書評☆3: ソーシャルアプリ入門 | ソシャゲー開発の概要

概要

  • 書名: ソーシャルアプリ入門
  • 副題: SNSプラットフォームビジネスの企画・開発・運営ガイド
  • 著者: 株式会社クスール and 株式会社dango and 株式会社クレイ and 株式会社マイクロアド and 富川 真也 and 新井 隆祥
  • 出版日: 2010-05-28
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/02/27/

評価

メロメロパークというソーシャルゲームのFacebookアプリ版の開発チームに書かれたソーシャルアプリの概要を説明したものとなっている。

メロメロパーク自体は2005年5月23日に始まり,2012年9月末でサービスが終了した。

企画,制作,運営というフェーズごとに独立した視点で書かれている。

内容としては,制作部分の比重がやや多くなっている。スケールする構成や多言語対応,SNSプラットフォームごとの開発者登録などが書かれていた。

技術的なところはやや量が多かったものの,書名の入門通り,全体としては広く浅くソーシャルアプリ開発の概要を説明したものだった。

引用

p. 46: アプリなのかゲームなのか?

しかし今はトップ10の中の半数以上がゲームアプリという事態になっています。

ツール系アプリケーションは目的が明確なため、最初に多くのユーザーを獲得したアプリにユーザーが集まりやすく、定着したユーザーは他のツールに移らなくなる傾向があります。


その点ゲームはゲーム自体が必要な「要件 (クリアや攻略に必要な要件)」をのものを好きなように作り変えることができるため、他のゲームと同じかそれ以上のクオリティを出さなくても、それまでと全く別の「要件」を設定することで新しいアプリとしてユーザーが導入することが可能になります。

ソシャゲーが流行った理由がわかった。たしかにツール系アプリは目的もはっきりしており,ユーザーの移動がなくなる。

p. 47: ソーシャル性

SNSの仕組みには「ソーシャルグラフ」と呼ばれる自分を中心とした人間関係のデータベースが存在しています。


ソーシャルグラフでは1st=自分のフレンド、2nd=自分のフレンドのフレンド、3rd=他人とランク付けし1st〜3rdまでのユーザーが何をすべきなのか、という点が企画の重要な要素になります。

例えば、他人とゲームを遊ぶより自分のフレンドと一緒に遊んだほうが楽しいこともありますし、意図的に2ndのユーザーだけを掲示してフレンドへの導線を作って上げるアプリ、または限定的な趣味のユーザーのみを集めるアプリであれば3rdだけでも構いません。

ソーシャルゲーム,ソーシャルアプリの肝となる部分が解説されていた。

結論

ソーシャルアプリ入門として,企画,制作,運営の3フェイズが浅く広く説明されていた。

個人的には,企画の部分が一番重要だと思っており,そこを期待したのだが,そこまで深堀はされておらず,少々残念だった。

入門として外観を把握に役立った。

書評☆3: 初めてのGraphQL | 貴族のための効率的な最新Web API

概要

  • 書名: 初めてのGraphQL
  • 副題: Webサービスを作って学ぶ新世代API
  • 著者: Eve Porcello and Alex Banks
  • 出版日: 2019-11-11
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/25/

評価

Web APIについて調べている際に読んだ1冊だ。

REST APIよりも効率的な新しいWeb API方式のGraphQLについて書かれている。

最初にREST APIの欠点とGraphQLの利点について説明した後,基本的な概念をグラフ理論を元に説明し,実際にGraphQLのサーバーとクライアントをJavaScriptで開発するところまで説明している。

GraphQLがどういうものかというところを手短に具体的に書いてあり,悪くはなかった。

ただ,GraphQLはまだそこまで普及しておらず,現時点で使う人は貴族だろう。

効率的で利点があるのはわかったが,周りが使うかというのはまた別の話だ。

そういう意味で,自身の社会的身分に余裕がある貴族向けの内容だった。

結論

GraphQLというものがどういうものかを知るには悪くない本だった。

実際にGraphQLを使って何かする際にまた読みたいと思った。

現時点ではまだあまり必要に思わなかったので,軽く読み流して終わった。

書評☆3: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版 | Google Maps APIを超ボリュームで詳説

概要

  • 書名: Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版
  • 副題:
  • 著者: 勝又 雅史
  • 出版日: 2012-12-04
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/16/

評価

Web APIの教材を漁っていて読んだ1冊だ。

書名どおり,Google Masp APIを解説している。全編がJavaScriptによるものとなっており,機能の説明とサンプルコードが掲載されており,詳しい。また,全体的に量が多く,ページ数も500ページ超えと分厚さに圧倒される。

ただ,あくまでAPIの使い方に終始しており,どう使えば便利かなど実際のアプリケーションのところは自分で考えないといけない。

Google Mapsを使って地理情報を使った何かをしたい場合に役立つと思った。文量が多く,細かいところまでは現時点では興味なかったので軽く読み流して終わった。

結論

Google Maps APIについて詳しく書かれている本だった。

Google Mapsを使って何かやりたい場合にまた読みたいと思った。

書評☆3: Amazon Web Servicesプログラミング | AWSの管理コマンドの解説

概要

  • 書名: Amazon Web Servicesプログラミング
  • 副題: APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで
  • 著者: Jurg van Vliet and Flavia Paganelli and Steven van Wel and Dara Dowd
  • 出版日: 2012-09-21
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/13/

評価

Web APIの教材を探しているときに読んだ1冊だ。

Amazon Web Services (AWS) の使い方を解説している本だ。

Web APIを使った例を期待したいのだが,第4章に少々ある程度で,その他はひたすら管理コマンドの解説をしている。

はっきりいって地味すぎて全然興味を持てなかった。

AWSで運用するアプリケーションを既に持っている人が,AWSで効率的に運営するためのノウハウを学ぶための本のように感じた。

自分にはまだ早すぎた。軽く読み流して終わった。

結論

AWSの管理コマンドを解説している本だった。期待していたWeb API要素はほとんどなく,期待はずれだった。

肝心のAWSの解説も,かなり地味な内容で興味を持てず,自分にはまだ早すぎた。

書評☆3: OpenSocial入門 | SNSブーム直前に出版された歴史資料

概要

  • 書名: OpenSocial入門
  • 副題: ソーシャルアプリケーションの実践開発
  • 著者: 田中 洋一郎
  • 出版日: 2009-01-25
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/09/

評価

Web APIの勉強資料を探していて読んだ1冊だ。

2007年11月にソーシャルアプリケーションプラットフォームの標準仕様として,Googleにより策定されたOpenSocialの入門書となっている。

OpenSocialとはから,開発例まで解説されており,入門として悪くない本だった。

2008年頃は日本でSNSブームの直前あたりで,当時は疎かったため,このような標準仕様の存在を知らず,GNU socialやMastodonなどの後の分散SNSの源流に関わるようなテーマで興味深かった。

ただ,第3章で「OpenSocialアプリケーションの開発には,OpenSocialに対応したSNSが必要になります。」との記載を見かけた時点で読む気が失せてしまった。せっかく自分で作ったり運営するのに,誰かに依存するというのが残念だった。

その他にも,だいたい2009年ごろで情報が途切れており,その後あまり普及しなかったことがいまいちだ。

結論

分散SNSの源流にも関わるようなSNSブーム直前に策定されたOpenSocialの入門書だった。

残念ながら,OpenSocial自体がその後普及しなかったため,書籍の内容自体は悪くないものの,相対的に本書の価値も下がってしまった。

SNSの隆盛の文献として参照することになるだろう。

書評☆3: Web API マッシュアップブック | 情報が古いものの多数のWeb APIの利用手順を掲載

概要

  • 書名: Web API マッシュアップブック
  • 副題:
  • 著者: 関 正秀 and 加藤 貴之 and まえだ ひさこ
  • 出版日: 2006-10-31
  • 読了日: 2020-01-24 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/28/

評価

Web APIについて勉強していて読んだ1冊だ。

当時の既存Web APIとその利用手順を多数紹介し,それらを組み合わせたマッシュアップサイトの作成方法を解説している。

扱っているWeb APIは以下の7種類程度と数が多い。

  1. Amazon Webサービス
  2. Google AJAX Search API
  3. Google Maps API
  4. Yahoo! JAPN Webサービス
  5. Flickr API
  6. YouTube API
  7. はてなウェブサービス

