書評☆3: 初めてのGraphQL | 貴族のための効率的な最新Web API

概要

  • 書名: 初めてのGraphQL
  • 副題: Webサービスを作って学ぶ新世代API
  • 著者: Eve Porcello and Alex Banks
  • 出版日: 2019-11-11
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/25/

評価

Web APIについて調べている際に読んだ1冊だ。

REST APIよりも効率的な新しいWeb API方式のGraphQLについて書かれている。

最初にREST APIの欠点とGraphQLの利点について説明した後,基本的な概念をグラフ理論を元に説明し,実際にGraphQLのサーバーとクライアントをJavaScriptで開発するところまで説明している。

GraphQLがどういうものかというところを手短に具体的に書いてあり,悪くはなかった。

ただ,GraphQLはまだそこまで普及しておらず,現時点で使う人は貴族だろう。

効率的で利点があるのはわかったが,周りが使うかというのはまた別の話だ。

そういう意味で,自身の社会的身分に余裕がある貴族向けの内容だった。

結論

GraphQLというものがどういうものかを知るには悪くない本だった。

実際にGraphQLを使って何かする際にまた読みたいと思った。

現時点ではまだあまり必要に思わなかったので,軽く読み流して終わった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL