書評☆3 IoTで変わるのは製造業だけじゃない | 政府調査結果に基づいたIoTやブロックチェーンの活用動向の考察

概要

IoTをメインに,近年のビジネスのトレンドであシェアリング・エコノミー,AI,ブロックチェーンなどでどのようなビジネスが産まれるかが書いてある。

けっこう一般的なことも書いてあるが,政府の調査などを引用した考察も書かれており,参考になるところがあった。

参考

p. 3: はじめに

経済産業省も2015年度の「ものづくり白書」で、「IoTとはネットワークの活用、ビッグデータの活用により設備の運用効率および顧客に提供するものづくりの変革であり、単に生産性を高めるだけでなくビジネスモデルを含む企業活動全体を再考し、再構築することである」と述べています。

IoTとは何であるかというのは,いろいろいわれていてはっきりしない。経済産業省によるIoTの定義が書かれており参考になった。

p. 49: 表2-1 ウェアラブルデバイスの主な用途

(出典) 総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

ウェアラブルデバイスがどういう分野で使われるのかがわかった。

p. 119: 表5-1 ブロックチェーンの5つのユースケース

  • ねらい : 対象 : 内容
  • 価値の流通・ポイント化,プラットフォームのインフラ化 : 地域通貨,電子クーポン,ポイントサービス : 自治体などが発行する地域通貨をブロックチェーン上で流通・管理
  • 権利証名行為の非中央集権化の実現 : 土地登記,電子カルテ,各種登録 (出生,婚姻,転居) : 土地の物理的現況や権利関係の情報をブロックチェーン上で登録・公示・管理
  • 遊休試算ゼロ、高効率シェアリングの実現 : デジタルコンテンツ,チケットサービス,C2Cオークション : 試算などの利用権移転情報、提供者・利用者の評価情報をブロックチェーン上に記録
  • オープン・高効率・高信頼なサプライチェーンの実現 : 小売,貴金属管理,美術品などの真贋認証 : 製品の原材料からの製造過程、流通・販売までをブロックチェーン上で追跡
  • プロセス・取引の全自動化・効率化の実現 : 遺言,IoT,電力サービス : 契約条件、履行内容、将来発生するプロセスなどをブロックチェーン上に記録

出典:経済産業省商務情報政策局「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」(平成28.4月)

ブロックチェーンの有望な分野と利用例を知れた。

結論

総務省の調査結果が引用されており,IoTやブロックチェーンが実際にどういうところで活用されるのかが把握できた。

これらの分野をやっていくうえでの,政府調査結果の一次情報にたどり着くのに役に立った。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/30/

書評☆2 オブジェクト指向に関する情報工学の研究資料向け | パターンとフレームワーク

概要

富士通,IBM,東芝といった大手PCベンダーの研究所に勤務する4名による共著。オブジェクト指向におけるパターンやフレームワークを解説している。

オブジェクト指向について学ぶために借りたのだが,目的と内容があまり一致しなかった。1999年出版で古いのもあるが,内容が情報工学の教科書や研究よりな内容が強い。

参考文献が充実しているのはいいのだが,内容が小難しくて一般の人は読んでいてもつまらないと思う。ただし,引用が多いため,この分野を研究する情報工学の研究者にとっては有用な資料になるのではないかと感じた。

結論

オブジェクト指向のパターンやフレームワークを学ぶために読んでみたのだが,一般人にはあまり向いていないので注意しよう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/29/

書評☆3 電子工作が上達するセンサーのきほん | 23個ものセンサーの概要を解説

概要

電子工作で使われるセンサーが一通り紹介されている。

内容は大きく以下の3部構成となっていた。

  1. 人間の五感について
  2. 電子工作のセンサー
  3. 電子工作

  4. の電子工作のセンサーが本書の主な部分だ。見開きで1個ずつ左に解説,右に図解のレイアウトで約23個ものセンサーを紹介していた。

どういうところで使われており,どういう仕組みになっているのかが簡単に書いてあり,センサーの概要を把握するには良かった。

ただし,細かいことまでは書いていないので,あくまで概要を把握するためのものだった。

結論

電子工作をやる上で,センサーはほぼ必ず使う。仕組みを理解せずに使うよりは,だいたいの仕組みを理解しておいたほうが,役に立つ。

その意味で,センサーの概要を把握するのに本書は役に立った。ただし,細かいことは書いていないので,より詳しく知りたければ,別の本をあたる必要がある。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/28/

書評☆4 やさしくはじめるラズベリー・パイ | Raspberry Pi入門書の中では最高クラスのガジェット例の豊富さ

概要

Raspberry Piを使ってガジェットや簡易ロボットの制作を学ぶ入門書だ。言語にはPythonを採用している。

Raspberry Piの入門書も数がある。その中で,この書籍の特徴は以下2点だ。

  1. 全編フルカラーで図解が豊富でわかりやすい
  2. 後半の電子工作例がかなり豊富

約280ページの書籍の2/3である約200ページを電子工作パートに当てられており,これは入門書としてはかなり豊富なほうだ。また,内容も実践的で高度なものが掲載されている。例えば,Webカメラの利用,OpenCVによる画像認識から,スピーカーからの音声の再生,音声認識,赤外線通信,LINE notify (Web API) との連携など。

逆に,Webサーバー的な機能 (取得したデータをWeb画面でグラフ表示など) はあまり解説していなかった。

本文中のソースコードもあまり長くならないように配慮されていると感じた。IoTをやる上で一通り必要な項目が網羅されていてよかった。

結論

Raspberry Piの入門書はもう数冊以上読んでいる。その中でも,本書は電子工作例がかなり豊富であり,これ一冊でIoTをやる上で必要なものが一通り網羅されていると感じた。

もちろんそれぞれの入門書で重点的に扱われているものは異なるので,他の入門書も参考にしておくのがよいだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/27/

書評☆3 日・米・中 IoT最終戦争 | シャープ買収劇は鴻海のほうこそ生き残りに必死

概要

産業タイムズ社代表取締役であり,半導体分野の記者の第一人者とみえる著者による,2017年付近のIoT関係の動きとその展望を解説した書籍となっている。

アメリカ・中国・日本のIoTをめぐる市場の動き,ソニー・東芝,センサー企業群,次世代自動車,ロボットなどIoTに関して後半に展望を解説している。

特に,東芝の不正会計やシャープの買収など日本企業のネガティブな印象を受ける報道がここ数年で連続している。しかし,まだまだ希望は持てそうな内容だった。

メディアで報道される内容と違った視点もあり参考になった。

参考

p. 32: IoTの3のポイント

IoTのポイントは、大きく3つある。第1は、人を介在させない、または人間の力を使わないこと。第2は、あらゆるものがネットワークで直接的に繋がること。そして第3は、フルカスタムの世界であるということだ。これらの3点がすべて達成されて、初めてIoTと呼べるのである。

IoTの特徴はいろいろ意見が出ているが,一つの参考になった。

p. 42: IoTマーケットは自動車を凌ぐ360兆円規模に

アメリカのサーバーシステム最大手シスコシステムズは、約900兆円のマーケットになると予測している。

世界でもっとも大きな産業はエネルギーで、1300兆円。内訳は石油が600兆円、石炭が200兆円、天然ガスが300兆円、原発が200兆円となっている。2番目は医療で560兆円、3番目は食品で360兆円4番目は自動車で300兆円、5番目はエレクトロニクスで150兆円と続く。

いずれにしても、共通しているのは社会インフラであるということだ。

その中でIoTが900兆円になるとは、とても考えられない。筆者の見立てによれば、360兆円程度が妥当であるだろう。

世界の産業勢力図がわかった。ただし,文献の引用がないのが残念だ。

p. 71: アメリカの弱みは「ファブレス」だ

ところがIoTの時代になると、国際分業はこれまでのようには通用しなくなる。前述の通りパーツがカスタム化され、何百万種類に作り分ける必要があるからだ。ノーブランドの精算請負であるファンドリ企業やサブコン企業では、これには対応できないのである。

