書評☆3: 初めてのGraphQL | 貴族のための効率的な最新Web API

概要

  • 書名: 初めてのGraphQL
  • 副題: Webサービスを作って学ぶ新世代API
  • 著者: Eve Porcello and Alex Banks
  • 出版日: 2019-11-11
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/25/

評価

Web APIについて調べている際に読んだ1冊だ。

REST APIよりも効率的な新しいWeb API方式のGraphQLについて書かれている。

最初にREST APIの欠点とGraphQLの利点について説明した後,基本的な概念をグラフ理論を元に説明し,実際にGraphQLのサーバーとクライアントをJavaScriptで開発するところまで説明している。

GraphQLがどういうものかというところを手短に具体的に書いてあり,悪くはなかった。

ただ,GraphQLはまだそこまで普及しておらず,現時点で使う人は貴族だろう。

効率的で利点があるのはわかったが,周りが使うかというのはまた別の話だ。

そういう意味で,自身の社会的身分に余裕がある貴族向けの内容だった。

結論

GraphQLというものがどういうものかを知るには悪くない本だった。

実際にGraphQLを使って何かする際にまた読みたいと思った。

現時点ではまだあまり必要に思わなかったので,軽く読み流して終わった。

書評☆3: 速習 Laravel 6 | Laravel 6の全体を概説した中級者向けの本

概要

  • 書名: 速習 Laravel 6
  • 副題:
  • 著者: 山田 祥寛
  • 出版日: 2019-09-04
  • 読了日: 2020-02-19 Wed
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/02/23/

評価

PHP Laravelについて勉強しているときに読んだ1冊だ。

PHP Laravel 6は2019年にリリースされたばかりで,このバージョンで解説された本はまだ少ない。そういう意味ではまだ希少な1冊だった。

サンプルプログラムを例に,Part 3までで全体の基本的なところを説明し,残りの章でビュー,ルーティング,コントローラー,状態管理,データベース連携の細かい話を説明していた。

フレームワーク未経験で,Part 3までは理解できたのだが,そこから先がいまいちだった。Part4からは細かい話になっており,イメージがつきにくかった。

Part 3の続きで,サンプルアプリを作る中で,どういうことをするのに必要だからこの機能を使うという形で説明してもらったほうが分かりやすかった。

Part 4からは機能の使い方の説明が多く,それをどう実際に使うのかのイメージがつきにくく,自分には難易度が高かった。

結論

PHP Laravel 6の全体を解説していた。ただし,フレームワークでの開発経験がないと,理解するのが難しい部分があった。

Part 3の基本部分まではついていけたが,それ以降の細かい部分は難易度が高く,中級者向けの本で,自分にはあわなかった。

書評☆3: プログラマが知るべき97のこと | 薄く広い知見が収録されたプログラマーの教養本

概要

  • 書名: プログラマが知るべき97のこと
  • 副題:
  • 著者: 和田 卓人 and Kevlin Henney and 夏目 大
  • 出版日: 2010-12-10
  • 読了日: 2020-02-14 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/20/

評価

ときどき紹介されていて気になったので読んでみた。

内容としては,73人のプログラマーによる97本のエッセイと,日本人プログラマー8人による10本の合計81人による107本のエッセイが掲載されている。

エッセイといっても,題名通りプログラマーのためのものであり,「達人プログラマー」のように,他の本で書かれているような開発上のコツなども書かれていた。

エッセイ集になっているのもあり,ややとりとめもなく,1-2ページ程度で話が終わってしまい,薄くて浅い教養本な感じがしてしまった。

教養として読むのは悪くないのだが,本書で引用されているような本をあたったほうが勉強になるように感じてしまった。

結論

プログラマーの教養本だった。他の本で書かれているような内容が断片的に書かれており,教養本の通り,薄くて広い知見が得られる本だった。

ただ,個人的にはどこかできいたことのあるような話が浅く書かれており,少々物足りなかった。

けっこうテストが大事とか書かれているのだが,いうのは簡単だが今までやったこともなく,周りで誰もやっていないものを習得するのはなかなかたいへんだ。

書評☆3: 天才を殺す凡人 | 周りの人間との相性が全て

概要

  • 書名: 天才を殺す凡人
  • 副題: 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
  • 著者: 北野 唯我
  • 出版日: 2019-01-16
  • 読了日: 2020-02-12 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/18/

評価

2018-02-23に公開された「凡人が、天才を殺すことがある理由。」のブログ記事が書籍になった。電車内広告で見かけており,2019年に勤務していた会社の同僚にお勧めされて興味を持って読んだ。

