書評☆4 魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術 | 「超整理法」の押し出し式ファイリングを改良したWI式ファイリングシステムは書類整理に効果あり!

概要

  • 書名: 魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
  • 副題:
  • 著者: 刑部 恒男
  • 出版日: 2005-08-27
  • 読了日: 2019-10-11 Fri
  • 評価: ☆4
  • URL: https://book.senooken.jp/post/2019/11/29/

評価

ファイル・書類の整理術を解説している。この本の特徴としては,既存のファイリング術を試して試行錯誤の上に考案したWI式ファイリングシステムを解説しているところだ。

ファイリング術としては,野口による「「超」整理法 – 情報検索と発想の新システム (中公新書)」で提案されている押し出し式ファイリングが有名だった。

ただし,該当書籍内でも説明がある通り,この方法は数が増えると検索に時間がかかる。そのため,量が増えたらうまく分類して保管場所に格納する必要があった。

そこで,著者が考案したWI式ファイリングシステムでは,封筒にWI (ダブル・インデックス) を記入し,グループ名と中身をそれぞれ記入する。これにより,グループで管理することが可能になる。

WI式ファイリングシステムの実践方法を図解を用いてわかりやすく解説されていた。過去に参考にした他の文献も随所に引用されており,さすが医学博士だと思える素晴らしい書籍に仕上がっていた。

日々の生活な中に取り入れてみたいと感じた。

引用

引用箇所が多いので,ページ数と概要を記載しておく。

  • p. 4-7 まえがき: 野口式+山根式の既存の整理法の概要と欠点を手短に言及されていた。
  • p. 27 理想的な仕事環境のための4つの条件: ファイリングシステムに必要な要件を定義していた。
  • p. 48-51 「魔法の袋」で夢のシステム化: WI式ファイリングシステムの全体フローがまとめられていた。
  • p. 60 2 「山根式袋ファイル」の50音順検索のメリット・デメリットは?: 既存のファイリング術として1986年出版の山根による「スーパー書斎の仕事術」の方法を紹介していた。この方法は「超整理法」以前の方法で知らなかった。
  • p. 108 5 ネーミングのポイントは、最初に思いついた名前: WI式の課題としてインデックスへ記入する名前を感じていた。ここでは最初に思いついた名前がいいと解説していた。
  • p. 124 9 保管スペースをどうするか?: 保管スペースの確保方法を解説しており,その中で垣添が「知の便利フォーム術」で提案している内容も引用していた。
  • p. 140-143 「スタンプ法」にすれば簡単で美しい!: WI式のインデックス部分の枠の用意方法を説明していた。専用のスタンプを作る際の寸法が書かれていた。
  • p. 146-149 4 ファイルの中は、クリアーホルダーで細分化すればいい: 袋ファイルの中にそのまま詰め込むとぐちゃぐちゃになるので,クリアファイルで細分化することを提案していた。
  • p. 152-155 5 封筒が「情報カード」になる: 封筒表面の活用方法を解説していた。その中で中身の移動履歴を記入することを薦めていた。
  • p. 156-159 6 大量に使う人は「印刷法」: 大量に使う人向けに封筒へのラベル類の印刷の寸法が書かれていた。
  • p. 170-173 3 さまざまな情報や資料をファイリングする: ファイルをどういう単位で格納するか解説していた。保存するか迷ったらペンディングファイルを使うというのがポイントだった。
  • p. 200-203 1 「I Canカード」で夢を実現する!: WI式の番外編としてシステム手帳活用術を解説していた。その中で,著者が印象に残った梅棹忠夫の「知的生産の技術」を紹介していた。

結論

医学博士により書かれたファイリング術に関する本だった。医学博士だけあって,既存の文献を引用しており,論理的に文章が組み立ててられてとても良かった。

また,過去の文献の引用からわかる通り,実際にいろんなファイリング術を試した試行錯誤の過程も記されており,今回提案されたWI式ファイリングシステムの経緯なども参考になった。

2017年に「片づく! 見つかる! スピーディー! [完全版]超ファイルの技術」という新著でている。本書の出版時は,WI式の専用封筒開発の文具企業への企画は失敗したようだが,コクヨから打診が出てWI式に最適な商品「グルーピングフォルダー」が販売されたようだ。これにあわせて内容を見直したもののようだ。章構成はほぼ同じなので,本書でも十分通用するだろう。

詳細はWI式の公式サイト[魔法の整理術! WI式ファイル法・公式サイト」を見ると良い。

この本の内容がよかったので,著者の別の本も読みたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です