書評☆2: 働きたくないけどお金は欲しい | 情弱向け投資啓発本

概要

  • 書名: 働きたくないけどお金は欲しい
  • 副題:
  • 著者: 遠藤 洋
  • ISBN: 9784837804833
  • 出版: 2018-06-08
  • 読了: 2020-06-27 Fri
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/30/

評価

お金を稼ぐ方法について調べていて読んだ一冊だ。

書名の「働きたくないけどお金は欲しい」が気になって読んだ。

働かずにお金を稼ぐ方法が解説されているのかと思ったのだが,一般的な投資の勧めが書かれているだけの本だった。

具体的なことがほとんど書かれておらず,金融リテラシーの低い人向けの本だった。

末尾に,わずかに株式投資に関する話があるが,あまり情報がなく参考にならなかった。

せいぜい読み物の域を出ず,読まなくても特に問題なかった。むしろ,読む時間がもったいなかったかもしれない。

結論

投資の一般的な勧めが書かれているだけの本だった。

書名に人の欲を代言するフレーズが入っているが,肝心の具体的な中身が書かれておらず,題名負けしている本だった。

金融リテラシーの低い情報弱者向けの本だと思った。

書評☆2: 社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい | 「一人会社はおすすめです」のメッセージだけで,肝心の一人会社の事業内容が薄い

概要

  • 書名: 社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい
  • 副題:
  • 著者: 山本 憲明
  • ISBN: 9784756919359
  • 出版: 2017-11-19
  • 読了: 2020-06-09 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/11/

評価

個人事業について考えており,興味を持って読んだ一冊だ。

書名通り,一人会社を勧めていた。たしかに,一人会社はある意味効率はいい。柔軟性はあるし,自由度も大きい。

しかし,一人会社でうまくやっていくには,市場や事業内容が重要となる。つまり,一人でできるビジネスを考える必要がある。本書では,具体例として飲食店,コンサルタント,一人出版社を挙げていた。

ただ,どの事例も内容が薄く,そこまで参考にならなかった。読者にとってはここが一番重要で知りたいところだと思うのだが,一番肝心なところが一番書かれていなかった。ここはとても残念だった。

社長の労働時間をゼロに近づけて,効率を挙げればいいとか,いうだけなら何とでもなることが書かれており,一人会社は効率がいいのでおすすめですとか,それくらいの薄い内容しか書かれていないように感じた。

唯一,税理士である著者の得意分野である資金計画だけ無駄に詳しかったが,事業内容が先で,資金計画は後から何とでもなる。

引用

p. 48: 3 「1人経営」は生産性の向上がしやすい

伊賀泰代さんが書いた『生産性』(ダイヤモンド社) という本が売れました。伊賀さんと同一人物だと言われている、ちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』(ダイヤモンド社) も売れました。

ちきりんというネット上の有名人の正体についての噂が書かれており,初耳だった。

結論

「一人経営はおすすめです」というメッセージだけの本だった。肝心の事業内容について,あまり書かれておらず,口だけの本という感じで,全体的に表面的で薄い内容だった。

読みやすくはあったので,すぐに読み終わったのだが,こんな内容の薄い本をいくら読んでもなんにもならないだろう。

ビジネス書は中身のない本が多いので,読んで意味のある本を見つけたい。

書評☆2: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ | 今は廃れたgaedirectの歴史資料

概要

  • 書名: クラウドWebサービス入門 gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ
  • 副題:
  • 著者: 清野 克行
  • 出版: 2012-02-05
  • 読了: 2020-06-03 Wed
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/06/09/

評価

Web APIの調査中に読んだ一冊だ。

2011-03-11に発生した東日本大震災において,官公庁のWebサイトへのアクセス急増によるサービスの不安定化を受け,クラウドWebサービスを用いたマッシュアップを解説している。

具体的にはgaedirectというGoogleのJava製のシステムを裏で用いて,この上で動作するJavaScriptコードでの解説がメインだった。

gaedirectを使うことでGAE (Google Apps Engine) の機能を全てJavaScriptで使うことができ,言語をJavaScriptに統一できて効率的らしい。

興味を持って軽くgaedirectについて調べてみたが,2013年ころで情報が途切れている。Webにつきものだが,あまり流行らず廃れてしまったのではないかと思った。