簡単なアクセス方法とパラメーターの説明をそれぞれに対して行っている。サンプルコードはJavaScript, PHP, Perlを使っている。

第1章でWeb APIについて簡単に説明しているが,HTTPについての基礎を前提にしていた。RESTについても簡単にしか説明しておらず,別で知っておく必要がある。

また,最後の第4章では集大成として,紀行ブラウザを作成するのだが,これが少々難易度が高い。地図とブログを連動させるようなものなのだが,GISを使うということで,緯度経度の情報が必要であり,単純にシステムが少々複雑すぎて,自分には理解できなかった。

Web中級者に入るところの人が読むと役に立つかもしれない。

ただし,致命的なのは出版が2006年と15年も前であり,使われているAPIや情報が古くなりすぎてしまっているところだ。さすがにそれだけ経てば,紹介されているWeb APIも更新されていて,現在の内容が通用しないだろう。

現在はデータ受け渡しにはJSONが主流だが,当時はXMLが主流であり,その前提で解説がある。現在の内容で更新されていたら評価が位置段階上がっていた。

結論

多数のWeb APIの利用手順と,それらを組み合わせたマッシュアップサイトの作り方まで解説していた。

HTTPやREST,プログラミング言語の基礎を前提としており,Web技術者2年目くらいに読むと役に立ちそうだった。

致命的なのは,情報が2006年と古すぎるのが残念だ。最新の情報だったら評価が1段階上がっていた。

書評☆3: Software Design 2018年3月号 | Web APIの利用と開発の特集は取っ掛かりに悪くない

概要

  • 書名: Software Design 2018年3月号
  • 副題:
  • 著者: 技術評論社
  • 出版日: 2018-03-18
  • 読了日: 2020-01-19 Sun
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/21/

評価

Web APIについて勉強しており,今号はWeb APIの特集があったため興味を持って読んだ。他にはKubernetesやGPUサーバーでのディープラーニング,ARKitとUnityで作るiPhone ARアプリ集中特講などが掲載されていた。

肝心のWeb APIの特集はp. 18-62の約40ページに渡り掲載されている。以下の4章構成になっていた。

  1. GitHub APIの使用
  2. 暗号通貨APIの開発
  3. TwilioのAPIの使用
  4. エンタープライズでのAPI利用例

肝心の内容だが,1のGitHub APIを活用したもののみ自分の知識で理解できた。残りは少々レベルが高くてあまり理解できなかった。

残念だったのは3のTwilioを使った記事だ。そもそもTwilioが有料のAPIであり,トライアル期間があったとしても使うハードルが少々高い。著者の宣伝を兼ねていると思うが,こうした読者に不利な例を出さないでほしいと感じた。

1のGitHub APIの記事はWebブラウザーで選択文字列をGistに保存するブックマークレットの開発を通してAPIになれるという内容だった。JavaScriptを使ったもので,ブックマークレットにするとブラウザーの拡張機能の用に使えるのでいいなと思った。

APIを使う上で調査が必要な内容,利用の手順などが書いてあり勉強になった。

引用

1のGitHub APIを使ったサンプルコードがJSFiddleで公開されている。この他,最後のブックマークレットに変換するサービスとして「WDF – Software: ブックマークレット作成スクリプト」が紹介されていた。

結論

Web API特集を目当てに読んだ号だった。

肝心の特集は少々自分には難易度が高い内容が多く,最初の章だけ参考になりそうだった。しかし,この部分だけでもAPI利用時の流れや実際の使用例が解説されており,勉強になった。

Web APIの利用を学ぶ本はなかなかないので,少しずつ学んでいきたい。

書評☆2: 新着雑誌記事速報から始めてみよう | Google AJAX Feed APIを使ったRSS APIを活用した図書館サービスの紹介

概要

  • 書名: 新着雑誌記事速報から始めてみよう
  • 副題: RSS・APIを活用した図書館サービス
  • 著者: 牧野 雄二 and 川嶋 斉
  • 出版日: 2012-12-10
  • 読了日: 2020-01-19 Sun
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/20/

評価

Web APIの使い方を学ぶための調査中に読んだ1冊だ。

図書館職員である著者が作成したRSS APIを活用した図書館サービスを紹介している。

Google AJAX Feed APIをJavaScriptを使って単一HTMLで完結するRSSサービスのサンプルを元に,中身を書き換えて使ってみようという内容だった。

