書評☆4 多様な派遣形態とみなし雇用の法律実務 | 豊富な判例・条文を掲載した派遣問題に必須な1冊

概要

書名の多様鼻件形態として派遣・請負・業務委託・出向・協業などの労働形態に関して,制度の説明と問題点を解説している。

弁護士により書かれており,豊富な判例・条文が掲載されており,この分野の本では最も詳しいだろうと感じた。文量も530ページと十分ある。値段が5400円と高いのも納得の内容だった。

判例・条文が掲載されているだけあって,内容はやや難解な書き方がされているので注意が必要だ。

制度が制定された背景,経緯が解説されており,なぜ禁止になっているのか,なぜ変わったのかという部分も分かるようになっている。これは大きい。

例えば,「二重派遣がなぜ禁止されているのか?」という問いに対して,「職業安定法44条により,労働者供給事業に該当するから」という明確な回答がある。そして,「なぜ労働者供給事業がだめなのか」というと,「労働者の搾取にあたるため,無料で行い国の許可が必要な事業だから」という回答に辿り着くことができる。

多くの書籍では,一つの問題に対して,せいぜい1個の回答までしか用意されておらず,それを深堀した根本原因までは説明されていない。

また,本文内では業務委託契約書の事例を出して,その契約書の解説も行っていた。

現在SES企業に勤務しており,この労働形態に疑問を持っていた。この本のおかげでこの労働形態の大部分において,正確な知識が得られると感じた。

参考

pp. 4-6: 労働者派遣法の目的と問題点

労働者派遣を司る労働者派遣法の経緯が,労働白書や文献を引用して掲載されていた。

pp. 17-26: 4 職安法の労働者供給事業禁止と労働者派遣法との関係は

二重派遣の禁止根拠となる労働者供給事業と労働者派遣法との関係が書かれていた。なぜ労働者供給事業が禁止となっているのかについて,文献や過去の判例を元に解説しており,信頼性が高い説明だった。

pp. 55-109: 第2部 第1章 労働者派遣と請負・業務委託等をめぐる問題

この章は主に偽装請負について取り扱った章だった。ただ,なぜ偽装請負が発生するのかという点の説明が弱く ,背景が理解しにくい部分だった。具体的には,派遣法等の規定の適用を免れるためなのだが,派遣だと安全管理の配慮や責任が発生して面倒くさいということがわかりにくい説明だった。

偽装請負に関しては,以前書評を書いた「偽装請負」も併せて読んだほうが,理解が深まるだろう。

pp. 323-357: 第2部 第5章 いわゆる二重派遣的形態をめぐる問題

SESの業態で問題になり得る二重派遣について解説された章だった。二重派遣になるケース,なぜ二重派遣がだめなのか,逆に二重派遣を回避するケースなどが詳しく書かれており参考になった。

結論

平成27年に導入された「労働契約申込みみなし制度」により今後発生する問題とその対応までを詳解しており,裏表紙にある通り,他に類のない量と詳しさの実務解説書だった。

違法労働で働かされている労働者にとっても,裁判で戦う場合の武器となる知識が得られるとてもよい本だった。

ただ,やや難解であったり,理解が難しい分もある。この本ともう1冊ほど補助教材があればよいだろうと感じた。

本書と「偽装請負」を所持しておけば,偽装請負や二重派遣問題については十分な知識が得られるだろう。

法改正に伴い,今後も変更はあるだろうが,この本で基本的な背景・概念を押さえておけば通用すると感じた。

手元においておきたいと思えるいい本だった。

なお,本書はこの本の元となった「労働者派遣と請負・業務委託・出向の実務」の内容をほぼそのまま含んでいる。

本書との大きな違いは,「労働契約申込みみなし」に関する情報の記載だ。このテーマで100ページ程度内容が増えており,その他,地方自治体への労働契約に関するテーマが存在する。

偽装請負や二重派遣について知りたいだけであれば,旧著でも問題ないだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/30/

書評☆3 改訂版 人材派遣・紹介業許可申請・設立運営ハンドブック | 人材派遣会社に必要な法令周りの手続きがまとまっている

概要

書名どおり,人材派遣・紹介業において,許可申請や設立運営時に必要な法令・申請周りの手続きがまとめられたハンドブックとなっている。

就業規則から求人票まで実業務で必要と思われる各種の事務手続き・書類が広範に渡って記載されており,人材派遣会社の運営で必須な手続き類がまとまっていると感じた。

けっこう細かいことまで書いてあり,情報量に圧倒された。

SES企業に勤務しており,客先常駐の仕事に疑問を持っており,何か客先常駐について書かれていないかと期待して読んだのだが,そのあたりはあまり参考にならなかった。

結論

人材派遣会社の運営に必要な事務手続き・法令手続きに関する情報が広範に渡って具体的に細かく書かれている。

人材派遣会社の運営の仕事をしている場合,一冊是非手元においておきたいと思えるような内容になっていると思う。

自分がそうであるように,そうでない場合,具体的に細かく書かれているというのはわかるものの,あまり細かいことを知っても意味がないなと感じてしまった。

自分の知りたいことと書かれている内容があまりあっていなかったようだ。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/27/

書評☆3 最新 IT業界の人事・労務管理と就業規則 | IT業界の標準的な就業規則の考え方

概要

複数の社会保険労務士や弁護士などにより,IT業界における人事の仕事として,労務管理と就業規則を解説していた。

常駐派遣の形態の労務管理から,標準的な就業規則のポイントについて書かれており,教科書のように感じた。

内容的に,人事担当者でもなければ,あまり興味はわかないと思うが,書かれている内容が教科書的で参考になった。

SES企業に勤務しており,客先常駐について何か書かれていないかと思って読んだ。一般的な派遣や偽装請負の話が書いてあるだけでここは物足りなかった。

参考

p. 29: 2 二重派遣

二重派遣とは、派遣先が派遣元事業主から労働者派遣を受けた労働者をさらに業として派遣することをいいます (図表7)。

この場合、最初の派遣先は当該労働者を直接雇用しているわけではありませんので、「労働者派遣を業として行っている」とは言えません。つまり、二重派遣は、形態としては労働者供給を業として行うものとして、職業安定法第44条違反となるのです。

p. 168: 2 特別有給休暇の付与制度

次に、「特別有給休暇の付与制度」をご紹介します。

ご存じのように、年次有給休暇は、入社から半年間の勤務を経て初めて付与されるのが法律上のルールですが、これを思い切って入社時に与えてしまうのです。


しかし、半年勤務後に付与される年次有給休暇の一部を繰り上げて付与する制度設計を行うと、少し問題が発生します。


ここで、6か月勤務後最初に付与される10日の有給休暇を分割付与し、入社時点の4月1日に5日付与した場合には、次年度の基準日も同様に繰り上げなければならないのです。


この場合には、「年次有給休暇の分割付与」という形で入社時に有給休暇を付与するのではなく、「特別休暇」として入社時に有給休暇を与えるようにするとよいでしょう。

通常では,有給休暇は入社後半年経過しないと付与されない。労働者にとっては,これは利便性が低い。優良企業では,このあたりがわかっているから,入社時点で有給休暇を付与する制度設計を導入している。こうした入社時点での有給休暇を付与する制度設計のポイントが書かれていて参考になった。

結論

標準的なIT業界の就業規則や労務管理について書かれていた。

IT業界で人事の仕事をする場合,基本知識として読んでおくと良いと感じた。また,人事以外の人が新しく制度を提案する場合にも,基本知識として参考にはなると感じた。

ただ,SESに関する込み入った話を期待していたのだが,そこはなかったので残念だった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/20/

書評☆3 フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド | フリーランス成功者とその周りでお金を稼ぐ企業の情報雑誌