書籍自体はgaedirectのAPIを使ったJavaScript (jQuery) のコードがたくさん書かれており,gaedirectの参考書籍としては悪くないと思った。

結論

クラウドWebサービス入門としてgaedirectによるマッシュアップの作成を解説した本だった。

スケールや言語面でクラウドサービスの採用は利点があるが,今回のように流行り廃りがあるという欠点がある。残念ながらgaedirectはそこまで普及しなかったようで,歴史的資料のように感じた。

特定サービスに特化した本の寿命は短いので,そういう意味で内容は悪くないものの題材選びで失敗したいまいちな本だった。

書評☆2: なぜITは社会を変えないのか | 学者向けIT社会論

概要

  • 書名: なぜITは社会を変えないのか
  • 副題:
  • 著者: ジョン・シーリー・ブラウン and ポーツ・ドゥグッド
  • 出版: 2002-03-25
  • 読了: 2020-05-11 Mon
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/05/14/

評価

GUIやマウスなど現在のデジタル機器に欠かせない技術を発明したことで有名なゼロックスのパロアルト研究所 (PARC) の研究者2名によるデジタル情報と個人との本質的な関係について論じた本となっている。

総務省の官僚によるセミナーで本書について言及されており,興味を持って読んだ。

著者の2名が最近の12年間以上に渡って,公の場や私的な場で長時間に渡る対話を整理したものとなっている。

学者同士の対話をまとめただけあって,参考文献はきっちり掲載されている。しかし,本文がいちいち小難しくて,何がいいたいのかかなりわかりにくかった。訳者のあとがきでも翻訳が困難だったとあり,本書の難解さがうかがいしれる。

加えて,日常生活で何か取り入れられそうなものもなく,正直なところ読んでも読まなくても何ら影響がなく,時間の無駄に感じた。

読みはじめてかなり読みにくいなと思ったので,軽く読み流して終わった。

結論

総務省の官僚が引用していたこともあり,期待していたのだが,内容が学術的で難解だったため,一般の人が読むのはしんどいと思った。

情報分野に関する研究者やコンサルタントなど,一部の知識層だけが読めばよく,普通の人は読まなくてもいいと思った。

書評☆2: MASHUP++ | キワモノマッシュアップはIoTの夢を見るか?

概要

  • 書名: MASHUP++
  • 副題:
  • 著者: さうなまん and 鹿倉, 公維 and 三宅< 涼 and 澤久, 裕昭 and セトウ, ナオ and 原, 央樹 and タナカ, ミノル and 宮下, 剛輔
  • 出版: 2007-04-03
  • 読了: 2020-04-14 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/04/28/

評価

Web APIについて調査中に読んだ1冊だ。

8人の著者による8のマッシュアップを紹介している。8のマッシュアップの紹介後,巻末にGainerという今でいうIoTのためのライブラリーやPlaggerというPerlのモジュール,最後にWeb APIのリファレンスが掲載されている。

マッシュアップの解説本は既に何冊か読んでいる。本書は少々キワモノ揃いだった。

何がキワモノかというと,Flashを使ったものがそれなりにあり,Gainerによる実デバイスとの連携,Movable Typeのアフィリエイトサイト,ゲームなどがあったところだ。

そして,これは少々残念なのだが,Amazon APIもそれなりに使っているのが残念だた。Amazon PA-APIは利用条件が少々難しいAPIからだ。

カラーで見やすく,やや奇想天外のマッシュアップはそんなに悪くはなかったのだが,利便性や実用性が低く,しかもサンプルの配布元が閉鎖しており,肝心要の具体的なソースコードにアクセスできなくなっている。

Gainerを使った今でいうIoTの作品などもあり,先進的な部分もあっただけに,いろいろ惜しかった。

引用

p. 24: Bloggle

ここではさまざまなブログ検索のRSSを一括で表示するBloogleというサービスのマッシュアップを紹介していた。

  • Sample URL //vgzh.dtdns.net/bloogle/
  • Download URL //vgzh.dtdns.net/bloogle/bloogle.zip

URLは残念ながらリンク切れとなっている。

アイデアが面白いと思った。今回はRSSの一括検索だったが,たとえば特定の商品についての複数サイトの一括検索などは便利なサービスになりえるだろう。APIを用意していない普通のECサイトに対してこれができると,難易度は高いかもしれないが,利便性も高いかもしれない。

