書評☆3: プログラマが知るべき97のこと | 薄く広い知見が収録されたプログラマーの教養本

概要

  • 書名: プログラマが知るべき97のこと
  • 副題:
  • 著者: 和田 卓人 and Kevlin Henney and 夏目 大
  • 出版日: 2010-12-10
  • 読了日: 2020-02-14 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/20/

評価

ときどき紹介されていて気になったので読んでみた。

内容としては,73人のプログラマーによる97本のエッセイと,日本人プログラマー8人による10本の合計81人による107本のエッセイが掲載されている。

エッセイといっても,題名通りプログラマーのためのものであり,「達人プログラマー」のように,他の本で書かれているような開発上のコツなども書かれていた。

エッセイ集になっているのもあり,ややとりとめもなく,1-2ページ程度で話が終わってしまい,薄くて浅い教養本な感じがしてしまった。

教養として読むのは悪くないのだが,本書で引用されているような本をあたったほうが勉強になるように感じてしまった。

結論

プログラマーの教養本だった。他の本で書かれているような内容が断片的に書かれており,教養本の通り,薄くて広い知見が得られる本だった。

ただ,個人的にはどこかできいたことのあるような話が浅く書かれており,少々物足りなかった。

けっこうテストが大事とか書かれているのだが,いうのは簡単だが今までやったこともなく,周りで誰もやっていないものを習得するのはなかなかたいへんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です