逆に求められるのは、垂直統合だ。1社または1つの系列企業群で、1つ1つデバイスから最終製品まで作りこむような世界である。言うまでもなく、そうなれば日本企業の出番だろう。


余談ながら、一方で対応に苦慮しそうなのが台湾などのファウンドリ、サブコン企業だ。これを象徴する出来事が、鴻海精密工業によるシャープ買収劇である。日本のメディアは「シャープの凋落」「台湾企業の軍門に降った」「無能な経営陣」といったネガティブな報道に終止したが、これは本質を見誤っている。鴻海のほうこそ、生き残りに必死なのである。

すでに鴻海は成長のピークを迎えつつあり、得意の電子機器組立も頭打ちとなっている。


だからシャープの買収に多くの望みを託したわけだ。

同社は今後、「シャープ」のブランドを前面に出し、液晶ディスプレイや家電などで勝負をかけようとするだろう。しかし、所詮は下請け専業であり、大量生産・集中生産を得意とするノーブランド企業なので、IoTの時代まで活躍し続けることはできない。時代に取り残されるのは確実である。

IoT時代はフルカスタムの時代になるので,それにあったチームが有利となる。シャープ買収劇は自分もネガティブな印象を持っていたが,別の視点がえられてよかった。

p. 74: 中国がフラッシュメモリーで仕掛けるチキンレース

中国が仕掛けようとしているのは、チキンレースである。そうすれば必ず勝てるという経験則があるからだ。その第一弾は太陽電池。ほんの10年ほど前までは、その生産量も販売量もシェアトップは日本だった。

ところがその後,中国は莫大な国費を投じて100社もの太陽電池メーカーを設立。低コスト・低価格を武器に、日本とドイツのメーカーを叩き潰すことが目的だ。その結果、今では中国が太陽電池に置いて世界の72
%シェアをもっている。目的は見事に果たしたわけだ。

ただし,この話にはいかにも中国らしいオチがある。当初設立された100社の太陽電池メーカーの内、多くは既に倒産、残る会社もかなりが赤字を計上している。


それはともかく、中国が仕掛けたチキンレースは、太陽電池だけではない。LED照明でもいつの間にか世界一のシェアを持ち、今は液晶でもトップを狙っている。


もちろん、台湾・韓国のメーカーもこういう自体を予測している。例えばサムスン電子は、有機ELの生産に傾注し、今や世界の市場をほぼ独占している。大きな差はあるが、2位の韓国のLG電子だ。有機ELは液晶の次に主流になるといわれているパネルで、もともとは日本で開発されたものである。この一点を捉えて、日本のメディアは「韓国に横取りされた」「日本メーカーは大きく水を開けられた」といった報道に終止している。

しかしこの見方は間違っている。サムスン電子にしろLG電子にしろ、有機ELにしか行き場がなかった、という見方が正しい。中国に液晶の市場を叩き壊されることは明白なので、別の分野に活路を見い出すしかなかったのである。

東アジアの電子メーカーの戦略がわかった。

結論

この分野に精通している著者による,著者にしか書けないような内容が多かった。

そのため,今後IoTをめぐる企業間の競争がどういう流れになっているのか,どうなっていくのか一つの視点としてよかった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/26/

書評☆2 どこでも誰とでも働ける | 意識の高い人間による意識の高い現場でだけ役に立つ成功体験が書かれた本

概要

今の仕事が退屈で辛くて,ネットで仕事が退屈なときにどうすればいいか調べていたときにみかけて興味を持って読んだ。

著者の尾原という人は有名人らしい。以下のような立派な経歴の持ち主だった。

  • 京都大学大学院工学研究科応用人工知能講座修了
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • NTTドコモ
  • リクルート
  • KLab
  • Google
  • 楽天
  • Fringe81

この本では,意識が高くて立派な経歴をもち勝組人生を謳歌している著者のこれまでの成功事例が紹介されたいわゆるポジショントーク満載な内容となっている。

成功体験しかしていない人間の成功例しか書かれていない本はあまり参考にならないと思っている。

案の定あまり参考にならなかった。だいたい,こういういわゆる意識高い系の実践例などというのは,同じレベルの意識高い人間が周りにいて初めて有効になる。じゃあ,この本の内容をあほな人間しかいないドブラック企業で通用するのかといわれたら,著者はこのような経験がないし,通用しないだろう。

結局,全てポジショントークであり普遍性はない。たまたま最初成功して,その成功が後ろにも継続しているだけだ。

どうせ書くなら,成功体験だけでなく,失敗体験もかいてほしい。成功しか書いていないならば,都合の悪いことを隠しているただの嘘つきと変わりないので,あまり内容も信用できない。

参考

3 グーグルが最高のブレスト相手になる理由

検索キーワードを探す基本動作はグーグル検索ですが、新着コンテンツを中心に見て回るときは、グーグルアラート (https://www.google.co.jp/alerts)が便利です。

グーグルアラートというサービスの存在を知らなかった。エゴサーチしたりするのに便利そうだと思った。

結論

いわゆる意識高い系の人間により書かれたポジショントークだった。人によっては役に立つと思える内容があったかもしれない。例えば,議事録のとり方などだ。

ただ,自分にとってはそこまで有益なものはなく,ときどき読む自己啓発本特有の意識高い文章を読むことになり,うんざりだった。

著者と似たような境遇の人には役に立つかもしれない。しかし,そのような人間は少数であり,結局読んでもなんとなく意識が上がった気がするだけで無駄に終わるだろう。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/25/

書評☆3 複数の著者によるオブジェクト指向のさわりの解説 | オブジェクト指向をきちんと使いたいあなたへ

概要

オブジェクト指向というテーマに沿って,複数の執筆者によるオブジェクト指向の学び方や考え方などがざっくばらんに書いてある。

もともと,Software Designのこういう複数の執筆者によるムックは自分は好まない。記事が細切れになり,内容が浅くなるからだ。しかも,執筆者によって文体や捉え方も違うのため,戸惑う。ある意味,複数の著者の考えをまとめて知れてよいという面もあるかもしれないが,自分には合わなかった。

一番印象に残っているのは,「1-1 オブジェクト指向の基本を学ぶ」の節だ。

オブジェクト指向によるコーディングの考え方,手順,クラスの設計などが順序立てて解説されていてよかった。ただ,これは既にわかっている人だからできるのであって,こういう考え方,組み方をどうやったら身につけらるのかというのが知りたい。

参考

p. 017: if文とfor文を減らす | 1-1 オブジェクト指向の基本を学ぶ

条件文をif文を使わずに書くスキル、一見ループが必要な処理もfor文を使わない書き方を覚えること。それがプログラミングの力をつけることなんです。

たしかにこれはいえるかもしれない。

p. 020: 参考書 | 1-1 オブジェクト指向の基本を学ぶ

『実践パターン』(ケント・ベック著、ピアソンエデュケーション)も良い本です。クラスやメソッドに、なぜ、どういう名前を付けるべきかのガイドラインがたくさん書かれています。

オブジェクト指向設計を学ぶには『ドメイン駆動設計』(エリック・エバンス著、翔泳社)がすばらしい名著です。難解と言われるこの本を読み解くには『オブジェクトデザイン』(レベッカ・ワークスブラック著、翔泳社)と『実践UML 第3版』(クレーグ・ラーマン著、ピアソンエデュケーション)を読んでおくと良いでしょう。

機会があれば読んでみようと思う。

結論

Software Designの本だけあって,内容が中途半端なので自分には合わなかった。

オブジェクト指向を学ぶ上での名著を知れたので,次はこれらにあたってみたいと思う。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/24/