結論

Web APIを使ったマッシュアップの中で,特にキワモノと思うような作品が紹介されていた。

マッシュアップについて調べていると,書名にマッシュアップとあり,目を引くようなシンプルなデザインの表紙で気になっていた。

中身もデザインに少々凝ったものになっていて,肝心のマッシュアップもキワモノ揃いだった。

サンプルコードをダウンロードできず,難易度の高いもの,利用しにくいAPIのAmazon PA-APIを多用していたり,実用性がイマイチなものもあり全体としてはいまいちだった。

デザインや説明など書籍としては悪くないのだが,中身がいまいちで,マッシュアップの勉強としては,あまり参考にならないので,他をあたったほうが良いと思った。

書評☆2: しょぼい起業で生きていく | ※ただし人気者に限る起業方法

概要

  • 書名: しょぼい起業で生きていく
  • 副題:
  • 著者: えらいてんちょう (矢内 東紀)
  • 出版: 2018-12-25
  • 読了: 2020-04-17 Fri
  • 評価: ☆2
  • URL: book.senooken.jp/post/2020/04/23/

評価

先日読んだ「凡人起業」のAmazonのカスタマーレビュー (えらてんさんの「しょぼい起業」の後に読みました)で言及されており,興味を持って読んだ。

起業方法の解説本になる。特徴としては,書名通り「しょぼい起業」だ。

リサイクルショップや喫茶店のような周りの人間を巻き込むような形で,自分の生活をお店に融合させることで,事業コストを徹底的に抑え,口コミや人づてで人を巻き込むようなスタイルだった。

お金もかからずやっている内容も比較的簡単そうで,そこが「しょぼい起業」のゆえんだろう。ただし,見逃していけないのはこの方法は他人とのコミュニケーションが前提にあるところだ。

実際,本書内でも元々著者はTwitterで1000人以上のフォロワーのいるちょっとした有名人であり,Twitterで知った人が客層の大半だ。著者自体慶應義塾大学の経済学部出身ということで,文系で既にある程度の人脈を持っているところからスタートしている。

方法論としては簡単だが,肝心の人脈を作るところやコミュニケーション能力を発揮して人を巻き込むというのは人を選ぶ。少なくとも自分には無理だと感じた。

しょぼい起業を実践する上では,SNS上である程度人気者になる必要がある。しょぼい起業の実践の前に,そこから始める必要があると感じた。

また本書の中では,お店を継続的に開くことを強調していた。お店さえ開いておけば,勝手に人がやってきて,コミュニケーションが取れていれば,お店の品を買ったり,物品を提供してくれたりするとのことだったが,ここはイメージできなかった。はたして本当にそんなことがありえるのだろうかと。

結論

しょぼい起業という題名やAmazonカスタマーレビューでの評判を読んで期待していた。読み物としてまあまあ面白かったのだが,内容が人を選ぶものだった。

一見すると簡単そうに見えるが,人を巻き込む力という人によっては難しい能力を前提としている。文系で人との共感で生きていける人,一言でいうと人気者であればうってつけかもしれない。しかし,自分にはこの方法は無理だなと読んで感じた。

書評☆2: 大人の週末起業 | これで起業できれば誰も苦労しない

概要

  • 書名: 大人の週末起業
  • 副題:
  • 著者: 藤井 孝一
  • 出版: 2019-06-01
  • 読了: 2020-03-14 Sat
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/04/02/

評価

起業のコツなどをお金を稼ぐコツについて興味があって読んだ。

過去に元となった「週末起業」を読んでおり,何か発展的な内容があるかと期待したのだが,期待はずれだった。

この本から本書は約20年後となり,対象読者が40-50歳くらいの定年が近づいてきている世代となっている。

結局は自分の専門性を武器に規模が必要とならない起業を促すような内容だった。肝心のネタの部分は結局自分で見つける必要があり,そういう意味で前著と大差なかった。

結論

誰でも起業できれば苦労しない。それが難しいから皆会社員になっている。

誰でも可能な起業するための具体的で実践的な内容がほしかった。この本の内容で起業できるならば誰も苦労しない。

書評☆2: ずばりわかる! Webプログラミング2.0 | PerlがメインのWeb APIの解説は中途半端

概要

  • 書名: ずばりわかる! Webプログラミング2.0
  • 副題:
  • 著者: 日経ソフトウエア
  • 出版: 2007-05-20
  • 読了: 2020-03-10 Tue
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/24/

