書評☆4: 2020年版 株の稼ぎ技 短期売買 228 | 短期売買手法が幅広く掲載されており一度は読みたい

概要

  • 書名: 2020年版 株の稼ぎ技 短期売買 228
  • 副題: 億超えを可能にする
  • 著者: 叶内 文子 and 藤本 誠之 and 中野 佑也
  • ISBN: 9784866363943
  • 出版: 2019-10-20
  • 読了: 2020-11-27 Fri
  • 評価: ☆4
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/11/27/

評価

過去に読んだ「株の稼ぎ技 短期売買編 175」の内容が新しくなって出版されており,興味を持って読んだ。

特に,本書では有名個人投資家のV_VROOMとメガヴィンの投資術が新しく追加されている。前著の内容の大半を継続して盛り込みながら,これらの2名の個人投資家の投資術を中心に新しい情報が追加されている。そのため,ほぼ前著の上位互換のように感じた。

今回は特にメガヴィンという個人投資家に興味があって,彼の数少ない著書ということで読んだ。

前著を読んだ時点でではデイトレードを始めたばかりで,いまいち理解できない部分が多かった。あれから何か月か経過して,大負けを繰り返して,本書で書かれている技を以前よりも理解できるようになった。

短期売買を始める場合,まず本書を読んで書かれている技で知らないものがあれば,それを学習して理解してから始めると失敗しにくいのではないかと思った。

結論

短期売買というテーマで広範囲に渡った情報が掲載されており,自分一人だけではたどり着けない思いつかないような情報も掲載されている。

メガヴィンに興味をもって読んだのだが,内容としてはV_VROOMの方が多く,彼の技で参考になるものも多かった。

短期売買を行う上で,情報量が多く,全体を把握する上で一度は読んでおきたいと思えるいい本だった。

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName(“body”)[0],e.appendChild(d))})(window,document,”script”,”//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js”,”msmaflink”);msmaflink({“n”:”2020年版 株の稼ぎ技 短期売買228″,”b”:””,”t”:””,”d”:”https:\/\/m.media-amazon.com”,”c_p”:””,”p”:[“\/images\/I\/51cGk8bh-dL.jpg”],”u”:{“u”:”https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B07YQ1P2LP”,”t”:”amazon”,”r_v”:””},”aid”:{“amazon”:”2140269″,”rakuten”:”2140268″,”yahoo”:”2140270″},”eid”:”k3sbt”,”s”:”s”});

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL