書評☆3: Web API実践リファレンスブック | 46のWeb APIを紹介しているだけの本

概要

  • 書名: Web API実践リファレンスブック
  • 副題:
  • 著者: 加藤 貴之 and 佐久間 勇樹 and 関戸 亮介 and いわさき ゆうだい
  • 出版: 2007-05-31
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/29/

評価

Web APIの勉強中に読んだ1冊だ。

46ものWeb APIを検索系,変換系,認証系,表現系の4の分類に分けて,それぞれのWeb APIの使い方を解説している。

これらの46のWeb APIについて,著者独自の5段階評価を付けており,有用なWeb APIの検討に役に立つ。

ただ,書籍の内容がひたすらWeb APIの解説をしているだけで,既存のマッシュアップ事例を紹介する程度で,発展的な内容はなかった。

Web APIをどう使えば面白いことができるかという点が一番重要なだけに,ある程度自分でアイデアを出せる人,既にマッシュアップを作ったことがあり,新しいAPIを探している人向けの本に感じた。

結論

46もの多数のWeb APIについて,基本的なことだけを解説している本だった。

もう少し発展的な内容があればよかったのだが,正直Web APIを解説しているだけだと物足りなかった。

マッシュアップのアイデアも含めた内容になると,やはり本書でも引用されていた「PHP×Webサービス APIコネクションズ」がよさそうだ。

書評☆3: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド | Web 2.0を説明した読み物

概要

  • 書名: Web2.0プログラマーズ API & マッシュアップメソッド
  • 副題:
  • 著者: SE編集部
  • 出版: 2007-06-19
  • 読了: 2020-03-11 Wed
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/26/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

「Web 2.0」のフレーズに焦点をあてて,Web 2.0とは何か,Web 2.0的なものは何か,Web 2.0によるプログラミングはどんな感じかなどを解説していた。

Web APIを使った例やWeb APIをどう使えば面白いことができるかなどのアイデアを探っていたのだが,あまりそういう要素はなく,あくまでWeb 2.0を解説した読み物という感じだった。

内容は悪くなかったが,こちらが期待していたものと異なり,少々表面的な読み物のように感じた。

例えば,Chapter 10のWeb 2.0 Businessなんかもどうやって収益を上げるのかという興味の高い話だったが,内容が薄くてあまり参考にならなかった。

結論

Web 2.0のキーワードに焦点をあてた読み物という感じだった。

内容がもう少し深ければ,いい本になっていただけに,やや表面的な読み物で終わって残念だった。

全体を軽く知るのには悪くはなかった。

書評☆3: Webサービス開発徹底攻略 | 有名Webサービス会社黎明期の技術的な苦労話

概要

  • 書名: Webサービス開発徹底攻略
  • 副題:
  • 著者: 勝間 亮 and 石田 忠司 and 杉谷 保幸 and 江口 滋 and 上谷 隆宏 and 青木 俊介 and 久保 達彦 and 池邉 智洋 and 谷口 公一 and 田淵 純一 and 伊野 友紀 and 西岡 拓人 and 吉田 俊明 and 古旗 雅史 and 木野瀬 友人 and かなだ まさかつ and 牧本 慎平 and 成田 一生 and 舘野 祐一 and 濱崎 健吾 and 鈴木 慎之介 and 齊藤 宏多
  • 出版: 2013-03-01
  • 読了: 2020-03-10 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/22/

評価

Web APIについて調べていたら検索でヒットしたため読んだ本だ。

内容は以下の有名Webサービス会社のサービス開始時の黎明期での技術的な苦労話という感じだった。

  • クックパッド
  • ニコニコ動画
  • pixiv
  • ライブドア
  • Yahoo!メール

出版日が2013年とけっこう古く,ライブドアに関してはPerlがメインの開発だった。正直なところ今とは勝手が違うとところが多そうだった。

実際にWebサービスを始める際の環境の話とか,データベースのスケールとか,パフォーマンスだとかサーバー構成だとか,そんな話がけっこうあった。

実際にWebサービスを始めようという人には参考になるのかもしれないが,自分には内容があまり理解できず,まだ早かったと思った。

結論

有名Webサービス会社の黎明期の技術的な苦労話などが掲載されていた。

これらの会社での苦労話が知りたい人,実際にWebサービス会社を起業するような人には参考になるのかもしれない。

自分にはあまり興味が持てず,参考にならなかった。肝心のWeb APIに関しても記載がなかったので,期待はずれだった。


書評☆3: 公開API活用ガイド | 多数のWeb APIを手短に解説

概要

  • 書名: 公開API活用ガイド
  • 副題:
  • 著者: ZAPA
  • 出版日: 2010-08-05
  • 読了日: 2020-02-28 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/12/

評価

Web APIの調査中に読んだ1冊だ。

書名通り,公開されているWeb APIの活用方法 (マッシュアップ) が書かれている。

具体的に取り扱っているのは以下のWeb APIだ。

  • Google AJAX Feed
  • HeartRails Capture
  • Simple API (ウェブサイトサムネイル作成API, 最寄駅Webサービス,Wikipedia API)
  • Flickr
  • 楽天
  • Amazon PA-API
  • Yahoo! デベロッパーネットワーク (テキスト解析ルビ振りAPI, かな漢字変換API, コンテンツマッチアイテムWeb API)
  • Yahoo! Open Local Platform (スタティックマップAPI, ジオコーダーAPI, JavaScriptマップAPI)
  • Google Maps API (Version 3)
  • Twitter API
  • 日テレアプリのWeb API
  • JSChart WebサービスAPI
  • 間違い.net API
  • livedoorグルメAPI

基本的にPHPで一部JavaScriptでサンプルコードが掲載されている。APIの解説とサンプルコードの説明がひたすらAPIごとに掲載されている。

著者のサイトで公開API提供サイトのリンク集が公開されているので,こちらも参考になる。

以前書評を付けた「書評☆4: PHP×WebサービスAPIコネクションズ | 26もの大量のWeb APIの紹介と考察はアイデアとして今でも有効
」と比べると,扱っているAPIに違いはあれど,量と応用部分の有無から,基本的に下位互換のように感じてしまった。

こちらのほうがシンプルという利点はあるのだが。

結論

公開APIの活用方法を解説していた。いろんなWeb APIをまとめており,参考になった。

ただし,「PHP×WebサービスAPIコネクションズ」のほうが情報が詳しい。

著者のサイトを眺めて,興味を持てば本書も読む感じで良いと思った。

書評☆3: Webアプリケーション構築入門(第2版) | 青山学院大学の教科書をもとにしたWebアプリケーションの基礎本

概要

  • 書名: Webアプリケーション構築入門(第2版)
  • 副題: 実践! Webページ制作からマッシュアップまで
  • 著者: 矢吹 太朗
  • 出版日: 2011-04-20
  • 読了日: 2020-03-03 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/03/10/

評価

Web APIについて勉強しているときに読んだ本の1冊だ。

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科3年次演習科目「情報テクノロジー実験Ⅰ」の教科書を元に作られたWebアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成を目標とされている。

内容は,HTML, JavaScript, MySQL, Java, PHPを使ったWebアプリケーション開発となっている。

Twitter APIやGoogle Maps APIなどを使った例もあり,200ページの薄い内容に詰め込まれている。ところどころ発展的な内容はその分説明が省略されている。

中途半端にJavaを使わずにPHPで通せばよかったのではないかと思った。2011年出版で使われているソフトのバージョンは古くなってしまったが,内容自体は今でも有効に感じた。

Webアプリケーション開発の最初の1冊として使うのにはありに感じた。

結論

Webアプリケーションの基礎と実践的なシステム構築スキルの養成が目標なだけあり,Webアプリケーション開発に必要な全体的な内容が書かれている。

200ページの厚さによくこれだけコンパクトに詰め込んだなとやや感心した。同じ内容でバージョンを新しくしたものがあれば,今でもWebアプリケーション開発の入門としていい本になるだろうと思った。

Web APIについて調べていて読んだが,Web APIの解説はそこまで無いため,あくまでWebアプリケーション開発の入門書として参考にするのがいい。

書評☆3: ソーシャルアプリ入門 | ソシャゲー開発の概要

概要

  • 書名: ソーシャルアプリ入門
  • 副題: SNSプラットフォームビジネスの企画・開発・運営ガイド
  • 著者: 株式会社クスール and 株式会社dango and 株式会社クレイ and 株式会社マイクロアド and 富川 真也 and 新井 隆祥
  • 出版日: 2010-05-28
  • 読了日: 2020-02-18 Tue
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://book.senooken.jp/post/2020/02/27/

評価

メロメロパークというソーシャルゲームのFacebookアプリ版の開発チームに書かれたソーシャルアプリの概要を説明したものとなっている。

メロメロパーク自体は2005年5月23日に始まり,2012年9月末でサービスが終了した。

企画,制作,運営というフェーズごとに独立した視点で書かれている。

内容としては,制作部分の比重がやや多くなっている。スケールする構成や多言語対応,SNSプラットフォームごとの開発者登録などが書かれていた。

技術的なところはやや量が多かったものの,書名の入門通り,全体としては広く浅くソーシャルアプリ開発の概要を説明したものだった。

引用

p. 46: アプリなのかゲームなのか?