まえがきにあるとおり,才能を「ビジネスの世界で必要な三つ」に定義し,その才能を活かす方法を段階的に解き明かしている。

内容自体は,ブログ記事を元に天才,秀才,凡人と全てを理解する天才によるベンチャー企業をモチーフにしたストーリー仕立てで進行していく。カリスマ社長の天才,それの右腕の秀才,社長と創業当時からの知り合いの凡人の役割で,凡人視点で物語が進む。

秀才の策略で天才社長が周りに理解されず,社長を助けようと凡人が奔走するも,退任に追い込まれるという話だった。

副題に,「職場の人間関係に悩む、すべての人へ」とあるが,書籍の内容的に周りに理解されない天才とどうにかうまくやる方法を書いているように感じた。

ただ,結局本書の最後では理解できる人間を見つけてアプローチするしかないという,見も蓋もない終わり方をしていて,いまいちだった。

この本の中では,おそらく自分は秀才に該当すると感じており,実社会で周りと全然話が噛み合わず,居づらくなって退場というのを2-3回経験している。

今までを振り返ってなるほどと重なる部分はあった。ただ,どうにかできたかというとそれは無理だと感じた。いつもだが,結局周りの人間次第というのが大きい。成功も失敗も周りの人間との相性が大きい。本書でも「最強の実行者」 (共感性があり,主語が組織の人) にうまくアプローチしたりしていたが,そういう人物に適切なタイミングで出会っていなければ,後の祭りだ。

そういう面で,本書は現象の理解には役立つかもしれないが,現実には何もできないように感じた。

引用

p. 34:人の才能は3種類ある

  1. 天才: 独創的な考えや着眼点を持ち、人々が思いつかないプロセスで物事を進められる人
  2. 秀才: 論理的に物事を考え、システムや数字、秩序を大事にし、堅実に物事を進められる人
  3. 凡人: 勘定やその場を敏感に読み、相手の反応を予測しながら動ける人

なんとなく普段の生活で感じていた分類が明確にかかれていた。

p. 44: 多数決は「天才を殺すナイフ」・大企業でイノベーションが起きない理由

「拡大は『事業KPI』で見られるし、金を生むフェーズは『財務上のKPI』で測るころができる。経営科学の発展によって、プロセスが十分に科学されてきた功績だべ。だどもな、問題は『創造性』や。言い換えれば『天才かどうか』を、測る指標がないことや」
__
「たしかに創造性は、直接観測できへん。だども、社会からの『反発の量』で間接的にはかることができる」

多数決になると,少数派は不利になるのは当然。

p. 124: 異なる主語を持つ人たち

「天才、秀才、凡人、この三者のコミュニケーションは、『軸』が違うから永久に交わることがない。この話は以前したやろ」


「その理由の根源は『主語の違い』なんやわ」


  1. 主語を、人メインで語る人。凡人に多い。
  2. 主語を、組織やルールなどの、善悪で語る人。秀才に多い。
  3. 主語を、世界や心理など、超越した何かで語る人。天才に多い。

コミュニケーションの軸でなるほどと感じた。

p. 134: 主語を変え、「最強の実行者」を巻き込む瞬間

「でも、結局、なぜ『あなたなら、どうしますか?』がキラークエスチョンなんですか」


「この質問はまさに、主語を変えるためのものやからや。凡人が、秀才を説得できない理由の一つは『主語の違い』や。秀才のほうが組織全体や社会全体が見えているからこそ、凡人の発言というのは、ホンマに『ただの感想』や『意見』に見える。ほんでちょっと、心の中で見下す」

よくあるコミュニケーションのテクニックの一つだった。

結論

話題の本であり,少し期待していた。ある意味期待通りで面白かった。

ただ,よくある自己啓発本と同じで,この本を読んで現実世界の行動で何か変化を起こせるかというと何も起こせないように感じた。

結局のところ,周りの人間との相性次第で,運任せな部分が大きい。メカニズムを理解できたところで,それを役立てることができないならば,特に意味はない。

ただ,内容は面白かったので,教養として読むのがいいと思った。

書評☆3: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版 | Google Maps APIを超ボリュームで詳説

概要

  • 書名: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版
  • 副題:
  • 著者: 勝又 雅史
  • 出版日: 2012-12-04
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/16/

評価

Web APIの教材を漁っていて読んだ1冊だ。

書名どおり,Google Masp APIを解説している。全編がJavaScriptによるものとなっており,機能の説明とサンプルコードが掲載されており,詳しい。また,全体的に量が多く,ページ数も500ページ超えと分厚さに圧倒される。