概要

フリーランスや複業による自律的な働き方について,60名以上へのインタビューなどが掲載されている。

当然ながら,掲載されているのは成功者の情報だけであり,意識高い系の内容に偏っているように感じた。

複業やフリーランスを支援する企業担当者の記事も間に入っており,どちらかという広告面が強かった。

泥臭く,マイナスな内容はほぼなく,キラキラした意識高い系の人のための雑誌だった。自分にはあまり参考にならなかった。

参考

p.4: こだわりを印刷しよう vistaprint

巻頭の広告にビスタプリントという名刺100枚980円の世界最大級のネット印刷通販の広告があった。

カラー印刷でこの値段なら,安いなと思ったので今後利用したいと考えた。

結論

フリーランスや複業で働くことについて,インタビューをメインにまとめられた情報雑誌だった。

いわゆる意識高い系のキラキラした感じのことが書かれており,具体的にどうすればいいのかというのが自分には見えず,あまり参考にならなかった。

見やすいレイアウトに整えられており,一時的に意識が高まった感じはするが,一時的なものだと感じる。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/19/

書評☆4 偽装請負 | 派遣労働者やSES労働者など偽装請負や多重派遣問題の議論で必須の知識が獲得可能

概要

東大法学部出身の弁護士による偽装請負について解説した書籍となっている。

SES企業に勤務しており,SESという業態は偽装請負や多重派遣などがはびこっており,これらについて知っておく必要があると感じ読んだ。

副題に「労働者派遣と請負の知識」とあるように,派遣に関しての知識が得られるようになっている。

過去の判例や条文も引用しながら,問題と何が違法になるのかが解説されている。

文量も150ページと多くなく,法律を扱う本ではあるが,難解な法律用語はなく,わかりやすかった。

偽装請負が産まれる理由や,偽装請負のケース,さらには偽装請負を是正するための労働組合結成についてまで言及されており,偽装請負や多重派遣問題について必要な知識が得られた。

派遣労働者やSES労働者などで必要な情報だと感じた。

出版が2007年と古くなってしまい,冒頭の改正派遣法のあたりは価値が薄くなってしまったが,それ以外のところは今でも通用する内容だった。

参考

p. 48: 3.1 偽装請負の生まれた理由

偽装請負の生まれた理由として,多くは派遣先の事情として以下が記載されていた。

  • 派遣元の都合: 労働者派遣事業の許可 (一般労働者派遣事業の場合) または届け出 (特定労働者派遣事業の場合) が必要であり、許可がなかったり届け出をしていない
  • 派遣先の都合: 派遣対象業務外の業務,派遣可能期間が短期間,損害賠償請求の負担の回避

偽装請負の発生理由がきちんとかかれており,参考になった。

p. 62: 4.1 派遣契約と請負契約の差異

両者の大きな差異は、労働者派遣がその派遣された労働者に直接指揮命令し、労務を提供させるのに対し、請負の場合には注文者の事業場で働く労働者に対して、注文者は指揮命令することはできない(注文が限度である)ということである。

ただし、その区別は極めて難しいことから、厚生労働省は一定の基準を設けて、その基準(告示第37号)をすべて満たせば請負として取り扱い、一部でも満たさなければ実質は労働者派遣として取り扱うことにしている。

注意しなくてはならないのは、この告示第37号の基準は、一般民事の請負契約よりも逼かに狭いものをもって請負契約としていることでありはたしてそこまで厳格に考える合理性があるのかどうかということである。

派遣と請負の違いが基準も含めて記載されていた。

p. 70: 4.5 要件を満たさない場合

派遣契約の要件を満たさない場合として以下の3ケースを想定して,法的にどういう義務が必要になるかが記されている。

  • 偽装請負
  • 二重派遣,二重請負
  • 多重派遣,多重請負
  • 偽装出向

仮に,違法状態を是正した場合に何が必要になるかの参考になる。

p. 100: 労働者派遣・請負を適正に行うために

厚生労働省が偽装請負防止のためのパンフレットやチェックリストが巻末資料として掲載されていた。

結論

ネット上では法的根拠がないまま,なんとなく偽装請負や多重派遣の問題が書かれているように感じる。

この本を読むことで,偽装請負が発生する理由,違法業態の分類,何が違法となるのか,是正方法など,派遣労働に関する知識が得られる。

派遣労働者やSES労働者などで,働き方や業態に疑問を思い,行動を起こす上で重要な知識が得られる本だった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/16/