しかし今はトップ10の中の半数以上がゲームアプリという事態になっています。

ツール系アプリケーションは目的が明確なため、最初に多くのユーザーを獲得したアプリにユーザーが集まりやすく、定着したユーザーは他のツールに移らなくなる傾向があります。


その点ゲームはゲーム自体が必要な「要件 (クリアや攻略に必要な要件)」をのものを好きなように作り変えることができるため、他のゲームと同じかそれ以上のクオリティを出さなくても、それまでと全く別の「要件」を設定することで新しいアプリとしてユーザーが導入することが可能になります。

ソシャゲーが流行った理由がわかった。たしかにツール系アプリは目的もはっきりしており,ユーザーの移動がなくなる。

p. 47: ソーシャル性

SNSの仕組みには「ソーシャルグラフ」と呼ばれる自分を中心とした人間関係のデータベースが存在しています。


ソーシャルグラフでは1st=自分のフレンド、2nd=自分のフレンドのフレンド、3rd=他人とランク付けし1st〜3rdまでのユーザーが何をすべきなのか、という点が企画の重要な要素になります。

例えば、他人とゲームを遊ぶより自分のフレンドと一緒に遊んだほうが楽しいこともありますし、意図的に2ndのユーザーだけを掲示してフレンドへの導線を作って上げるアプリ、または限定的な趣味のユーザーのみを集めるアプリであれば3rdだけでも構いません。

ソーシャルゲーム,ソーシャルアプリの肝となる部分が解説されていた。

結論

ソーシャルアプリ入門として,企画,制作,運営の3フェイズが浅く広く説明されていた。

個人的には,企画の部分が一番重要だと思っており,そこを期待したのだが,そこまで深堀はされておらず,少々残念だった。

入門として外観を把握に役立った。

書評☆3: OpenSocial入門 | SNSブーム直前に出版された歴史資料

概要

  • 書名: OpenSocial入門
  • 副題: ソーシャルアプリケーションの実践開発
  • 著者: 田中 洋一郎
  • 出版日: 2009-01-25
  • 読了日: 2020-02-07 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/02/09/

評価

Web APIの勉強資料を探していて読んだ1冊だ。

2007年11月にソーシャルアプリケーションプラットフォームの標準仕様として,Googleにより策定されたOpenSocialの入門書となっている。

OpenSocialとはから,開発例まで解説されており,入門として悪くない本だった。

2008年頃は日本でSNSブームの直前あたりで,当時は疎かったため,このような標準仕様の存在を知らず,GNU socialやMastodonなどの後の分散SNSの源流に関わるようなテーマで興味深かった。

ただ,第3章で「OpenSocialアプリケーションの開発には,OpenSocialに対応したSNSが必要になります。」との記載を見かけた時点で読む気が失せてしまった。せっかく自分で作ったり運営するのに,誰かに依存するというのが残念だった。

その他にも,だいたい2009年ごろで情報が途切れており,その後あまり普及しなかったことがいまいちだ。

結論

分散SNSの源流にも関わるようなSNSブーム直前に策定されたOpenSocialの入門書だった。

残念ながら,OpenSocial自体がその後普及しなかったため,書籍の内容自体は悪くないものの,相対的に本書の価値も下がってしまった。

SNSの隆盛の文献として参照することになるだろう。

書評☆3: Software Design 2018年3月号 | Web APIの利用と開発の特集は取っ掛かりに悪くない

概要

  • 書名: Software Design 2018年3月号
  • 副題:
  • 著者: 技術評論社
  • 出版日: 2018-03-18
  • 読了日: 2020-01-19 Sun
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/21/

評価

Web APIについて勉強しており,今号はWeb APIの特集があったため興味を持って読んだ。他にはKubernetesやGPUサーバーでのディープラーニング,ARKitとUnityで作るiPhone ARアプリ集中特講などが掲載されていた。

肝心のWeb APIの特集はp. 18-62の約40ページに渡り掲載されている。以下の4章構成になっていた。

  1. GitHub APIの使用
  2. 暗号通貨APIの開発
  3. TwilioのAPIの使用
  4. エンタープライズでのAPI利用例

肝心の内容だが,1のGitHub APIを活用したもののみ自分の知識で理解できた。残りは少々レベルが高くてあまり理解できなかった。

残念だったのは3のTwilioを使った記事だ。そもそもTwilioが有料のAPIであり,トライアル期間があったとしても使うハードルが少々高い。著者の宣伝を兼ねていると思うが,こうした読者に不利な例を出さないでほしいと感じた。

1のGitHub APIの記事はWebブラウザーで選択文字列をGistに保存するブックマークレットの開発を通してAPIになれるという内容だった。JavaScriptを使ったもので,ブックマークレットにするとブラウザーの拡張機能の用に使えるのでいいなと思った。

APIを使う上で調査が必要な内容,利用の手順などが書いてあり勉強になった。

引用

1のGitHub APIを使ったサンプルコードがJSFiddleで公開されている。この他,最後のブックマークレットに変換するサービスとして「WDF – Software: ブックマークレット作成スクリプト」が紹介されていた。

結論

Web API特集を目当てに読んだ号だった。

肝心の特集は少々自分には難易度が高い内容が多く,最初の章だけ参考になりそうだった。しかし,この部分だけでもAPI利用時の流れや実際の使用例が解説されており,勉強になった。

Web APIの利用を学ぶ本はなかなかないので,少しずつ学んでいきたい。

書評☆3: ロウソクの科学 | ノーベル賞受賞者が子供時代に愛読したロウソクから始まる中学〜高校レベルの化学講義は化学への興味をくすぐる多数の実験録

概要

  • 書名: ロウソクの科学
  • 副題:
  • 著者: ファラデー
  • 出版日: 2012-06-25
  • 読了日: 2020-01-17 Fri
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2020/01/17/

評価

2019年のノーベル賞を受賞した吉野 彰氏が,インタビューで子供時代に愛読した本として回答して話題になり興味を持って読んだ。

本書は1861年末のクリスマス休暇に,ロンドンの王立研究所で催された連続6回の講演の記録となっている。身の回りで身近なロウソクが燃えるところから,化学を解説している。

ロウソクの原料から,燃焼,水,水素・酸素,空気,二酸化炭素,窒素,呼吸といったテーマを扱っている。中学から高校で学ぶような内容が数多くの実験と共に紹介されていた。

ファラデーは科学の分野で数多くの法則を見つけて科学史に名を残す偉大な科学者だ。解説を読んでこの講義の流れに納得した。ファラデーはもともと貧しい出身で,学ぶ機会に恵まれずめぐり合わせで科学者となった。そのため,知識よりも観察が先行し,目の前の現象から考えを張り巡らせるしかなかった。だから実験がメインとなっている。

昔の外国人の話を翻訳したものであるため,少々読むのがしんどかった。所々に実験器具の挿絵があるものの,そこまで量はなく,基本的に文章を読んで自分で想像が必要な部分が多く,読者への負担の大きい本だった。

今から読むのであれば,挫折しないように特に学生には本書を図解で解説した他の本 (例: 「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」など) を強く推奨したい。

結論

ロウソクという身近な化学物質の現象からこの世界で普遍的な科学を学ぶ本だった。ノーベル賞受賞者が子供時代に愛読したとあるだけに,中身は化学的興味をくすぐるような実験や話が多かった。

ただし,もともとの本は今読むのは少々しんどいので,図解されている他書や口語訳に翻訳された本をあたることを強く推奨したい。

書評☆3: ゼロ | ホリエモンの半生が綴られた貴重なエッセイを読んで感じたのは,やはり「人生は環境ゲー」

概要

  • 書名: ゼロ
  • 副題: なにもない自分に小さなイチを足していく
  • 著者: 堀江 貴文
  • 出版日: 2013-10-31
  • 読了日: 2019-12-24 Tue
  • 評価: ☆3
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/12/28/

評価

電車内広告で目についたことから読んだ「バカと付き合うな」で堀江 貴文 (ホリエモン) に興味を持った。その中で,本書はホリエモン自身の半生について書かれている貴重な本だ。彼の考え方の根本的なところを知るのに参考になるだろうと思い読んだ。