書評☆3 はじめよう! システム設計 | UIレイアウトデザインには「ノンデザイナーズ・デザインブック」がおすすめ

概要

IoTのキーワードでヒットしたので,IoTのシステム設計について書かれているのかと思って読んでみた。しかし,IoTは一切関係なく,システム設計全般の話だった。

本書は『はじめよう!要件定義〜ビギナーからベテランまで』『はじめよう!プロセス設計〜要件定義の前に』に続く要件定義3部作の完結編に当たる。

フロント層,バック層,DB層をうまく設計する方法についてその指針を解説していた。

上流工程には携わることがなく,あまり興味がなかった。図解を取り入れながら,わかりやすそうに書かれていた。

また必要になったタイミングに,要件定義の本から当たりたいと思った。

参考

p. 045: UIのレイアウトデザインを行う

そこで課題になるのは「ではどのようにしてUIのレイアウトデザインをすればよいのか」ということです。そういうことがわからないからUIデザイナーにお任せしたいのですが、お任せするためには「こういうふうにしたい」というものを材料として提示する必要がある。ここでぐるぐると無限ループに陥ってしまうのです。

この円環を断つには自分がある程度のレイアウトデザインをするしかありません。そこで非常に大きな助けとなるのが『ノンデザイナーズ・デザインブック[第4版]』という書籍です。

このようなデザインのための名著があることを知らなかったので,いずれ読んでみたい。

結論

システム設計をどうやればいいかの指針について書かれていた。残念ながら,今のところ関わる気配はなく,興味もあまりないのでさらっと読み流して終わった。ただし,図解が豊富に掲載されており,分かりやすかったように思ったので,必要になったらまた読み直したい。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/23/

書評☆3 読みやすいがわかりやすいかは微妙 | ゼロからわかる オブジェクト指向超入門

概要

Javaをサンプルとして,オブジェクト指向の入門を解説している。本書全体を通して,図解がふんだんに掲載され,読みやすかった。

オブジェクト指向の理解しやすくするために,UMLによるクラス図とシーケンス図を間に挟んだ形となっている。個人的には,これはいまいちだった。

読みやすくはあるのだが,オブジェクト指向でやるとどう便利なのかというのがいまいち実感を持ちにくかった。どちらかというと,「すっきり分かるJava入門」のほうが分かりやすかったような印象が残った。

まとめ

決して悪くはなく,読みやすかった。しかし,既に別の入門本を読んで,オブジェクト指向についてある程度知識があったので,目新しさがなく,相対的にイマイチな評価となってしまった。

オブジェクト指向の理解がいまいちかなと思って,オブジェクト指向の本を漁っていたときの一冊だったのだが,デザインパターンとか実際の利用例を読んだほうが良かったようだ。

パーマリンク: https://sennooken.jp/blog/2018/10/22/

書評☆2 電子工作の職人技 | 実用的な電子工作例があり,図解も多いが全体的な難易度は高め

概要

電子工作のコツを解説している。

大きく以下の2部構成になっている。

  1. 電子部品の説明
  2. 電子工作例の紹介

全部で130ページくらいの薄い本だが,図解や写真はふんだんにあり,わかりやすくしようという意図を感じた。

ただし,全体的に難易度が高そうな印象を持った。説明の部分でもけっこう専門用語があり,小難しそうなことが書いてあった。特に,後半の電子工作例は,実用的なものを作ることをテーマにしているため,難しそうなテーマしかなかった。

最初は簡単なことを書いてあったのだが,後半にいくにつれて難易度が上がり,バランスが悪かった。

結論

130ページの文量で,電子工作の基礎部分と,実用的な電子工作例を一緒に掲載しようとしていて,その意欲は感じた。しかし,全体的なバランスが悪くなり,初心者には勧められないし,経験者には若干物足りないという中途半端な内容に感じた。

本書が電子工作の「次のステップアップに」と考えている人を念頭に置いているとのことなので,電子工作経験者が後半の実用的な電子工作を目当てに読むのが一番効率いい気がした。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2018/10/21/