ただ,あくまでAPIの使い方に終始しており,どう使えば便利かなど実際のアプリケーションのところは自分で考えないといけない。

Google Mapsを使って地理情報を使った何かをしたい場合に役立つと思った。文量が多く,細かいところまでは現時点では興味なかったので軽く読み流して終わった。

結論

Google Maps APIについて詳しく書かれている本だった。

Google Mapsを使って何かやりたい場合にまた読みたいと思った。

書評☆3: Amazon Web Servicesプログラミング | AWSの管理コマンドの解説

概要

  • 書名: Amazon Web Servicesプログラミング
  • 副題: APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで
  • 著者: Jurg van Vliet and Flavia Paganelli and Steven van Wel and Dara Dowd
  • 出版日: 2012-09-21
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/13/

評価

Web APIの教材を探しているときに読んだ1冊だ。

Amazon Web Services (AWS) の使い方を解説している本だ。

Web APIを使った例を期待したいのだが,第4章に少々ある程度で,その他はひたすら管理コマンドの解説をしている。

はっきりいって地味すぎて全然興味を持てなかった。

AWSで運用するアプリケーションを既に持っている人が,AWSで効率的に運営するためのノウハウを学ぶための本のように感じた。

自分にはまだ早すぎた。軽く読み流して終わった。

結論

AWSの管理コマンドを解説している本だった。期待していたWeb API要素はほとんどなく,期待はずれだった。

肝心のAWSの解説も,かなり地味な内容で興味を持てず,自分にはまだ早すぎた。

書評☆3: HTML5ガイドブック | HTML 5で新規追加されたJavaScriptによるWebブラウザーAPIの解説

概要

  • 書名: HTML5ガイドブック
  • 副題: Google API Expertが解説する
  • 著者: 羽田野 太巳 and 白石 俊平 and 古籏 一浩 and 太田 昌吾
  • 出版日: 2010-09-21
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/11/

評価

Web APIについての勉強資料を漁っていて読んだ1冊だ。

HTML 5で新しく追加されたWebブラウザーで使える以下のJavaScript APIについて解説している。

  • Canvas
  • SVG
  • Video & Audio
  • Drag & Drop
  • Offline Events
  • WebSocket
  • Web Workers
  • Geolocation

CanvasとVideo & Audioのみ40ページ程度で解説しており,その他はだいたい20ページずつのページ数となっている。

内容は要点を絞って,実例も用いながら使い方を解説しており,これらの機能について学ぶ上では参考になると感じた。

Web APIとはいったものの,こちらはWebブラウザーのJavaScriptのAPIといったほうが正しく,こちらが探していたものとは違った。そのため,軽く読み流して終わった。

結論

HTML 5で新規追加されたWebブラウザーのAPIにポイントを絞って解説した本だった。

これらの機能について学ぶには良いと思った。ただ,自分が探していたものとは違ったため,軽く読み流して終わった。

告知: 書評・食評・MTGの過去記事の移転完了

メインサイトのsenooken.jpで2019年11月末まで投稿していた投稿の内,別サイトに分離した書評・食評・MTG関連の投稿の移転が2020-02-09 Sunの夜間に完了したのでお知らせする。

共通内容のため,書評・食評・MTGのそれぞれのannounceカテゴリーにも同じ日付 (/post/2020/02/09/) でマルチポストしている。

メインサイトの肥大化に伴い,2019年の年末にかけて以下の告知通り,書評・食評・MTGの記事を別サイトに分離した。

分離したといっても,新規投稿を別サイトで投稿するようにしただけで,過去の投稿はメインサイトに残ったままだった。

食評は30記事程度だが,書評とMTGに関しては200以上の過去記事が存在しており,これらの過去記事の移転が課題だった。

新規投稿記事内で過去の記事を参照することがそれなりにあり,その度にメインサイトの過去記事を参照するのが折角分離したのに汚くて嫌だった。そこで,今回重い腰を上げてようやく実施した。

移転作業は以下の3手順で実施した。

  1. メインサイトから該当カテゴリーの記事のエクスポート
  2. サブサイトでのインポート
  3. メインサイトの該当記事のサブサイトへのリダクレクト設定

1-2はWordPressプラグインの「DeMomentSomTres Export」を駆使して行った (参考: WordPressで特定の記事と画像を簡単に別ブログへ移転する方法)。

ただし,3.のリダイレクト設定に関しては,リダイレクト対象が多く,プラグインを使っても結局手作業となるため,自分で一括入力するためにApache HTTP Serverの.htaccess設定ファイルを直接編集して実施した。