本書の前半が生い立ちから起業するところまで,後半が働くことに対する考えが書かれていた。起業後の話は書かれていないことに注意する。起業後の話は別のたくさんの本で書いているらしい。

内容は期待した通り,ホリエモンの生い立ちから後にいろんな本でちらついてみえる合理主義的な考え方,氏への恐怖,自信家なところのルーツが書かれており,なるほどと思った。

ただ,読んで思ったところは,やはり人生は環境ゲーだということだ。つまり,周りの環境,周りの人間の影響を大きく受けるということだ。本書を読んで,ホリエモンはいわゆる毒親を持っており,あまり恵まれない家庭環境だと知った。

昔の情報不足の時代で数少ない情報源だった図鑑を読んだり生まれ持った才能により小学校の成績がよく,そのことについて小学校3年生の担任に入塾・私立中学の進学を薦められて人生が大きく変わったようにみえた。後は周りの人間やそこで出会ったアルバイトやパソコンとの出会いを通じて今に至った。

自分で身の回りの環境をできるだけコントロールして,うまく自分の目標に進めるようにコントロールする必要があると感じた。

その他,いつもは強気なホリエモンだが,本書内では過去にモテなかったり,女性との会話に自身がなかった話など,自身のコンプレックスやあまり触れたくないだろう弱みの部分,努力の話などが書いてあった。他の本では書かないだろうという内容で,珍しかった。

引用

p. 28: いまこそ「働くこと」を考えたい

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。

つまり、「掛け算の答え」を求めているあなたはいま、「ゼロ」なのである。

そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。

本書の副題にもなっている「小さなイチを足していく」の由来となっている文言が冒頭に書かれていた。本文内にも2-3回このことについて書かれている。たしかにそうだと思った。

p. 122: お金なら自由になる働き方

お金を「もらう」だけの仕事を、お金を「稼ぐ」仕事に買えていこう。

儲けるために働くのではなく、お金から自由になるために働こう。

なぜ働くのかという問へのホリエモンの答えがこれだと感じた。たしかに受け身で与えられるものとして考えているよりも,自分から積極的に考えていかないとダメだろう。

p. 152: 積み重ねた「イチ」の先に見えてくるもの

仕事や人生においてラクをすること。それは、掛け算を使うということだ。

5+5で10の成果を出すのではなく、5×5で25の成果を出す。

同じ時間、同じ労力を使いながら、より大きな結果を残していく。僕がメディアに登場するようになって以来、繰り返し訴えてきた「掛け算によるショートカット」だ。

しかし、これまでの僕はショートカットの有効性を強調するあまり、その前提にあるはずの「足し算」の部分について、ほとんど語ってこなかった。

人は誰しもゼロの状態からスタートする。

そしてゼロの自分にいくら掛け算をしても、出てくる答えはゼロのままだ。

副題の「小さなイチを足していく」の説明が個々にもあった。この後,モテないオタク男子を例に「掛け算によるショートカット」 (恋愛テクニック) を身に着けてもモテないことを引き合いに出して参考になった。

p. 199: 働くことは自由へのパスポート

責任が発生しないうちは、ほんとうの意味での自由も得られないのだ。無邪気に見える子どもたちは、圧倒的に不自由なのだ。


僕の結論はこうだ。

自由と責任は、必ずセットになっている。

責任を自分で背負うからこそ、自由でいられるのだ。


そして僕にとっての自由を手に入れる手段とは、とにかく働くことだった。

働くことで経済的に自立し、精神的にも自立し、ちゃんと自分で責任をとれる土台をつくる。そうすれば、すべてを選ぶのは自分になるのだ。

p. 206: 消えることのなかった死への恐怖

もしあなたがポジティブになりたいというのなら、やるべきことはシンプルである。うじうじ悩んでいないで、働けばいい。


あらゆる時間を思考と行動で埋め尽くしていけば、ネガティブな思いが入り込む余地はなくなるのである。

バカと付き合うな」など他の本でも言及されている死への恐怖について書かれていた。

その後半の死への恐怖への対処方法が参考になった。

結論

何かと世間で目立つ存在だったホリエモンの半生や,考え方のルーツが書かれており,参考になった。とはいうものの,やはりホリエモンはホリエモンで自分は自分だ。ホリエモンのやり方や考え方がそのまま自分にもあっているとも限らない。

ただし,やはり人生は身の回りの環境に強く影響を受けるという印象を持った。自分で身の回りの人間や環境をコントロールしていきたいと強く感じた。