書評☆2 週刊アスキー No.1125 | Mastodonブームの火付け役の遠藤 諭による2ページの特集が貴重

概要

Mastodoの特集を目当てに購入した。

前号のNo. 1124に引き続き,今号でもMastodonの特集があった。しかも,前号より内容が多かった。

2019-04-28に開催されたマストドン会議での発表内容を元にした2ページの巻頭特集の他に,日本でのマストドンブームの火付け役である遠藤 諭による2ページの特集があった。

参考

p. 05: 国内第一人者が語るMastodonのこれから

巻頭のマストドン会議の特集では,mstdn.jp管理人だったぬるかるの写真も掲載されていた。その他,江添亮による発表では,マストドンの技術面はB級で,プログラマーとしてはマストドンは評価できないが,オープンソースであることは評価できるとあった。

マストドン会議は存在を知らなかったので参考になった。やはり,マストドンは技術的にはたいしたことはなさそうだ。

p. 71: 神は雲の中にあられる

遠藤 諭によるマストドンブームの火付けとなった2017-04-10の記事執筆関する経緯が記されていた。元々,その前週の4/6, 4/7に海外ニュースで取り上げられており,Twitterが好きだった著者の耳に入り,実際に登録してみて,日本のニュースサイトで誰も取り上げていないことを受けて記事を作成されたそうだ。

その他は,2007年に盛り上がったセカンドライフやら,Facebook Spacesとの対比を言及していた。

ただ,ページ数がたったの2ページしかなく,文量が少なすぎて物足りなかった。

結論

Mastodonの特集があり,ブームの火付け役である遠藤 諭による特集があるので期待していた。

しかし,全体的な文量が合計でも4ページしかなく,いくら何でも量が少なすぎた。文量としては,ITmediaの連載が圧倒的に多く,アスキーと比べ物にならない。

ただし,それでも遠藤 諭の記事があるのは貴重だったので,資料としてはありだった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/13/


週刊アスキー No.1125 (2017年5月9日発行) [雑誌]

書評☆2 週刊アスキー No.1124 | はじめての週刊アスキーで情報量の多さに驚くも,巻頭のMastodon特集は表面的な情報だけで物足りない

概要

Mastodonの記事目当てで購入した。

巻頭特集として,柳谷 智宣によるp. 6-9の4ページにかけてMastodonの紹介記事が掲載されている。

内容は,一般的なMastodonの使い方が書かれているだけだった。メールアドレスとパスワードを使い回しへの注意と,MastodonアプリとしてTurskyとAmaroqが紹介されていた。

アスキーには,Mastodonブームの火付け役でもある遠藤がいるため,期待していたのだが,こちらではなく,No. 1125で彼の記事が書かれていた。

週刊アスキーの雑誌を読むのは本書が初めてだ。情報量の多さに驚いた。ガジェットやサービスに関する記事が充実しており,読み応えはあった。

参考

p. 128: 利用料無料のTシャツ制作サービスリニューアルで1枚から販売可に

Tシャツ制作サービスであるスパイスライフの「STEERS」のリニューアルの紹介があった。Tシャツ販売は若干興味があったので,参考になった。

結論

Mastodonの情報を求めて読んだものの,一般的な情報だけで文量も少なくて物足りなかった。

週刊アスキーを読むのは初めてだが,ガジェットやサービスに関する情報が多く,読み応えはあった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/12/


週刊アスキー No.1124 (2017年4月25日発行) [雑誌]

書評☆4 MastodonからYouTuberまで。松尾公也さんと語る「情報発信」のカタチ | 「マストドンつまみ食い日記」の中の人によるMastodonの企業利用の課題やMastodonの価値など

概要

日本で最もMastodonについて書いているITmediaの編集者・記者であり,Mastodonに関する連載の「マストドンつまみ食い日記」の担当者の一人でもある松尾公也とのMastodonに関する対談を綴ったメールマガジンの内容をまとめた電子書籍となっている。

具体的には,2017-09-01発行のVol. 140から2017-10-13発行のVol. 145までで6回に分けて掲載された内容を抜粋したものとなっている。

試しに,検索でヒットするVol. 143を購入して中身を確認したが,本当に中身が抜粋されていた。Mastodon関係の話題を読むだけならば,こちらが1冊にまとまっていて効率がいい。

