書評☆3: Web API実践リファレンスブック | 46のWeb APIを紹介しているだけの本

概要

  • 書名: Web API実践リファレンスブック
  • 副題:
  • 著者: 加藤 貴之 and 佐久間 勇樹 and 関戸 亮介 and いわさき ゆうだい
  • 出版: 2007-05-31
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/29/

評価

Web APIの勉強中に読んだ1冊だ。

46ものWeb APIを検索系,変換系,認証系,表現系の4の分類に分けて,それぞれのWeb APIの使い方を解説している。

これらの46のWeb APIについて,著者独自の5段階評価を付けており,有用なWeb APIの検討に役に立つ。

ただ,書籍の内容がひたすらWeb APIの解説をしているだけで,既存のマッシュアップ事例を紹介する程度で,発展的な内容はなかった。

Web APIをどう使えば面白いことができるかという点が一番重要なだけに,ある程度自分でアイデアを出せる人,既にマッシュアップを作ったことがあり,新しいAPIを探している人向けの本に感じた。

結論

46もの多数のWeb APIについて,基本的なことだけを解説している本だった。

もう少し発展的な内容があればよかったのだが,正直Web APIを解説しているだけだと物足りなかった。

マッシュアップのアイデアも含めた内容になると,やはり本書でも引用されていた「PHP×Webサービス APIコネクションズ」がよさそうだ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL