書評☆3: 改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級 | 試験範囲は網羅できているが解説とマンガの物語が消化不良

概要

  • 書名: 改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級
  • 副題:
  • 著者: 前田 信弘 and 絶牙
  • 出版日: 2016-04-10
  • 読了日: 2019-11-01 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/15/

評価

日商簿記検定試験3級の解説本となっている。

本書の特徴は,マンガ仕立てで試験範囲を解説しており,比較的気軽に学べるところだろう。

実際に,本書と簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版を併用して,東京・日本商工会議所の2019-11-17 Sunの第153回試験を受験して合格できた。

内容は試験範囲全体を扱えてはいる。決算整理のところなどはよかったのだが,試験でウェイトの高い試算表の解説がやや物足りなく感じた。

その他,マンガの物語が,中途半端なところで終わってしまった感があり,なんだかもやもやした。

Google Playの電子書籍で割引券を使って安く購入できたので,2017年か2018年のお正月に購入した。Google Playの電子書籍は表示がもたつきいまいちだった。

本書だけでは試験対策としては不十分であり,問題演習や,他書が欲しく感じた。

結論

日商簿記3級のマンガ仕立ての教材となっていた。マンガで解説されており,比較的気軽に学ぶことはできた。

しかし,Google Playの電子書籍の扱いや,内容自体がややいまいちな感じがあり,試験対策としては不十分に感じた。

かといって,簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版もややいまいちだったので,何か他によい教材に巡りあえればよかったなと試験が終わってから感じた。

なお,2019-02-28に改訂2版が出版されている。

こちらで改善されていることを願う。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 訳が書かれており,決算整理時の仕訳をまとめて確認できなかった。これが理解する上でけっこうやっかいで,この点は「改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級」でカバーした。 […]

  2. […] 書評☆3: 改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級 | 試験範囲は網羅できているが解説とマンガの物語が消化不良 – 巨本の山の上に立つ […]

トラックバック URL