書評☆4 株は技術だ! | 勝ち続けるための空売りリスクヘッジ

概要

  • 書名: 株は技術だ!
  • 副題: 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業
  • 著者: 相場 師朗
  • 出版日: 2016-07-08
  • 読了日: 2017-12-22
  • 評価: ☆4
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2017/12/22/

評価

チャートの動きでトレードを分析するテクニカル分析に特化した本となっている。用語をきちんと解説しており,初心者にも配慮していた。

内容としては,大きく以下の3部構成となっていた。

  1. 株価の流れの読み方
  2. 建て玉のやり方
  3. 実チャートの考察

結論

勝ち続けるためには,建て玉や空売りによるリスクヘッジが大事だという趣旨が多くかかれており納得した。内容がどれも実践的でとてもよかった。

きっちりセオリー通りにやれば確かに負けにくくすることはできそうだと感じた。手元においておきたいと思える良い本だった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 特に,以前書評「書評☆4 株は技術だ! | 勝ち続けるための空売りリスクヘッジ」を付けた著者の相場 師朗氏がセミナーを行うとあり,ここにも興味を惹かれた。 […]

  2. […] 書籍のタイトルや書影が他の投資本と異質で,目を引いていた。図書館では予約がたくさん入っていて人気があった。しかし,内容はそんなにたいしたことはない。 同じテクニカルの本であれば,過去に読んだ「株は技術だ!」(https://book.senooken.jp/post/2017/12/22/)や「スマホで波乗り株投資法」(https://book.senooken.jp/post/2018/02/13/)のほうが参考になる。 文量は少なく,さらっと読めるので軽く読んでみるのはありかもしれない。 パーマリンク:https://book.senooken.jp/post/2018/06/08/ 投稿者 senooken投稿日: 2018-06-082020-06-27カテゴリー money, stockタグ ☆2 […]

  3. […] 全体としては,以前読んだ「株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)」(https://book.senooken.jp/post/2017/12/22/)と似ている内容でした。波乗り投資法はテクニカルな面がそこまで強くなく,取り組みやすいと感じました。 […]

トラックバック URL