書評☆4: PHP×WebサービスAPIコネクションズ | 26もの大量のWeb APIの紹介と考察はアイデアとして今でも有効

概要

  • 書名: PHP×WebサービスAPIコネクションズ
  • 副題:
  • 著者: 秋元 裕樹
  • 出版日: 2006-11-30
  • 読了日: 2020-02-19 Wed
  • 評価: ☆4
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/03/01/

評価

Web APIについての調査中に読んだ1冊だ。

26ものWeb APIの紹介とPHP 5による使用例,そのWeb APIを使ったサイトや応用例の考察,さらにこれらのWeb APIを組み合わせたマッシュアップの実例を解説している。

全編PHP 5+PEARライブラリーという構成で実例は書かれている。

2006年出版でPHP5でのWeb APIの実例と,ここまでであれば過去に読んだ「Web API マッシュアップブック」と類似している。

ただし,情報の量と質が段違いだと感じた。例えば,Web API マッシュアップブックは7のWeb APIしか紹介していなかったが,本書は収録されているWeb APIは26と数が単純に多い。そして,その一つ一つにそのWeb APIを使ったサービスと応用例の考察がある。情報の量と質が違った。

26ものWeb APIに対して,使い方と実例コードを掲載しながら,利用サービス,応用例を考えるというのだけでも相当な労力がかかるだろう。おそらく,著者のブログ「秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ | akky’s work blog」でも公開されている内容や作業メモ,後述するProgrammable Webを参考にしたとは思う。それでもこの量を1冊の本にまとめたのはすごいと感じた。

個人的には,実際のWeb APIの利用サービスと応用例というアイデアの部分だけでも読む価値があると思った。Webサービスの価値は,最終的には技術というよりはアイデア勝負になるところが多いからだ。

そういう意味で,技術的なところは時間と共に古くなるが,アイデアの部分は古くならず,本書は未だに価値があると感じた。

引用

p. 13: COLUMN | WebサービスAPIの総合サイトProgrammable Web

Programmable WebというWebサービスAPIやその応用を収集・公開しているサイトを紹介していた。

このようなサイトを知らなかったので,参考になった。たぶん,本書の応用例のWebサービスや本書内で紹介しているWeb APIもここから持ってきているのではないかと思った。

結論

26ものWeb APIの紹介とその考察がまとめられた本だった。

実際にWeb APIを使ったマッシュアップの開発というのは,2020年の今でも未だに有効な方法だ。ただし,何をどう組み合わせるかというサービスの肝の考案が未だにネックになる。

2006年に出版されており,当時のWeb APIとPHP 5での解説のため,技術的にはあまり通用しない部分があるだろう。ただし,本書内で展開されたWeb APIの利用例と応用例の考察は,時間が経過しても色あせず,未だにアイデアの参考になると感じた。

古い本だが手元に保持しておきたいと思えるいい本だった。

「書評☆4: PHP×WebサービスAPIコネクションズ | 26もの大量のWeb APIの紹介と考察はアイデアとして今でも有効」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です