こちらの目的と内容が少々あっていなかった。こちらはGETとかPOSTとかを使って,APIにアクセスしていろいろそのデータを組み立ててサービスをつくるような内容を期待していた。

しかし,こちらはJavaScriptのライブラリーを使ってちょこちょこっとサンプルを修正する感じであった。

その内容も技術的なところは簡単に解説していてやや物足りなかった。

またGoogle AJAX Feed APIは終了しており,そのままでは動作しない。

結論

Web APIの学習資料を探していて少し期待していた。

しかし,こちらが期待しているような内容ではなく,想定読者も図書館職員のような感じだったので,少々的はずれだった。

書評☆2 週刊アスキー No.1125 | Mastodonブームの火付け役の遠藤 諭による2ページの特集が貴重

概要

Mastodoの特集を目当てに購入した。

前号のNo. 1124に引き続き,今号でもMastodonの特集があった。しかも,前号より内容が多かった。

2019-04-28に開催されたマストドン会議での発表内容を元にした2ページの巻頭特集の他に,日本でのマストドンブームの火付け役である遠藤 諭による2ページの特集があった。

参考

p. 05: 国内第一人者が語るMastodonのこれから

巻頭のマストドン会議の特集では,mstdn.jp管理人だったぬるかるの写真も掲載されていた。その他,江添亮による発表では,マストドンの技術面はB級で,プログラマーとしてはマストドンは評価できないが,オープンソースであることは評価できるとあった。

マストドン会議は存在を知らなかったので参考になった。やはり,マストドンは技術的にはたいしたことはなさそうだ。

p. 71: 神は雲の中にあられる

遠藤 諭によるマストドンブームの火付けとなった2017-04-10の記事執筆関する経緯が記されていた。元々,その前週の4/6, 4/7に海外ニュースで取り上げられており,Twitterが好きだった著者の耳に入り,実際に登録してみて,日本のニュースサイトで誰も取り上げていないことを受けて記事を作成されたそうだ。

その他は,2007年に盛り上がったセカンドライフやら,Facebook Spacesとの対比を言及していた。

ただ,ページ数がたったの2ページしかなく,文量が少なすぎて物足りなかった。

結論

Mastodonの特集があり,ブームの火付け役である遠藤 諭による特集があるので期待していた。

しかし,全体的な文量が合計でも4ページしかなく,いくら何でも量が少なすぎた。文量としては,ITmediaの連載が圧倒的に多く,アスキーと比べ物にならない。

ただし,それでも遠藤 諭の記事があるのは貴重だったので,資料としてはありだった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/13/


週刊アスキー No.1125 (2017年5月9日発行) [雑誌]

書評☆2 週刊アスキー No.1124 | はじめての週刊アスキーで情報量の多さに驚くも,巻頭のMastodon特集は表面的な情報だけで物足りない

概要

Mastodonの記事目当てで購入した。

巻頭特集として,柳谷 智宣によるp. 6-9の4ページにかけてMastodonの紹介記事が掲載されている。

内容は,一般的なMastodonの使い方が書かれているだけだった。メールアドレスとパスワードを使い回しへの注意と,MastodonアプリとしてTurskyとAmaroqが紹介されていた。

アスキーには,Mastodonブームの火付け役でもある遠藤がいるため,期待していたのだが,こちらではなく,No. 1125で彼の記事が書かれていた。

週刊アスキーの雑誌を読むのは本書が初めてだ。情報量の多さに驚いた。ガジェットやサービスに関する記事が充実しており,読み応えはあった。

参考

p. 128: 利用料無料のTシャツ制作サービスリニューアルで1枚から販売可に

Tシャツ制作サービスであるスパイスライフの「STEERS」のリニューアルの紹介があった。Tシャツ販売は若干興味があったので,参考になった。

結論

Mastodonの情報を求めて読んだものの,一般的な情報だけで文量も少なくて物足りなかった。

週刊アスキーを読むのは初めてだが,ガジェットやサービスに関する情報が多く,読み応えはあった。

パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2019/09/12/


週刊アスキー No.1124 (2017年4月25日発行) [雑誌]