評価

Web APIの学習中に読んだ1冊だ。

日経ソフトウェア2006年7月号から2007年4月号に連載された記事を抜粋して編集されている。

Web APIを活用したマッシュアップサイトの開発について説明されている。PerlやRuby on Railsを使ったサンプルの解説となっている。

ただし,内容がけっこう凝っており,初心者が読むにはハードルが少々高い。かといって,Perlによるサンプルがけっこうな量を占めており,今からPerlかと少々モチベーションがさがった。

MVCについても言及されているが,具体的なところの説明がなく,これだけでは何の理解にもならない。

全体的に中途半端だった。

結論

Web APIの学習教材としてあたったのだが,内容が凝っている割に,サンプルがPerlだったり説明が足りなかったりして,少々いまいちだった

雑誌の連載をまとめた本はいまいちなことが多いので,気をつけたいと思った。

書評☆2: 新着雑誌記事速報から始めてみよう | Google AJAX Feed APIを使ったRSS APIを活用した図書館サービスの紹介

概要

  • 書名: 新着雑誌記事速報から始めてみよう
  • 副題: RSS・APIを活用した図書館サービス
  • 著者: 牧野 雄二 and 川嶋 斉
  • 出版日: 2012-12-10
  • 読了日: 2020-01-19 Sun
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/20/

評価

Web APIの使い方を学ぶための調査中に読んだ1冊だ。

図書館職員である著者が作成したRSS APIを活用した図書館サービスを紹介している。

Google AJAX Feed APIをJavaScriptを使って単一HTMLで完結するRSSサービスのサンプルを元に,中身を書き換えて使ってみようという内容だった。

こちらの目的と内容が少々あっていなかった。こちらはGETとかPOSTとかを使って,APIにアクセスしていろいろそのデータを組み立ててサービスをつくるような内容を期待していた。

しかし,こちらはJavaScriptのライブラリーを使ってちょこちょこっとサンプルを修正する感じであった。

その内容も技術的なところは簡単に解説していてやや物足りなかった。

またGoogle AJAX Feed APIは終了しており,そのままでは動作しない。

結論

Web APIの学習資料を探していて少し期待していた。

しかし,こちらが期待しているような内容ではなく,想定読者も図書館職員のような感じだったので,少々的はずれだった。

書評☆2: 多動力 | ホリエモンの原液を薄めて作られた本

概要

  • 書名: 多動力
  • 副題:
  • 著者: 堀江 貴文
  • 出版日: 2019-04-10
  • 読了日: 2019-01-15 Wed
  • 評価: ☆2
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/15/

評価

2017-05に出版された同書の文庫本版となっている。巻末に編集者の箕輪厚介による解説がある以外はおそらく同じものだろう。

比較的最近に読んだ「バカとつき合うな」などでこの本がすごいヒットしたと言及されていて興味を持って読んだ。

この本の経緯は,解説にある通り,高城剛が「イーロン・マスクは次から次へと意識がちってしまい,ボタンもとめられない。しかし,そういう次から次に新しいことをやってしまう多動力がこれからの自体は求められる」というツイートが発端となっている。

この多動力を編集者の箕輪厚介の身近の実践者として堀江貴文 (ホリエモン) が抜擢されて本になった。

肝心の内容はホリエモンが普段考えていることや実践していることが書かれているだけだった。他のホリエモンの本や「ゼロ」読めば分かるようなホリエモンらしいことが書いてあるだけだった。

一言でいえば,「身の回りの自分がワクワクするようなことに全力で取り組め」ということだ。特に目新しいことはなかった。

語り口調で200ページ程度で書かれており,内容も小難しいことはなかったのですらすら読み終わってしまった。

結論

いわゆるホリエモンの本だった。ここ何年かで一番のヒット作でマンガやら映画にまで展開されていて少々期待していたのだが,期待はずれだった。

ホリエモンの普段の行動や他の本に書かれている内容のエッセンスを表現を変えて書かれているだけで,特に目新しいことはなかった。

本書の第5章に書かれている通り,ホリエモンの本は原液を薄めて,展開しているだけなんだと感じた。

これ以上ホリエモンのビジネスやモチベーションに関する本を読んでも特に得られるものはなさそうに感じたので,よりピンポイントな内容の本以外は読むのを控えようと感じた。