ITmediaがMastodonの連載をするようになった経緯が書かれていたり,過去に似たような経緯でブームになりかけたセカンドライフなども引き合いに出して,書籍の2/3ほどMastodonについて議論されている。

残りの1/3はYoutuberでmstdn.guruを運営するdrikinに関する話題だった。

ITmediaの連載の裏話など,Mastodonブーム開始当初から継続的にMastodonに関わって来た記者ならではの視点や考えが書かれておりよかった。

参考

■ネットサービスと「流行り廃り」

松尾: ひとつ問題だと思っているのが、今セキュリティ的にひとつ甘い部分があって。今、メールアドレスをログイン時に使わなくてはいけなくて、それを収集してしまうことがあるんですね。それがサーバ上に置かれている、ということをコンプライアンス上、問題視する企業というのが多くて。

企業がMastodonを使う上で今まで気づかなかった問題点が指摘されており参考になった。

■Mastodonに乗った企業の今後

松尾: SNSを実験的に、自分のコミュニティでどれだけできるか、ということを試すぶんにはすごくいいと思うんですよね。ただそこで、どういうふうな商売になるかということを、自分たちがどれだけネタをSNSの中に提供し続けることができるか、ということにも繋がるわけで。それができないところは大体終わっていくんじゃないかと


松尾: もとのコンテンツがあったとしても、積極的に人を引っ張ることが会社の中でできていないと、やはり難しい部分がある。


西田: 各個人が例えばブログだとか、個人ホームページを持った時に、BBS機能を付けたがったじゃないですか。でも冷静に考えると、あれって面倒くさかったですよね。本質的には、マストドンがやろうとしていることはあれだと思ってるんですよ。


西田: だとするならば、いわゆる「お金になるから企業をひっ捕まえて」というよりは、個人がコミュニティを作りたいんだったらこれで簡単に作れるし、機能的にも楽だから、こっちに来るんじゃないの、という流れが本質的なのかなと。

Mastodonの企業利用についての言及されていた。ここでの言及内容はけっこうあたっており,積極的にユーザーを引き込めるコンテンツがあり,努力もしているPixivや,閉鎖してしまったドワンゴがある程度成功していた。

しかし,その他の企業サーバーはいまいちなままで徐々に閉鎖していっている。

一方,仲間内でわいわいやるような使い方がけっこう残っているように感じている。ここで言及されている内容はけっこう当たっているように感じる。

■複数のSNSを「使い分ける」価値とはなにか

西田: というのは、SNSがもう既に強固なものがあるんだったら、それと同じことをするんだったら要らないんじゃないの、って言われるわけですよ。じゃ、既存のSNSとは違うことは何か、というと、多分今おっしゃられたような、LIVEで、何が起きたかというのが全部残っている,しかもそれを簡単に見られるし、人にもう一回入ってもらうこともできるし、運営もできる部分なのかという気はしますね。


松尾: Twitterを見たとしても、Twitterはいろんなペルソナを持っている、それの集合体なので、例えば自分のことだけを話しているわけでもない。その人のツイートをずっとフォローしてても、ノイズが多すぎて、追うこともできない。

でも、特定のインスタンスであれば、その中にあるものだけを追っていけば済んじゃう、と。

西田: そうすると、それぞれのインスタンスの特質を理解する、理解を誘導するための仕組みだとかっていうのが足りないのが今の状況なのかなと。

松尾: そうですね。総合的なインデックスページがない、ということですね。そこは、マストドンの運営も今少しは考えていて。

joinmastodon.orgというページがあって、そこでいくつかの質問に答えていくと、適切なインスタンスを教えてくれるんです。まだ日本語にも対応してないし、不完全なものですけど。


西田: 個人的には、一般的なSNSと混ぜて使うアプリケーションがもっと出てきたほうがいいのかなと思ってるんですね。


松尾: や、一応あるんです。「Ore2」というやつなんですけれども。

ここで言及されている内容は,mstdn.jpにおけるMastodonの文化祭だとか,オフパコ事件だとかを連想した。こうしたLIVE感がサーバーの中で感じられるのが,SNSを使い分ける価値にも繋がるという感じだろうか。

あと,Ore2というアプリは初めて知った。

結論

「マストドンつまみ食い日記」の中の人の一人としてブーム当初から関わってきた著者によるMastodonに対する考えが書かれていた。

セカンドライフなど過去のブームも引き合いに出しながら,ポイントが手短に書かれており,参考になった。文量もほどほどで一気にさっと読めた。

ここで書かれていた企業利用の課題やポイント,今後の動向は当たっているところもあり,本質を突いている部分もあるように感じた。

この連載だけまとめて本にしていただいたのはとてもよかった。個人的には,文量が物足りないので,もっと長く読みたかった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/11/


MastodonからYouTuberまで。松尾公也さんと語る「情報発信」のカタチ: 小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」対談シリーズ

書評☆3 Mastodonとは: 脅威の分散型SNS | Mastodonブーム直後に発売された日本で最初のMastodonの本

概要

日本でMastodonブームが始まった2017-04-16頃の直後である2017-04-17に出版された日本で最初のMastodonに関する本だ。

Mastodonに関して,2017-04-16時点の利用状況や,関連用語を簡単に説明し,使い方を解説している。

Mastodon初期の問題だったアカウント削除機能の欠如が注意書きとして何回か本文内で指摘されているのが印象的だった

その他,巻末に参考としてMastodonに関するたくさんのリンクが貼られている。

内容自体は表面的で薄っぺらかった。ブーム直後に出たことに価値があるだろう。

また,巻末の参考リンクも雑多に列挙されているが,参考になるかもしれない。

結論

日本で最初のMastodonの本だった。ブーム直後に出版されたのは電子書籍ならではだった。

しかし,やはり内容は薄く,今読んでもあまり参考になるところはなかった。

あえていうなら,雑多に貼られた巻末の参考リンクで,何個か興味深いものがあったくらいだ。

Mastodonに関する資料としては価値はあるが,今となってはその他は巻末の参考リンク以外あまり参考にならないだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/10/


Mastodonとは: 脅威の分散型SNS

書評☆1 マストドン・500文字劇場 | Mastodon上での投稿を100個束ねたショートショート集

概要

著者のMastodonのアカウントから,Mastodonブームが始まった2017-04-18直後から2017-06-01まで投稿してきたショートショート100話がまとめられた本となっている。

Mastodonはデフォルトで500文字の文字数制限があり,1話あたり500文字程度の短い話の寄せ集めとなっている。

BCCKSというサービスを使って,出版されたようで,内表紙にその情報が書かれている。肝心のURLはを開いても,非公開ページとなっており,Webから見ることはできなかった。

マストドンの文献を集めており,マストドンのキーワードでヒットしたため,読んだ。Mastodonのアカウント上での,投稿内容の寄せ集めである都合,Mastodonの話題もわずかに書かれている。しかし,書籍の大部分は著者のショートショートであり,Mastodonの話題はほぼないと思っていい。

Mastodonに関して何か有益な情報が得られるかと期待して最後まで読んだが,結局何も有益な情報は得られなかった。500文字程度では,ちゃんとした面白い内容の話を書くのは難しい。

150円のお金を払って,100話もつまらない小話に付き合わされて,損した気分になってしまった。

奥付けの出版日が2017-04-18となっているが,収録されている100話目の日付は2017-06-01となっている。Kindleの出版体系が不明だが,日付の対応が取れていなくて不思議に思った。

結論

Mastodon上で投稿した内容をまとめて本として出版するという面白い試みだった。

ただし,こちらはMastodonに関して何かしら情報を得るために読んだのだが,その目的では全く役に立たなかった。

あくまで,著者による1話500文字程度の創作小話の寄せ集めに過ぎない。著者のファンであれば読む価値はあると思うが,そうでなければ時間の無駄に終わると思う。

そもそも,500文字程度で人に面白いと思わせるのは無謀だろう。娯楽として消費したいなら,星新一のショートショートであったり,俳句や短歌,4コマ漫画のような既に確立されて評価の固まっている媒体を使うことを強く薦める。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/09/


マストドン・500文字劇場: スーパーショートショート集 (RasenWorks)