WordPressのマルチサイトで運営しているのもあり,ここのリダイレクト設定にはまり,思いの外時間がかかってしまい,結局2020-02-09 Sunをほぼ丸一日使うことになった。

このあたりの技術的な詳細に関しては,余力があれば別記事としてメインサイトに投稿したい。

概ね,2019年11月末までの記事がリダイレクト対象となっている。

今回の移転により,例えば自分のブログ記事としても最初のMTG記事の [https://book.senooken.jp/post/2010/06/12/] へアクセスすると,[https://mtg.senooken.jp/post/2010/06/12/] にきちんとリダイレクトされる。

なお,移転が完了したといっても,移転先でのカテゴリーが移転前のものを継承している都合,そこに一貫性がない。とはいうものの,記事さえ移転できれば些細な問題でもあるので,気が向いたときに直したい。

リダイレクト設定したので実際に表示されることはないものの,念のためメインサイトにも記事や画像を今月いっぱいくらいまでは残しておくことにする。

くだらない内容であっても,ブログは自分の大事な資産だ。他人のWebサービスではなく,自分が管理できるWebサービスで今後も蓄積していきたい。

書評☆3: OpenSocial入門 | SNSブーム直前に出版された歴史資料

概要

  • 書名: OpenSocial入門
  • 副題: ソーシャルアプリケーションの実践開発
  • 著者: 田中 洋一郎
  • 出版日: 2009-01-25
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/09/

評価

Web APIの勉強資料を探していて読んだ1冊だ。

2007年11月にソーシャルアプリケーションプラットフォームの標準仕様として,Googleにより策定されたOpenSocialの入門書となっている。

OpenSocialとはから,開発例まで解説されており,入門として悪くない本だった。

2008年頃は日本でSNSブームの直前あたりで,当時は疎かったため,このような標準仕様の存在を知らず,GNU socialやMastodonなどの後の分散SNSの源流に関わるようなテーマで興味深かった。

ただ,第3章で「OpenSocialアプリケーションの開発には,OpenSocialに対応したSNSが必要になります。」との記載を見かけた時点で読む気が失せてしまった。せっかく自分で作ったり運営するのに,誰かに依存するというのが残念だった。

その他にも,だいたい2009年ごろで情報が途切れており,その後あまり普及しなかったことがいまいちだ。

結論

分散SNSの源流にも関わるようなSNSブーム直前に策定されたOpenSocialの入門書だった。

残念ながら,OpenSocial自体がその後普及しなかったため,書籍の内容自体は悪くないものの,相対的に本書の価値も下がってしまった。

SNSの隆盛の文献として参照することになるだろう。

書評☆3: 現場で役立つシステム設計の原則 | 失敗の原因はデータクラス/機能クラスによる手続き型設計

概要

  • 書名: 現場で役立つシステム設計の原則
  • 副題: 変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法
  • 著者: 増田 亨
  • 出版日: 2017-07-18
  • 読了日: 2020-01-31 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/04/

評価

書名どおり,現場で役立つシステム設計の方法について書いてあった。いろんなところで参照されており,評判が高かったので興味を持って読んだ。

内容としては,プログラミング言語Javaを例としたオブジェクト指向設計について論じたものであり,リファクタリングやドメイン駆動設計やDB,Web APIとの連携の設計についても書いてあった。

一番印象に残っているのが,「Chapter 3 業務ロジックをわかりやすく整理する」だ。変更しにくく,似たような処理が至るところに記述される状態ができる原因として,データクラスと機能クラスを使った手続き型設計を指摘していた。これはたしかにそのとおりだと思った。

内容全体として,オブジェクト指向に沿った設計を行い,業務の関心事項の単位でクラスを作ることでうまく設計できるという話だった。

いろいろ書いてあったが,結局はオブジェクト指向を意識してやれば大丈夫という内容だった。

結論

既存コードの失敗例を上げながら,なぜダメなのかどうすればいいのかをオブジェクト指向に従った形で解説されていた。

オブジェクト指向を理解して実践できていれば,当然と思うような内容がやや多かった。リファクタリングなどの話も交えていて,まあまあよかった。

ただ,巷での前評判が高かったので,それと比べるとやや過大評価に感じた。

あくまで著者が考える方法のひとつであり完璧とも思わない。それに,知っていても実際に自分の場面で適用できるかどうかはある程度経験が必要になる。

そういう意味で,普段の開発に問題を抱えている人が読むと参考になるだろうと感じた。