多く,参考にはなった。jQueryやUnderscore.jsなどを使っていた。JavaScriptをあまりしっかり勉強していなかったので,自分にはやや難易度が高かった。

まとめ

JavaScript中級者に必要な要素が書いてあった。本格的にJavaScriptをやっていくときにまた読みたいと思った。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/24/

書評☆3 電子工作入門以前 | 電気・電子の知識がある人向けの知識の整理本

概要

電子工作に興味があって読んだ。

非電気・電子系の理系大学院修士課程卒業の学歴であり,基本的な電磁気学については高校と大学の教養科目で習った程度だ。

この本では,電子工作入門以前という書名通り,電磁気学の基本を解説している。第1章で電磁気学の始まりの歴史がかかれており,読み物として参考になった。第2章から電子工作の具体的な知識などについて書かれている。

全体的に内容が高度であり,入門以前というわりにはある程度の知識が必要だと感じた。例えば,コンデンサーだとか,回路の構成とかオームの法則で電力計算だとか,直流・交流回路だとか専門用語はばんばんでてくる。

第1章に限れば,たしかに基本知識がなくてもある程度は読み進められる。しかし,第1章以降は読むのがしんどかった。

結論

電子工作入門以前ということで,電子工作に必要な電磁気学の基本知識を学べるかと思って読んだ。

第1章はたしかに参考になった。しかし,それ以降が全体的に難しくて自分には合わなかった。

内容的に,ある程度電気・電子の知識がある人が,知識を整理するのに役立つような本だと感じた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/23/

書評☆3 すぐに作れる! ラズベリー・パイ×ネットワーク入門 | Raspberry Piとネットワークを使った高度な入門書

概要

Interfaceという雑誌の2014年から2016年までの記事を元に加筆,再編集された内容となっている。

Raspberry Piとネットワークをテーマに,映像配信や,ネットワークカメラ,セキュリティ,IP電話,パケット解析など,けっこうコアなテーマを扱っている。全体的に内容が高度だった。

自分が取り入れるには,内容が高度すぎて,素直にこの本はまだ早かった。

参考

全体的に高度だったが,中でもp. 83の「Appendix 4 わたしのネットワーク生活…気象オープンデータでI/O」は参考になった。

気象オープンデータを組み込み機器と連動させて,人が近づいたら気象オープンデータをチェックして,雨が振りそうなら傘をかばんにいれてくれる装置を作るというもの。

これもまさにIoTで,また気象情報を提供する各種のWebサイトも一覧になっていて,今後やりたいことの一つになった。

結論

全体的に高度な内容だった。初心者が手に取るようなものではないが,ネットワークや組み込み機器に詳しい人にとっては,有益な本だろうと感じた。

このInterfaceという雑誌がけっこうプロフェッショナルな感じなので,この道に進むなら購読するのもありだろうと感じた。

もっと知識が増えてから再読したい。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/21/

書評☆4 格安PCボードで始める 電子工作超入門 | 8種類もの多種多様なPCボードの紹介とそれらのPCボードの電子工作例が満載

概要

電子工作入門として,世の中に出回っているいろんな格安PCボードを紹介し,工作事例を掲載している。

日経Linuxで2012年から2014年までに掲載された特集類を加筆修正したものとなっている。

PCボードとしては,以下の8ボートを紹介していた。

  • Raspberry Pi
  • BeagleBOne Black
  • Cuibieboard
  • Wandboard
  • Arduino
  • mbed
  • がじぇるね
  • TWE-lite DIP

よくきくRaspberry PiとArduino以外は初めて知ったものばかりで,参考になった。

ここまで多用なPCボードをまとめて紹介している本はあまりないので,とても貴重だった。

電子工作も簡単なものから高度なものまであってよかった。

参考

電子工作で特に参考になったのが,「p. 105 Part2 室温が高いとエアコン起動 スマホからも遠隔操作」だ。

Arduinoを使って,Linuxサーバーを使った遠隔操作,自動操作を実現しており,よいIoTの実践例だった。

結論

最近はIoTが流行ってきており,PCボードとしてRaspberry PiやArduinoをよく聞くようになった。しかし,その他にもいろいろと活用できるPCボードは存在している。

こうしたPCボードの存在を知れ,またそれらの電子工作事例もいろいろと掲載されており,とてもよかった。

今後のために手元に置いておきたいと感じた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/20/

書評☆2 近年の産業社会のトレンド解説 | AI時代に生き残る企業、淘汰される企業

概要

2017年に出版されており,近年メディアなどでよく目にするキーワードであるAIやIoT,フィンテックなどを交えて,現在の産業社会がどうなっているか,今後どうなっていくかを解説している。

内容としては,AIがもたらえす影響をメインに,シェアリング・エコノミー,IoT,フィンテックをそれぞれ解説している。

ただし,内容としては,現在起きていることを解説しているくらいにとどまっており,ニュースや新聞をよく見ている人にとってはあまり目新しいことはない。

また,現状の解説に終止しており,今後どうすればいいのかといったところの意見も,あくまで一般的な意見にとどまり,あまり参考にはならなかった。

まとめ

近年の産業社会のキーワードについて,現状何が起きているのかを解説している。

あまり詳しい内容はないので,あまりニュースなどを見ない人の読み物や教養として読むのがよいだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/19/

書評☆3 IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書 | IoT全般についてよくまとまった情報源の一つ

概要

IoTの基本や仕組み,重要事項がまとめられている。

図書館で借りて読んだが,予約が10件以上入っていて,読めるまで2か月くらいかかる人気の本だった。

IoTがなぜ話題になっているのかから,具体的な事例,今後の課題などIoT全般について触れられており,全体像や今後の展望を見ていくうえで参考になった。

ただし,内容はけっこう抽象的なものが多く,この本を読んだ後に具体的な行動につなげるのが難しい。

IoT全体を解説した本は他にもあるが,個人的には「徹底図解 IoTビジネスがよくわかる本」のほうが参考になった。こちらには,具体的に仕事にしていくうえでどうやっていくかという,けっこう難しい話題にも逃げずに書いてあったからだ。

参考

p.2: 1.1 バズワードではなくなったIoTの現状

最初に「IoT」という言葉を用いたのは、先端的なセンシングテクノロジーの実証研究を行う米国Auto-ID Centerの共同設立者であるケビン・アシュトン氏で、1999年のことでした。


2000年ごろからしばらく忘れられていたIoTですが、2011年に再び脚光を浴びます。その契機となったのが、米国Cisco Systemsの当時リサーチ部門であったCisco IBSG(Internet Business Solutions Group) のデイプ・エヴアンス氏が発表したホワイトペーパー、The 1nternet 01 Things How the Next Evolution 01the Internet 1s Changing Everythingです。ここでは、「インターネットに接続されている機器の数が急増したことで、2008年から2009年の聞に、全人類の人口よりも多くの機器がインターネットに接続されるという『転換点』を迎えた」とレポートされています。

IoTの始まりや話題になり始めたきっかけをしれてよかった。

p. 20: 1.3 IoTの市場規模と将来性

もう1つ、総合プランニング社が2016年11月に発表した「2017年版IoT関連市場の将来予測」から、業界別のIoT市場規模を見てみましょう(次のページのグラフを参照)。これは、業界のメンバーへのヒアリングに基づく同社の徹底的な調査結果からの予想です。

今後の数年、国内IoT市場でもっとも伸びる業界は、 運輸(2690億円)、製造(1935億円)、 エンターテインメント(2063億円) の領域だとされています(いずれも2020年度の予想)。特に運輸の中でも自動車領域に関しては、他産業よりもずば抜けた成長率で2020年を迎えることが予測されています。その背景には、2020年までに自動運転車を走らせたいとする政府の後押しもあります。

IoTの市場予測としては,IDC Japanのものをよく見かける。ここでは,総合プランニング社のレポートが紹介されており,直近のIoTの成長分野をしれて参考になった。

p. 244: 8.2 共通プラットフォームでの実装の重要性

IoTのもっとも大きな取り組みとなるのが、 街全体のスマート化を目指すスマー卜シティでしょう。


スマートシティに必要なOpen Sourceをまとめた、CityOS (http://cityos.io) という取り組みもはじまっています。 これは、 これまでさまざまな都市で活用されてきた共通基盤化ソフトウェア群をOpen Source化してまとめたものです。

CityOSという取り組みを知らなかった。

結論

IoT全般にかかれており,随所に参考文献もあるのが良かった。ただし,全体的に抽象的でお話的な内容が多く,ここから先につなげるのはやや難しいと感じた。

そういう意味では,富士通総研の「徹底図解 IoTビジネスがよくわかる本」はよかったのだが,CityOSなどこちらには書いていない内容が本書にあったりしたので,どちらも目を通したほうがよいと感じた。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/09/18/