書評☆3: はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと | 与沢翼が2回の経営破綻で学んだこととは?

概要

  • 書名: はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと
  • 副題: 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと
  • 著者: 与沢 翼
  • ISBN: 9784046539694
  • 出版: 2014-10-25
  • 読了: 2020-09-07 Mon
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/09/09/

評価

与沢翼の調査中に読んだ1冊だ。

2014年4月に納税滞納により,2回目の経営破綻後,次の準備中に書かれた本となっている。

2回の経営破綻で感じた禁忌を一般化して42の原則にまとめられている。

一般化された成功法則がまとめられた「秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ」の対になっている内容に感じた。

一般的なこともけっこう多いのだが,与沢翼ならではの原則が書かれており,興味深かった。

引用

p. 80: Business 15 アイデアをすぐに実行に移してはいけない

『孫子』の兵法は、武将としてあるべき姿、国王としてのあるべき姿について書かれた中国の古典ですが、現代のマーケティングに応用できる記述が数多くあります。

その中で私がよく用いていたのは、

「遠くにいるときは近くに見せて、近くにいるときは遠くにいるように見せる」

「力が弱いときは強く見せて、力が強いときは弱く見せる」

という考え方です。

強いと思われれば攻め込まれない。その隙に意表をつく。あるいは、弱いと思われれば手を抜いてかかってくる。そこをネズミ捕りのように狡猾に罠に嵌める。これらは相手の裏の裏をかき、虚を突くという発想です。

与沢翼が参考にしている「孫子」からよく用いていた記述が紹介されていた。孫子や三国志は読んだことがないので読んでみようと思った。

p. 140: Mind 29 好奇心旺盛ではいけない

1万時間続ければプロになれる

中には「何をやったらいいかさえもわからない」という人もいます。

そういう人は、好きなことや関心のあることから始めてはどうでしょうか。

アメリカのジャーナリストであるマルコム・グラッドウェル氏は、『天才!成功する人々の法則』 (講談社) という本の中で、次のようなことを述べています。

「人が何かに習熟して一流になるには、累積1万時間かかる」

その道のプロになるには、1万時間の努力を続ければいいというわけです。

有名な1万時間の法則について最初に解説された本が紹介されていた。こちらの本も是非読んでみたいと思った。

p. 184-187: Mind 40 日常的にトラブルを抱えてはいけない

幸せの条件は、仕事と家族の両方がうまくいくこと

幸せを手に入れるための条件がもうひとつ。

本当の幸せを感じるためには、仕事と家族の両方がうまくいく必要があります。

『クィーン・オブ・ベルサイユ 大符号の華麗なる転落』という映画は、不動産関連業で大成功を収めた夫婦が、リーマン・ショックによって頂点から転落していく過程を記録したドキュメンタリー。


仕事も家族もうまくいく。簡単ではありませんが、それを実現して始めて、凪いだ海のように平穏な心を手に入れられるのです。

映画の紹介は珍しかった。

結論

与沢翼の失敗の原則が整理されていた。

他の本に比べると控えめな感じで,具体的な話も少なくインパクトにやや欠ける本だった。

読み物としてさっと読むような本だと感じた。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL