書評☆3: 株の稼ぎ技 短期売買編 175 | たったの96円で短期株式投資のテクニック集は知識をざっと俯瞰可能

概要

  • 書名: 株の稼ぎ技 短期売買編 175
  • 副題: 億超えを可能にする
  • 著者: 伊達 直太 and 小池 麻千子 and 小松 信博 and 叶内 文子 and 藤本 誠之
  • ISBN: 9784866362649
  • 出版: 2018-05-30
  • 読了: 2020-08-12 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/08/20/

評価

短期の株式投資について,コツが175個掲載されている。

有名な個人投資家のテスタが協力していることに興味を持って読んだ。

短期売買に特化したテクニックがたくさん書かれておりよかった。特に,テクニカルの指標は知らない言葉が多く,知識として参考になった。

肝心のテスタや個人投資家のテクニックはそこまで掲載されていないので,少々物足りなかった。

ただ,知らないことが多く,自分の勉強不足を痛感するとともに,知識の把握に役立った。

引用

p. 011: 003 アメリカの値動きを見て売買方針を決める

また、日米の市場は空いている時間が真逆であるため、連続性も生まれる。例えば、ダウ平均株価が上がって終われば、その流れを引き継いで翌朝の日経平均もGUすることが多い。

久保の技。

p. 012: 005 日経平均先物との連動性で個別の強さをチェック

テスタさんが個別銘柄の強さ・弱さを見る際に使うのが、日経平均先物との連動性だ。仮に先物が弱いときは個別銘柄も全体的に弱く、値下がりしやすくなる。しかし、そういう状況でも、出来高を伴っていて価格もそれほど下がっていない銘柄は強いと判断できる。

テスタの技。

p. 025: 024 10時以降に高い位置にある銘柄は注意する

デイトレは短期で細かく売買を繰り返す取引であるため、寄り付き〜10時、14:30〜15:00のような時間帯にチャンスが多くある。

一方で10時以降、高い位置にある銘柄は利確の売りに押される可能性が高いので注意。

p. 026: 026 株価の戻しやすい信用銘柄でトレード

空売りができない銘柄でデイトレード

個人投資家がデイトレード勝ちやすい、という視点でいえば信用銘柄で取引するのも重要。信用銘柄は空売りができないため、上昇に乗って利益を得たトレーダーが利確し一旦株価が下がっても、空売りによる売り圧力が少ないため株価が戻しやすく、かいによる利益を狙いやすい。

p. 030: 033 貸借銘柄を両建てする

東証の貸借・制度信用銘柄一覧 (https://www.jpx.co.jp/listing/others/margin/)。表示されているエクセルファイルに全貸借名柄が掲載されている。

p. 034: 039 14:20以降も買われる銘柄は強い

後場14:20以降も買われる銘柄は勢いが翌日まで継続する可能性が高い。

p. 034: 040 9:20までの下げを指値で取る

寄り付き後にGDした場合、特に長い時間軸で上昇トレンドが出ている銘柄などはGDで付けた安値がそこになり上昇していくことが度々ある。

p. 060: 085 wボトムは強い上昇のサイン

強い上昇転換の代表的なチャートパターンに、ダブルボトムがある。下降トレンドからいったん反発するも安値が前回の安値と同じ水準まで下がってくることがある。ここで下げ止まり、前回の高値 (ネックライン) を上抜いたところがエントリーポイントとなる。また、このネックラインの抜けと同時に出来高が急増してくると、より強い上昇のサインとしてみることができる。

p. 60: 086 セカンダリー投資はカップ・ウィズ・ハンドルを狙う

p. 61: 087 チャネルラインはエントリーと手仕舞いに有効

p. 99: 151 1日の損失限度額を決める

p. 99: 152 1回の取引における損失限度額を決める

p. 101: 155 ピラミッディングで利益の嵩上げと、強さをはかる

結論

Amazon.co.jpのKindleで96円で買えた。96円で得られる情報としては破格だと思った。

知らないことが多かったので,ここから追加で自分で調べて知識にしたいと思った。

なお,こちらは翌年に「2020年版 株の稼ぎ技 短期売買 228」の続編が出ている。こちらはKindleだと1100円と100倍の値段になる。内容はこちらのものを含んでおり,上位互換となっている。

お金に余裕があれば,こちらを購入してもよいだろう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL