書評☆4 気づけばプロ並みPHP 改訂版 | Webサービスの必須要素をフルスクラッチのPHPで網羅

概要

  • 書名: 気づけばプロ並みPHP 改訂版
  • 副題: ゼロから作れる人になる!
  • 著者: 谷藤 賢一
  • 出版日: 2017-03-06
  • 読了日: 2019-12-04 Wed
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/08/

評価

PHPによるWebサービスの開発方法に興味があり,多くのWebサイトでこの書籍が推薦されていたため興味を持って読んだ。

書籍の内容としては,ショッピングサイトを題材にPHPによるWebサービスの開発を学ぶ本となっている。

動作環境はPHP 5+XAMPPとなっている。PHPの基本機能しか使っていないので,PHP 5でも7でも特に影響はなさそうだ。

前著の「いきなりはじめるPHP ワクワク・ドキドキの入門教室」である程度PHPについて知識があることをベースにしている。が,本文でもある程度説明はある。

Webサービスに必須の以下の機能を具体的にどのように実装するのか学べるようになっている。

  • DB操作
  • セッション管理
  • メール送信
  • ファイルダウンロード
  • 会員機能

PHPの教本はいろいろ出ているが,書籍の末尾にDB操作だけとか,PEARなどの外部ライブラリーやフレームワークを使っていたり,どれも微妙なものばかりな印象だった。

この書籍はPHPの基本機能だけで,ここまで網羅的にWebサービスに必要な機能を説明しているところが,他の書籍と一線を画している。そして,初学者を強く意識しており,あまり細かいことの説明を避けて,本質的な部分の説明に絞っている。

入力チェックのために画面構成が冗長であったり,まどろっこし部分などがあったりはするのだが,丁寧に順序立てて説明しており,よかった。

本書1冊をきっちりこなすことができれば,自分で会員機能のあるWebサイトを構築でき,半年から1年のPHPの実務経験と同等の経験が身につけられそうに感じた。

本書をきっちりこなして基礎を身に着けてから,Smarty,CakePHP,Laravel,Symphonyのような人気のPHPのフレームワークを触るのが正攻法に感じた。

結論

PHPの入門書は何冊か読んだが,入門書の次の一冊としてこの本がよかった。入門書ではWebサービスに必要な要素の説明が欠けている。

例えば,セッション管理の説明はあるが,実際の会員機能については説明がない。そのため,ログイン後のページアクセスではどのようにログイン中かそうでないかを判定し,処理を分けるのかまで書かれていない。そうした実際のWebサービスには必要な細々としたことが,一つのショッピングサイトを作ることで本書で学ぶことができる。

また内容が実践的なものが多く,例えば配列の使い方にしても,単純な使い方だけではなく,配列のキーをうまく使うことでif文を省略できるなど,実用的な使い方を説明していてよかった。

多くのサイトで本書が推薦されているだけのことはあると感じた。

セキュリティ的に問題があったり,UIや画面構成がいまいちだったりはするが,基本については押さえられており,遊びの個人サイトであればセキュリティに目をつぶってそのまま流用できるのではないかと思った。

教科書的に無味乾燥なサンプルをやるのではなく,実践的な内容が詰まっており,いい本だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です